2017年 今年生まれた赤ちゃんの名づけエピソードら行(男の子)

0
來輝 來輝(らいき)くん
三文字目の平仮名は『き』をつけようと考えていました。将来どの職場についてもキラキラ輝くような人生を送ってほしいと思い來輝という漢字にしました。来輝にしようかと思ったのですが、名字との画数の数にもこだわり來輝にしました。少し珍しい名前に決めました。(らいママさん)
徠騎 徠騎(らいき)くん
子どもが生まれる前に男の子はパパが考え、女の子だったら私が考え、そこから2人で決めることに。今回三度目の出産でしたが、まさかの3人とも男。旦那からたぶん最後の名づけになるだろうから、3人目はママがつけてあげて!と言われました。長男 龍騎、次男 蒼騎と騎はそろえていたので、◯騎にしよう!とは思っていました。パパ龍一と長男のイニシャルはR、私と次男はS。よし!次はRになるようにと決め、ラ行で考えることに。すぐにらいきと思い浮かび、旦那に伝えると即OK。騎士のように強くカッコよく、人、仕事が来る、寄ってくる。兄弟繫がっている、家族がいつまでも繫がっているという願いを込めて徠騎と名づけました。(りそらmamaさん)
蘭緒 蘭緒(らお)くん
上品に優雅にたくましく健康に育つように(ひなさん)
虎皇斗 虎皇斗(らおと)くん
虎のようにカッコよく、天皇のようにすばらしく、北斗のようにカッコよく。(マーの子さん)
楽煌 楽煌(らきや)くん
何ごとも楽しくキラキラと煌めいた人生を送ってほしいという想いを込めて。ラッキー!って感じで、いいことありそう!(れんたんさん)
藍 藍(らん)くん
4人兄弟の末っ子三男なので、藍の意味にある落ち着きのある子になるように、親を超える子になるようにと願いを込めて。(4児ママさん)
蘭麻 蘭麻(らんま)くん
旦那と2人でいろんな名前の候補をだしあっていいなと思う名前の画数を調べるとどれもいまいち・・・上の子の名前に色が入ってるので色に関する名前を考えてみるもそれもいまいち・・・名前がなかなか決まらない中性別がほぼほぼ男の子に確定!上の子が男の子だったので2人目は女の子がいいなって思っていた私に旦那が「らんま2分の1というマンガの主人公は男なんだけど水に濡れると女になるんだよー!本当にそうだったら面白いのにね!」と言ってくれその流れで『らんま』いいじゃん!となり、その日かららんまー!とおなかに話しかけ続け、生まれて実際赤ちゃんの顔をみてから幸せに生きてほしい『蘭』とたくましく生きてほしい『麻』と願いを込めて漢字を決めました。(あぶさん)
璃愛斗 璃愛斗(りあと)くん
璃という字が青い宝石と知って、るり色の神秘の輝きを持つ美しい人になってほしいとの思い出この字を使いました。璃愛斗は美しく人を愛し愛される優しい男の子になってほしいと思いパパと2人で考えてつけました!(ふぅりあままさん)
琳央 琳央(りお)くん
4歳の女の子(るい・ヴィトン)がいるので、「第2子も女の子がいい、名前はここ(・シャネル)ちゃん」と名前まで決めていました。長女もおなかに向かって「ここちゃ〜ん」と呼びかけてくれたり、おなかをなでなでしてくれていました。が、健診の結果「男の子」と判明。「ここちゃんだと女の子だね。こっくんだね」と長女が呼び方を変更。そこから「こ」から始まる男の子の名前を考えました。平仮名でも漢字でも2文字。王へんの漢字を使いたい。2つの条件を満たす「こ」から始まる名前を名づけ本やネットなどで探しました。が、なかなか見つかりません。「こう」が候補にあがりましたが、友人の名前のため却下。そうこうしているうちに、出産間近……。「こ」から始まる名前でなくてもいいね。イニシャルで「R」っていいね。と、王へんや2文字のこだわりは残しつつ路線を変更し、画数も少しだけ気をつけた結果、「琳央」に決まりました。長女・琉衣(Rui)、長男・琳央(Rio)。姉弟での並びもきれいで、とても気に入っています。ただ。娘は「るいくん」、息子は「りおちゃん」と男女逆で呼ばれることも多く、名前を逆につければよかったかなぁ、と思うときもあります。(ゆかさん)
