2018年 今年生まれた赤ちゃんの名づけエピソードた行(女の子)

2
多佳子 多佳子(たかこ)ちゃん
そろそろ決めないとなーと言ってはいたものの、なかなか案が思い浮かばず悩んでいたある日、ビビっとひらめきました。しかも、夫婦二人同時に。違う場所で違うことをしていたのに、同じ日に同じタイミングでひらめくなんて、これは天のお告げに違いない!と夫婦で即決しました。その後、漢字について話し合い、聡明で幸せいっぱいの人生になるよう決めました。(トムコリンズさん)
環 環(たまき)ちゃん
人の『環(わ)』に恵まれますようにという想いと、人と人を繋ぐ『環(わ)』のような人に育ってほしいという想いを込めて名づけました。現代っぽい名前ではなくちょっぴり古風なところもまた可愛くて良いなと思いました。(はるたまママさん)
余川 環(たまき)ちゃん
第三子。子ども2人は一字名なので、第三子も漢字一字でと夫婦で決めました。ある日、夫婦で環は?と意見が一致!人の環(わ)に恵まれますように。家族の環(わ)になりますように。と願いを込めて名づけました。今ではしっかりと家族の環を繋いでくれています。(余川晶子さん)
智絵 智絵(ちえ)ちゃん
第一子が最高の名前をつけたと思っていて、同じ性別なので思い付かず、義母にもし女の子が生まれていたらどんな名前にしたんですかと聞いた所、智美だというので、その一字を取り、第一子の名前、結貴ゆうきと関連付け、糸へんの漢字で合わせて、ゆうきとちえにしました。(あおさん)
椿禾 椿禾(ちか)ちゃん
おなかの中にいるとわかってまだ性別がわからなかったころ、「ちびちゃん」と呼びかけていました。その後性別が女の子とわかってからは「ちーちゃん」と呼ぶように。慣れ親しんだ愛称をそのまま使いたかったので、ちーちゃんと呼べる名前をたくさん考えました。子どもが生まれる冬の花である「椿」に、忍耐強く控えめながら心の強さと凛とした美しさを備えた人にという思いを込めて名前に使いたかったので、名前辞典で「ち」の読みがあると見たときに頭から離れなくなってしまいました。字画に拘る夫とかなり揉めましたが(笑)。最終的には私の考えに夫が同意してくれました。これから益々世界に飛び出して行かなくてはいけない子どもたちの世代。海外の人にも呼んでもらいやすい名前だけど、名前には日本らしさが詰まっているところが気に入っています。(ちーすけママさん)
茅咲 茅咲(ちさ)ちゃん
私には帰らぬ人となった大切な人が2人います。1人はいつも一緒に居た大親友。1人は母のおなかの中から一緒に年を重ねた双子の姉です。妊娠が発覚したのは親友が突然の事故で亡くなってすぐのことで、まだ毎日泣いてる時でした。親友が来てくれたんだと、生きろと言っているんだと思えて親友の名前から漢字を貰おうと決めました。妊娠が発覚して1番に姉に相談しました。名づけの相談もしたら私より真剣に考えてくれて、親友から「咲」を貰って「茅咲」だと画数もいいよ!と。まだ性別もわからないし候補にしとくね〜と言っていたら姉が亡くなりました。前日も会っていたのに本当に急なことでした。葬儀の手続きなどが進み、姉がお寺さんにつけて貰った戒名には「咲」の字が入っていて、まだ性別もわからなかったけどこの名前しかない。絶対に優しい女の子が生まれてくると思って決めました。その時にこの子をしっかり育て上げて胸を張って2人のところに行けるようにしよう。しっかり生きていこうと決意しました。私を支えてくれて、娘への初めてのプレゼントになった大切な名前です。(茅咲ママさん)
千紗 千紗(ちさ)ちゃん
両親とも名前の漢字に「糸」の字が入っていた為、長女には「結」という字を使った名前を付けました。今年生まれた次女の名前にも「糸」の字が入っている漢字を使いたいと考え、夏生まれなので薄絹の意味である「紗」を使いました。そして、千(たくさん)の人を優しく包み込むような人になってほしいという意味を込め「千紗」と名づけました。(ちさママさん)
