しつけに「怖いたとえ」は禁物?

1歳9ヶ月の娘は、寝かしつけの時間に「おなかをしまわないと、雷様におへそ取られちゃうんだよー」と言われたのが、とても恐かったらしいのです。そのせいか、以前は寝るまでに1時間以上かかっていたのに、「雷様くるよ」の一言ですぐに目をつむって固まり、そのまま寝てしまうようになりました。「雷様」と言うだけで10分ほどで寝てしまうので、すごく楽ですし、泣き喚くこともなくすんなり寝てしまうので、本人も楽だと思います。
しかし、しつけに際して、あまり恐がらせるようなことは言わないほうがいいのでしょうか? 最近、家にいてもなかなか離れず、抱っこをせがむことが多くなっている気がしますが、もしかしたら「雷様」のせいかな、と思っています。先生のご意見をお聞かせください。
 

1歳9ヶ月ごろになると、言葉の意味も少しずつ理解するようになっていきます。したがって、「怖いたとえ」は恐怖につながることがあります。おへそは体の一部で、どこにあるかも分かっているようですね。「取る」「取られる」という意味も分かっているのでしょう。
「雷様」は、雷雨のときにお母さんが教えたのでしょうか。自分のおへそが、あの音と雨と光を伴った得体の知れないものに取られてしまうのは、恐ろしいことだと感じたのでしょう。それ以来、「雷は怖いもの」という思いにとらわれ、目をつむらなければどんなことになるかと恐れているのだと思います。そして、日中も雷様への漠然とした不安を感じているので、頼りになるお母さんから離れられなくなっているのでしょう。
これからは、もう会話の中に雷様を登場させないほうがよいでしょう。そうすることで、不安は少しずつ軽減していくと思います。
今まで、寝る前にぐずぐずしていたのは、眠くなかったからではないでしょうか。起床、就寝の生活リズムがきちんとできて、遊び、外遊びが自分のペースでできていれば、夜は9時頃には自然に眠くなるはずです。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

現在ログインしていません。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)