璃叶 璃叶(りおと)くん
パワーストーンが昔から好きな旦那。9月生まれと決まったときから、誕生石を調べていました。璃叶の漢字の"璃"は誕生石のラピスラズリの和名"瑠璃"からとったもので、璃叶の夢が叶うようにと"璃叶"と名づけました。(ラピスラズリさん)
碧空 碧空(りく)くん
あおい澄んだ空がきれいで好きだし雲ひとつない心のきれいな子になってほしいから(りくmamaさん)
陸 陸(りく)くん
陸は3人目の子どもです。上2人は芹(せり)と岳(がく)。我が家の命名のルールは漢字一文字で読み仮名は二文字。芹と岳は漢字にすると芹は斤で終わって、岳は斤で始まるのです。なので3人目も繫がるように山から始まる漢字を名前で探しましたがなかなかいい漢字がありませんでした。なので、せりとがくからりとくを抜き取り陸にすることにしました♡子どもたちの名前はみんな繫がってるのです。(まほうつかいさん)
陸 陸(りく)くん
夫婦ともに学生時代からディズニーが大好き。子どもができたらディズニーに関連すると面白いなって話していました。ミッキーにちなんでミキオやミキなど考えていたところ……双子の男の子の妊娠がわかりました。大きく育ってほしいという願いと、ディズニーに家族4人で仲良く行く夢を描いて、陸(ランド)と海(シー)に決めました。まだまだ先ですが、早く大きくなって遊びに行きたいです。(双子ママさん)
凜玖 凜玖(りく)くん
子どもができたら凜の字を使いたい!「凜」の響きと天から授かった宝物という意味から「凜」ひいおじいちゃんの名前から「久」をもらい今時の漢字にしたいなぁと王編をつけて「玖」おばあちゃんからは陸海空で〜と次は海ちゃんかなぁと言われてもいますが、それはなぁ……苦笑(りくままさん)
李都 李都(りつ)くん
妊娠中に「そら」か「りつ」が候補にあがり、生まれてから顔を見て決めることにしました。生まれた日、とっても雨が降っていて空が曇っていたので「そら」ではなく「りつ」にしようと旦那に言われ、次に漢字を決めました。李都という漢字が気に入ったのですが字画診断はよくなく、どうしようか迷いました。「字画にこだわらなくていい、何ごとにも惑わされない子に育ってほしい」という旦那の意見に納得し、李都に決まりました。今では顔もしっかりしてきてやさしそうな彼にはぴったりな名前です。(まゆぽさん)
律希 律希(りつき)くん
私がずっとピアノを習っていたこともあり、旋律の「律」という漢字を入れたくて。旦那の名前の読みから一文字もらって、「律希」としました。という表向きの由来もありますが、私としての本心は……妻の私からみると、私の旦那は、楽しそう!と思ったこと、自分のしたいことを我慢できない、ちょっとヤンチャな性格……。まあそこがいいところでもありますが……息子には、自分を律することのできる人になってほしいという希望を込めています(笑)(リトルさん)
俐月 俐月(りつき)くん
俐には賢いという意味があり、学問もそうですが、人間的に魅力のある子になってほしいと名づけました。思いやりがあり人との関わりがスムーズにいきますように、と。(ミユキングさん)
律葵 律葵(りつき)くん
漢字の持つ意味を重視して名づけました。律は人としての道を外れないように。旋律を奏でるように穏やかな人に。葵は、徳川家、葵の紋章からとりました。武将のように男らしく、繁栄するように。また、上の子に長女がおりまして長女の止め字が「南」と繫がりを持たせました。葵の花は南を向いて咲くそうです。姉弟で、仲良く協力して大きな花を咲かせてほしいという願いを込めて名づけました。(律葵ママさん)