千咲葵 千咲葵(ちさき)ちゃん
アオイ科の花は太陽に向いて咲くと聞きました。また、ハイビスカスの様に色鮮やかな花も多くあります。そんな花々の様に明るく素直な子になってもらいたい、笑顔の咲き誇る彩り豊かな人生を歩んでもらいたい、という願いを込めて千咲葵と名づけました。(まっくさん)
千鶴 千鶴(ちづる)ちゃん
 生まれる前は、薫(かおる)奈乃葉(なのは)琥珀(こはく)等々いっぱい名前の候補が有りました。顔を見たらすぐ決まるはず!と思っていましたが、生まれてからも全く決まらず… 生まれて次に日の夕方、呼吸が止まりNICUに入ることとなりました。2週間入院しました。そんなことあり、健康で元気に長生きして欲しいという願いを込めて千鶴という名前にすることになりました。いろいろ反対も有りましたが、願いの理由を聞いて承諾して頂きました。(ちづるママさん)
知奈 知奈(ちな)ちゃん
パパが、ママの名前から漢字を取りたいということで、「知」を使う名前で考えてました。名字が難しい漢字なので、簡単な漢字で2文字にしたかったので2種類に絞り、生まれた時の顔つきやイメージで「奈」を選びました。(知奈ママさん)
千夏 千夏(ちなつ)ちゃん
ちいちゃんと呼びたくて、「ち」から始まる名前をたくさん考えて候補に上がったのがちなつ。いそうであまりいない名前だねと旦那さんとも意見があい決定。漢字は名づけの意味を調べて、沢山の人との出会い、沢山の経験を大切に、明るく元気に育ってほしいと願いを込めて、千の夏と書いて「千夏」に。もう1つ「彩華」も候補にあったけど、顔を見て千夏っぽいと彩華はなしになった。夫婦ともに子どもに関わる職業で色んな名前を知っていて、あまり被りたくないと悩みながら考えました。(ちぃちゃんままさん)
千夏 千夏(ちなつ)ちゃん
我が子は逆子だったのもあって性別が生まれてくるまでお楽しみでした。両方の名前を考えて生まれてくる時を待ちあびていました。主人が名前に私の名前を何かいれたいとの事だったので千恵の千をとり夏に生まれるので千夏と名づけました。夏の夜空にうかぶたくさんの星のような輝く子になってほしいと願いつけました。生まれてきた時キラキラしてたのでぴったりだと思いました。千夏のキラキラした成長が楽しみです。(ありちんさん)
千波 千波(ちなみ)ちゃん
千波は字のとおり、千の波(色んな試練)がきても乗り越えれますように、と名づけました。予定日よりも2カ月以上早く生まれました。破水して5日間はおなかの中で頑張って、陣痛がきて、無事に生まれた時は嬉しかったです。性別がやっと確定したかな、と思っていたときの出産で名前もあまり考えきれていませんでした。顔を見てから決めようかと話してたけど、生まれてからは呼吸器や黄疸があり、ほとんどお顔が見れない状況でした。生まれてからも色んなことを少しずつ乗り越えて今は保育器からもうすぐ出れそうです!頑張れ千波!(けいこっこさん)
千陽 千陽(ちはる)ちゃん
千陽ちゃん、あなたのお名前にはお母さんは2つの意味を込めました。ひとつは、周りの人に恵まれますように。あなたを妊娠している時、たくさんの人に助けられました。じいじ、ばあば、お母さんの職場の同僚、友達。あなたにも暖かい陽だまりのような、素敵な人間関係の中で育ってほしいです。ふたつめは、ここぞというときに頑張れる、エネルギーを持った女性になるように。あなたが生まれる前、お母さんは人生が上手くいかない時がありました。その時旅したインドの、ガンジス川で朝日を見たとき、遠くから昇ってくる太陽の暖かさ、力強さに驚き、勇気をもらいました。これからの人生、つらいことがあっても必ず朝は来ます。自分の中に核を持ち、太陽のように力強く頑張ってください。あなたの幸せを願って名づけました。千陽ちゃんがこの名前を気に入ってくれたら嬉しいです。(よよさん)
