熱性けいれんは今後の発達に影響するの?

7ヶ月半の女の子です。先日、突然無呼吸でチアノーゼになり、私がパニックになってつい声かけをしたり、ゆすったり、人工呼吸をしたりして、刺激を与えてしまいました。1~2分程度で意識は戻りました。その間、硬直し少しけいれんしたようです。
病院に行ったら、「熱性けいれん」と診断されました。熱性けいれんの既往がある場合、今後の成長発達、就学してからの学習能力などが心配で涙が止まりません。
 

初めて、わが子が目の前でけいれんするのを見ると、多くのお母さんはパニックになってしまいます。きっと、あなたもびっくりしたことでしょうね。けいれんが治まるまでの数秒間を、とても長く感じられたのではないかと思います。
熱性けいれんを起こすお子さんは意外と多く、約一割近くいます。特に、両親や身近な親戚のなかに、幼い頃に熱性けいれんを経験した人がいると、同じように熱性けいれんを起こす可能性が高くなります。
ただし、幼い頃に熱性けいれんを起こしても、知的な発達の障害を心配する必要はありません。6歳以上で起こした、熱がないけいれんだった、10分以上続いた、身体の左右非対称なけいれんだった、治まった後に意識がなかった、ということに当てはまると、てんかんなどの病気の可能性もあります。心当たりがあれば、医師に相談し、必要な検査を受けるようにしてください。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

現在ログインしていません。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)