里杜 里杜(りと)くん
上の子と合わせて「り」から始まる名前をつけようと旦那と相談。考え抜いて、響きがいいと言うことで「里杜(りと)」にほぼ決定していました。あとは、生まれてきて最終的に決めようと……。早めに出てくるでしょうと言われた待ちに待った出産日はなんと元旦でした。年末31日に「まさかの元旦生まれだったりして(笑)」という笑い話が現実に!!!そして良くみたら「りと」を反対にすると「と」2017年は酉年。運命的な名前となりました。(ばむさん)
璃灯 璃灯(りひと)くん
2017年7月5日(水)午前4時29分に日の出とともに元気な男の子を授かりました。あとで、パパに「日の出の時刻ぴったりだったよ」と言われたときには本当に驚きました。ドイツ語で輝く光を意味するlichtから、璃灯(りひと)と名づけました。瑠璃色の夏海のように広い心を持ち、人の灯となるような人を導ける子になってほしい、また、光り輝く人生を歩んでほしいとの願いを込めて、璃灯(りひと)と名づけました。この名前はパパと一緒に悩んで、2人とも心から納得できた最初のプレゼントになりました。今、産まれてから50日経ちますが、私たちにとって名前のように光り輝く存在となっています。この子が私たちを選んでくれたことが有り難く、毎日感謝の気持ちに包まれています。(璃灯パパさん)
琉 琉(りゅう)くん
漢字一文字で表せるもので響きと呼びやすさから。漢字は玉、宝の意味を持つ『琉』に。また、ラピスラズリ(琉璃)の意味も持つため魔除け等の意味も込めて。(公さん)
颯 颯(りゅう)くん
立つ風のごとく、自然が好きな子にすくすくと育っていってほしい。父親の名前が愛(いとし)と漢字一文字だったので、漢字一文字。母親の名前は紗耶香で、姉は女の子で、莉望香(りのか)で三文字で名づけました。姉と同じ“り”から始まる名前にもこだわり颯(りゅう)と読む漢字に決めました。家族でバランスも考えました。(ぺろさやさん)
龍青 龍青(りゅうせい)くん
男の子なので、たくましく元気に育ってほしくてこの名前をつけました。子どもたち3人、〇神になるように!(らふりさん)
隆之助 隆之助(りゅうのすけ)くん
主人の家では、代々名前を一文字使い男の子の名前をつけてきたそうです。我が子も主人の名前から一文字、私の尊敬する祖父から一文字と家族みんなの愛を受け継いだ名前になりました。名前にぴったりな元気な男の子に育ってね。(ぽんたママさん)
琉真 琉真(りゅうま)くん
ママとパパで宮古島旅行の前日に検査薬して陽性!まさかと思いながらも翌日宮古島の病院へ行き妊娠が発覚!沖縄はママとパパが大好きで毎年行ってる場所。そんな場所でおなかにいることがわかったので『琉』、ママが大変な思いで産んだことを忘れないで!とパパがママから一文字とろう!と『真』で、琉真と名づけました☆ちなみに海に潜るのとお酒が大好きなママとパパですが、この子のために海にも入らずお酒も一滴も呑まず、予約したものも全てキャンセル。今となっては素敵な思い出です。(Rmamaさん)
陵 陵(りょう)くん
夫が漢字一文字にこだわり、夫婦で名前を検索していたら、【りょう】って名前、いいねとなりました。漢字は、夫が【陵】、私が【凌】と意見が分かれてしまい、上の子が【陸】なので、似た漢字は紛らわしい!と周囲も私も猛反対したのですが、旦那は意見を曲げず……結果【陵】となりました。出生届を出してこの子が生まれて入院中のメールのやりとりでは、夫が上の子とこの子の名前を読み間違えることが多々あり。言わんこっちゃない、ということが(笑)。徐々に慣れていってくださいね、パパ!(まいまいさん)
