1日中の抱っこで身体が凝り、痛み止めが欠かせません

0
妊娠・出産のQ&A

1日中の抱っこで身体が凝り、痛み止めが欠かせません

現在、産後20日です。抱っこしないと子どもが眠ってくれないので、1日中抱っこをしています。そのせいか、首から背中までガチガチに凝っており、歯や頭まで痛み、痛み止めが手放せません。

整体などを利用しなくても、家でできる身体のこりや痛みをケアする方法はありますか? また、整体などに行ってもよい時期は、いつごろからになるでしょうか?

 

産後の疲れが残るなかでご質問のような状態が続いていると、睡眠不足やストレス、疲労が重なり、悪循環になってしまいます。この時期の赤ちゃんは、通常は3~4時間に1回母乳かミルクを飲んで眠る、というサイクルを繰り返します。まず、なぜ赤ちゃんが抱っこされないと眠れないのか、その原因を考えてみましょう。

母乳のみだと飲む量が飲み足りていない可能性も考えられますが、ミルクを足していますか? 部屋の中は、過ごしやすい温度・湿度になっていますか? 眠りやすい静かな部屋で過ごせていますか? 赤ちゃんに微熱はありませんか? 厚着で汗をかいていたりしませんか? よく分からない場合、保健師に相談されるとよいと思います。

また、お母さんの身体が冷えると血液循環が悪くなり、筋肉が硬くなって痛みが生じやすくなります。首や肩の辺りにカイロを貼ったり、蒸しタオルで温めたり、身体に負担のない程度で首や肩、腕を回す運動をされるとよいかと思います。体調がよければ、整体を利用されてもかまわないでしょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。