千尋 千尋(ちひろ)ちゃん
自分を含め、5人も産んでくれた頼れるお袋の名前から一文字「千」という字を、また、山のように常に高い向上心と、海のように深い発想力を持った子になって欲しい、よく考え、上を目指す子になって欲しいという期待から「尋」という字を選びました。古風な感じの名前にしたかったということもあり夫婦一致でこの名前にした次第です。(ぬぬちんさん)
智弓 智弓(ちゆみ)ちゃん
画数的に12画と3画の2文字で検討同月に亡くなった祖母の葬儀の際、お経の中にあった「智」に惹かれ、「智恵」の意味を調べると、正しく物事を認識し判断する能力という意味があって決定。体も考え方も、何事もしなやかであってほしいとの思いで「しなやか」の漢字を調べると「弓」という漢字で3画で決定。(リングさん)
月陽 月陽(つきひ)ちゃん
アニメのキャラクターが元でこの響きがピンときて候補にあがりました。当日まで他にも6つ候補がありましまが、破水をし向かう車で見た月が満月で、お姉ちゃんより生まれた子どもがまん丸の顔をしていたので、迷うことなくこの名前に決定しました!(とやーさん)
つぐみ つぐみ(つぐみ)ちゃん
BGMで流していた大好きなアーティストの歌が、急に耳に入ってきて、この曲のタイトルなんだっけ?と気になりだして調べたら「つぐみ」というタイトルでした。可愛い名前と思ったと同時に何か縁を感じて、赤ちゃんの名前にいいなぁと思ったけど、なかなか決めきれないまま出産に。生まれてきた赤ちゃんの顔を見たら「あれつぐみだ!」と思えて名づけました。(なゆつぐさん)
紬実 紬実(つぐみ)ちゃん
絹織物の紬という漢字と、音のつむぎという響きが素敵で良かったのですが、お兄ちゃんの同級生と同じ名前で嫌だと言われました。そこで、美空ひばりさんにあるように、鳥の名前も素敵で、ひばりは春を告げる鳥なので、秋に渡ってくる鶇(つぐみ)から、音をつぐみにして、紬という漢字と秋らしく実りある人生になるよう、紬実と書いてつぐみと読ませました。紬は決して華やかな織物ではありませんが、丈夫で、絹でできていることから、真の美しさや強さを持つ女性になるよう使いました。(かおちゃんさん)
紬心 紬心(つぐみ)ちゃん
上の双子を出産し10年、もう一人とおもい妊活を始めて5年、その間3回流産。もう諦めようと思っていたころ、おなかにきてくれました。みんながあきらめていたのに、みんなの心を紬いでくれた子、渡り鳥のつぐみのようにひょっこり現れた子と言うことでつぐみになりました。漢字は、一つ一つ糸を紬様に人生を歩いて行ってほしい。こつこつ一つずつ積み重ねて生きて欲しいからです。(蓮実さん)
翼 翼(つばさ)ちゃん
夫婦で飛行機好きなので思い浮かんだ名前です。文字通り、飛行機や鳥の翼のように世界へ飛んでいってほしいという意味だけでなく、夢や希望をかなえるための手段やエネルギーの比喩としても使われるので、自分の手で未来を切り開いて行ける子になってほしいなという思いをこめました。また、男の子でも女の子でもいい名前なので、女の子らしくとかにとらわれず広い視点で生きていってほしいなあという思いもあります。漢字の中に異端の異が入っているところも、自分らしさを曲げず生きていってほしいという願いを込めてます。(つばさママさん)
紬生 紬生(つむぎ)ちゃん
