遠慮のない義姉が毎週家に訪れます

14
妊娠・出産のQ&A

遠慮のない義姉が毎週家に訪れます

結婚1年目の私(22歳)は、夫(35歳)、娘(6ヶ月)、義母(61歳)と暮らしています。近所に、義姉の家族(37歳)が住んでいます。義姉は、元夫との子(3歳男児)、近々入籍予定の現夫との子(3ヶ月女児)の2人を育てていて、毎週末になると実家である我が家にやってきます。
私は初めての子育てで余裕がなく、精神的にも疲れている時期です。義姉家族が来ると騒がしくなるため、娘は昼寝できず、機嫌が悪くなったり泣き止まなくなったりします。姉の夫がいるときに隣室で授乳しようとすると、「台所の隅でやりな。おっぱいあげる姿なんて見たくもないわ」と言われ、「台所の隅じゃ、気が散って飲まないので……」と言っても、聞く耳を持ってくれません。
夫に話すと、義姉をかばって「口が悪いからな。でも、お前も気にし過ぎや。姉とお前の性格の違いや」と言われてしまいました。週末が来ると苦痛でたまりません。
姉家族が来るときには部屋にこもりたいのですが、「感じが悪い」と言われそうでなかなかできません。こんなとき、私はどうしたらいいのでしょうか?

 

あなたの実家は、遠方ですか? 近所なら義姉に会わないよう、週末にあなたも実家へ行くという方法が考えられますね。
あなたが何を言われても気にしないなら、義姉の態度にも耐えられるでしょう。そうでないと、週末は苦痛でしょうね。まずは、義姉の2人の子も、自分の子のようなものだと思って、接してみてはどうでしょう。すると、あなたも気持ちが堂々としてきますし、義姉の態度も柔らかくなるかもしれません。
義姉の訪問中でも2階で授乳をし、昼寝などを理由に、母子で2階に行ってもいいのではないですか? 「感じが悪い」と思われても、気にしないこと。いくら休日でも、一番大事なのは母子が安心して過ごし、生活することなのですから。あなたが堂々としていれば、義姉もあれこれ言わなくなるでしょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
14

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。