赤ちゃんにテレビを見せても大丈夫?いつから見せられる?メリットとデメリットは?

9

テレビ

 

日本の家庭にテレビが普及しだしたのは昭和30年代。今ではほとんどの家庭にテレビがあるといっても過言ではありません。なにかの番組を見るというわけでもなく、テレビがついていないと落ち着かないという方もいるのでは!?いろいろな番組があり、多くの情報が得られるテレビですが、赤ちゃんにとってはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?ここでは、テレビのメリットとデメリット、赤ちゃんがテレビを見るときの注意点などについてご紹介します。

 

 

赤ちゃんにテレビを見せても良いか

大人にとってはあまり気にならないテレビの音や色、光などは赤ちゃんにどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

大きな音を聞き続けると、大人でも聴覚器官がダメージを受けることがあります。赤ちゃんにも同様のことがいえるでしょう。赤ちゃんの聴覚に問題が生じていることに気づかず、放置しておくと、言葉を正確に聞き取れず発音が悪くなるなど、言葉の発達の遅れにつながることもあるといわれてます。

 

また、生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど何も見えていませんが、成長とともに視力が上がり、1~3歳ころには1.0までになるといわれています。今のところ、テレビを見ることが赤ちゃんの視力低下に影響を及ぼすというような医学的根拠はないようです。しかし、近視は近くのものを見ることによって進行するといわれているため、視力の低い赤ちゃんがテレビに近づいて映像を見ることが視力に影響を及ぼす可能性もゼロとはいいきれません。

 

そしてテレビの音、光、色の変化、情報の多さは、赤ちゃんにとって刺激が強いものといえます。これらの刺激を多く受けることによって、赤ちゃんの寝つきが悪くなったり夜泣きの原因にもなるともいわれています。

 

 

赤ちゃんにテレビはよくないのか

日本小児科学会は、2004年に「乳幼児のテレビ・ビデオ視聴に関する提言」をおこなっています。

 

●「乳幼児のテレビ・ビデオ視聴に関する提言」
1.2歳以下の子どもには、テレビ・ビデオを長時間見せないようにしましょう。内容や見方によらず、長時間視聴児は言語発達が遅れる危険性が高まります。
2.テレビはつけっぱなしにせず、見たら消しましょう。
3.乳幼児にテレビ・ビデオを一人で見せないようにしましょう。見せるときは親も一緒に歌ったり、子どもの問いかけに応えることが大切です。
4.授乳中や食事中はテレビをつけないようにしましょう。
5.乳幼児にもテレビの適切な使い方を身につけさせましょう。見おわったら消すこと。ビデオは続けて反復視聴しないこと。
6.子ども部屋にはテレビ・ビデオを置かないようにしましょう。

 

引用:日本小児科学会 こどもの生活環境改善委員会


「乳幼児のテレビ・ビデオ視聴に関する提言」では、テレビの長時間視聴による子どもの言語発達への影響とともに、テレビを見せるときの注意が書かれています。つまり、赤ちゃんにとってテレビを見せることがよくないのではなく、テレビの見せ方・見方が大切だといえるのではないでしょうか。

 

 

赤ちゃんにテレビを見せるときの注意点

●テレビの視聴時間
「乳幼児のテレビ・ビデオ視聴に関する提言」では、テレビの長時間視聴はよくないといっています。多くの小児科医の見解は2時間以内を目安としているので、その範囲で注意しながら見させるようにしましょう。

 

●テレビを見るときのルールをつくる
テレビの視聴時間だけでなく、「乳幼児のテレビ・ビデオ視聴に関する提言」にもあるように、テレビはつけっぱなしにせず、見たら消す。授乳中や食事中はテレビをつけない。ビデオは続けて反復視聴しないなど、ルールを守ってテレビを見るようにしましょう。

 

●コミュニケーションも忘れずに
子どもの言語の発達は、誰かとのやり取りによって発達していきます。テレビからの情報は一方的で赤ちゃんが話しかけても反応がありません。テレビを見ながら、親が一緒に歌ったりお話ししたりして、赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら見るようにしましょう。

 

 

まとめ

赤ちゃんがテレビを見ることに対してデメリットの方が目につきがちですが、番組やDVDなどの選び方や見せ方によっては、プラスに働くこともあるように思います。赤ちゃんと2人きりで過ごすことの多いママにとっては、助けになることもあるでしょう。テレビをうまく活用して、ママの負担を減らしながら、赤ちゃんと楽しく過ごせるとよいですね。

 

 

 

 

◆テレビに関連するQ&A

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。


2018/03/13


この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。