諒 諒(りょう)くん
5歳離れた上の娘が名づけました。上の子の名前は、「りこ」同じく「り」がつけいてるのがよかったし、パッと思い浮かんだそう。パパの候補も聞く耳持たず、絶対りょうくんがいい!!と譲りませんでした!(りこりょママさん)
怜大 怜大(りょうた)くん
主人は器のデカイ人間になってもらいたいという意味で“大”の字を、私は優しくて賢い子になってほしいという意味を込めて“怜”の字を使い、怜大と名づけました。(怜大ママさん)
凌太朗 凌太朗(りょうたろう)くん
名前は初めての贈り物なので旦那と2人でたくさんの名づけ本を見ながら悩み、選びました。凌太朗は旦那がビビビッときた名前です。字画はまさかのオール大吉でした。古風で男の子らしい名前にしたかったので理想にぴったりの名前でした。力強くたくましく、周りをあったかくしてくれるような性格のほがらかな子に育ってほしいと思い名づけました。(ちびだんごさん)
涼平 涼平(りょうへい)くん
あなたが過ごしていく人生を涼しげに、平らに過ごしていく技量を持ますようにと願いを込めて、主人が名づけました5ヶ月過ぎた頃から熱心に姓名判断のサイトや買ってきた名づけ本を読み良いと思った漢字の候補から夏生まれらしい涼の字を選びました(みことれやさん)
遼真 遼真(りょうま)くん
名前は読み方は私が決めて、漢字は旦那さんが決めました。候補をずっと5つくらいあがていて、産まれて顔見て決めよう……となりましたが顔見て「これだ!」とはならなかったので話し合って決めました(笑)りょうまとゆう名前はたくさん呼び方があって(りょうま君、りょうちゃん、りょうくんなど)たくさんの人に出会って愛され名前を呼んでもらえるように【りょうま】にしました。さらにスケールの大きい、真っ直ぐな人に出会ってほしいことから遼真とゆう感じにしました。(えつつさん)
亮和 亮和(りょうわ)くん
亮は明るいって意味で、それだけだと名字との画数が合わなかったので、和をつけて周りを明るく和ませることのできる子になってほしくてつけました。(りょうちゃんママさん)
凛 凛(りん)くん
妊娠時に分娩室で産む夢を見てそのときに私がりんと叫んでいたため(ぴのさん)
凜 凜(りん)くん
先生からエコーで「こんなにお股開いて何もないから女の子ですね」と言われ健診の度に確認してくれて、服もピンクでそろえてたのに生まれたら男の子!女の子の名前しか考えておらず、分娩室で急遽考え直し女の子につけるはずだった一文字を使い「凜」に。よくよく意味を見たら「天からの授かりもの」と。(凜ママさん)
厘太朗 厘太朗(りんたろう)くん
名字が漢字一字、かな二文字なので、短い名前は考えていませんでした。ふと、りんたろうという名前が頭に浮かび、名字とのバランスを考えた結果よかったため、りんたろうに即決。次は漢字です。ギリギリまで迷いました。まず、りんという字。周りの人は「凛」で考えていたみたいですが、私の頭の中にはずっと「厘」がありました。厘は「少ない」という意味があることから、周りの人はあまり賛成しません。ですが、調べに調べた結果、「しあわせ」という意味があることがわかります。私は絶対にこの字にしたいという思いが強くなりました。旦那や親戚を説得し、厘になりました。たろうのたは太。ろうは朗。元気でほがらかに、幸せな男の子になりますように。という想いを込めて厘太朗にしました。(りんままさん)
凜太朗 凜太朗(りんたろう)くん
