ママのことをばかにします

2
育児のQ&A

ママのことをばかにします

4歳の息子は、よくママをばかにします。「ママなんか、あっち行け!」「ママは2番、僕は1番」というような言い方をよくします。
それだけならいいのですが、息子のためにやったことでも、ちょっとでも嫌なことがあると根に持って謝るまでネチネチ文句を言います。たとえば、この季節は全身にクリームを塗ってあげるのですが、動き回るのでつい力を入れてしまうと、「痛い! 男の子にいじわるしちゃいけないんだよ!」と言って、睨みつけます。「痛かったの? ごめんね。だって早く塗らないと、裸のままで風邪ひいちゃうでしょ」とやさしく言っても許してくれず、「ママがやったんだ」「ママは、いつもいじわるする。パパに言っちゃうよ」「ごめんねして!」とぶつぶつ言い、私が何度も謝るのを要求します。
そんなときは「私は息子の召使いじゃない!」とイライラしてしまい、「あんたのためにやってるんでしょ! もうママは知らない! 今日は1人で寝てね!」などと、私も癇癪を起してしまいます。すると「ダメ! 一緒に寝たいの~」と言って、甘えてきます。
毎日こんなことの繰り返しで、疲れてしまいます。いつも不在がちなパパには、このような態度をとりません。
私にだけこうした態度をとるのは、甘えでしょうか? それとも、甘く見られているのでしょうか? どのように接すれば、よいのでしょうか?

 

息子さんは、お母さんをばかにしているわけではないと思います。でも、「お母さんは、僕のことを本気で注意できない人」と思っているかもしれません。息子さんは、1人っ子でしょうか?
「薬を塗るときには、ふざけない」ということを、強い口調ではっきりと伝えてください。「痛かった」「僕をいじめた」などと言ったときには、謝らないことです。息子さんの方が、いけないのですから。また「1人で寝なさい」と言ったなら、1人で寝かせてください。甘えてこようと、それに応じないことです。泣いても泣き終わるまで、知らん顔をすることです。
親が「こうする」と口に出していったことは、実行すべきでしょう。それが「しつけ」です。「かわいそう」などと思わないことです。親が「してはいけない」「もし約束を破ったら、こうなります」と話し、理解できて約束したら、親はそれを守ることです。覚悟を決めて、やってみてくださいね。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。