急に旦那が思いついたのがきっかけでした。凛太郎ってどう?最初はこの漢字で相談され、可愛いけどどうかな。と思い名前の漢字など調べてみると、凛ではなく凜と書く漢字にはノ木が使われており、授かったという意味があること。太朗の朗にはほがらかと言う意味があることを知り、生まれてからも決めるまでずっと悩みましたが、旦那と私の周りにもいない、あまりありきたりじゃない名前ということもあり、名前の響きも可愛らしい凜太朗という名前に決めました。(りなるんさん)
琉稀 琉稀(るき)くん
琉球のようにキラキラと輝くように稀なる才能を発揮できる子になってほしくてつけました(みーさん)
嶺 嶺(れい)くん
山の頂と意味があるように、何ごとも上を目指して頑張れる子になるようにと思いを込めてつけました。(まなみさん)
怜央 怜央(れお)くん
お兄ちゃんがウルトラマン好きで、ウルトラマンレオのレオは?と言われ画数を調べるととてもよかったのです。お兄ちゃんの名前がタイガと言い、虎なので、レオでライオン、虎とライオンで強そうな名前でいいかなーと思いました。そして、8月生まれで獅子座もレオというみたいで、もうレオしかないなーと思い名づけました。(ハムママさん)
蓮生 蓮生(れお)くん
泥の上でもきれいな花を咲かせる蓮のように夢を持って自分らしく花を咲かせられますように。また蓮の花の下にできる蓮根の連なる姿から人との繫がりを大切に、そして力強く生きられますようにとの願いを込めました。(かなぺーさん)
蓮 蓮(れん)くん
性別がわかる前から男女両方の100個以上の名前を考えたけど、姓名判断をするとどれも字画がよくないものばかり。命名は親からの最初の贈り物だし、一生使うので字画のいい名を選んであげたかった。そこで姓と字画の相性がいい名前の中から漢字の読み方・書き方が分かりやすい字で選んだ。不妊治療に耐えてやっと授かった子で、切迫早産も乗り越えて大きく育って元気に生まれてくれたので、泥にまみれながらきれいな花を咲かせる蓮にあやかり、困難に打ち勝つ子になるようにと思いを込めて命名した。(れんははさん)
蓮 蓮(れん)くん
蓮の花のように苦しみや悲しみ、困難を乗り越えられる子に。人生に大きな花を咲かせてほしい。(蓮ママさん)
怜 怜(れん)くん
パパが自分につけてもらいたかった名前を息子につけました。漢字は、名字に合う漢字がなかなか見つからす、苦労しました。れんと読む漢字一覧の中からいい画数のものを2つ見つけ出し、その2つからお姉ちゃんが『怜』がいいと選びました。名前はパパ、漢字はお姉ちゃんがつけました。(メリイエさん)
蓮 蓮(れん)くん
蓮のように泥の中からでも力強く生きてほしいと言う意味を込めて名前をつけました!……、ていうのが一般的ですが、違います!!子どもの性別もわからないとき、かなとして「レモン」と呼んでおり、後々男の子だとわかって流石に男の子にレモンはないかと考えてました。そこで音の響きがいい「れもん」から「も」を抜いた「れん」にすることにしました。また一文字の名前がよかったので「蓮」にしました。(たけおさん)
蓮隼 蓮隼(れんと)くん
2人目の男の子でなかなか名前が決まらず、悩む日々を過ごしていました。顔を見たら思い浮かぶなどと聞いたことがあったのであまり焦ってもいなかったのですが産まれてきた赤ちゃんは1人目の子そっくり!!思い浮かぶどころか余計悩むことに……最初は響きで考えていたのですが、字画などで却下することばかり最終的に一文字つけたい漢字を決めることにして「隼」を選びました!上の子となんとなく字並びを合わせて「○隼」にすることに決めやっとの思いで出生届の提出日前日に名前が決まりました!(あすりんさん)

赤ちゃんの名づけエピソード大賞はこちら  

赤ちゃんの名前ランキングはこちら

おすすめサービスはこちら

2017/12/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。