「人生を紬ぐ」生きていく中でたくさんの人に出会って、いろんな経験をして大きくなっていく。お父さんとお母さんが出会ったように、人との出会いと繋がりを大切にして、人生をつむいでいってほしい。人と人とを繋ぐ存在でもあって欲しい。ピンとくる名前が全然思い浮かばず、どうしようとずっと悩んでいました。たまたまお買い物をしていた時に「つぐみちゃん」と呼ばれている子と遭遇し響きがいいなと思ったので、近い響きの名前がないか探して「つむぎ」に決めました。「紬」だけでもつむぎと読むのですが、「生」という字をつけて名づけた意味をさらに感じてもらえるようにしました。検診で女の子と言われてはいましたが、もしもの時のためにどちらの性別の子が生まれてきてもいいような名前にしたかったというのもあります。(sakumachiさん)
紬 紬(つむぎ)ちゃん
1人目の子どもの名前が、結ゆい。なので、2人目も漢字一文字で、ゆいと少し関連した意味や漢字で良い名前が付けることが出来ればなーと夫婦で探してました。漢字一文字で花、華、遥などなど。良いなと思う漢字を挙げてあったが、なかなか結と関連づけた名前が見つからず。出来れば2音で、画数も気になりましたが、紬の意味が、結ととても似ていたことと、漢字もよく似ていて、姉妹にはぴったりかなーと。漢字の意味も、親が願っていたことと近いことが書いてあったので、つむぎに決まりました。(かたつむりさん)
紬 紬(つむぎ)ちゃん
家族の絆をつむいでほしくて。漢字はママの字が入っています。(おぐちゃんさん)
つむぎ つむぎ(つむぎ)ちゃん
産休に入るまでフルタイムでバリバリ働いていたわたし。産休に入って5日目の夜。トイレに行った時に急に破水、慌てて病院へ…破水してしまった為、産むしかない状況に旦那もわたしも心の準備が出来ないまま入院&出産することになってしまいました。予定日より1カ月も早い37週で生まれてきてしまった我が子。生まれた瞬間に元気な産声をあげてくれたので安心した束の間、小さく生まれてきてしまった為か、呼吸をお休みしてしまう事があり、我が子を胸に抱く事が出来ないまま、赤ちゃんだけがすぐに大きな病院に転院NICUに入ることになってしまいました。赤ちゃんと離ればなれの入院生活。心配と不安、妊娠中の自分の行動を思い出しては後悔する日々で心が押し潰される思いでした。入院生活中、他のママさん達が赤ちゃんに授乳をしている際、わたしは一人で哺乳瓶に向かって搾乳…赤ちゃんを胸に抱きながら授乳する他のママさん達の姿がとても羨ましく、また正直見ていてとても辛かったです。そんなとき、院長先生や助産師さん達の「あと1カ月、待ちきれないほどお母さんに会いたかったんだね!心配ないよ。小さく生まれてきた子は他の子より大きく元気に育つから!」など他にもいろいろと声をかけてくれそんな言葉にとても救われましたし、考え方をプラスに変えることが出来ました。また旦那が毎日子どもに会いに行ってくれ、写真を撮ってきてその写真を見せながら「今日は笑顔を見せてくれた!俺に似てスゴく美形だよ!」、「ミルクを○mlも飲んでくれたよ!」など嬉しそうにその日の赤ちゃんの様子をわたしに報告してくれました。そんな旦那の姿が心の支えになってくれていました。あのときの周りのサポートや気遣いがとてもありがたかったです。赤ちゃんもNICUの先生方や周りのサポートのお陰もあり順調に回復してくれて2週間後には無事に退院することが出来ました。小さい我が子には辛く大変な入院生活を経験させてしまいましたがそんな入院中、我が子はたくさんの人に支えてもらいました、我が子はこれからの人生でもっともっと多くの人と出会っていろんな事を経験していくと思います。その人達と一本一本糸を紡ぐようにいい関係を築き、また夢などこれからの人生で大切なものを自分らしく築きあげていってほしいという想いから『つむぎ』と名づけました。(つむママさんさん)
紬生 紬生(つむぎ)ちゃん
娘の「紬生(つむぎ)」には兄が3人います。もう、14歳、7歳、5歳になります。長男が生まれて7年経ち、次男と三男が年子で生まれた時点で、もう子どもを産むことはないなと決意しました。しかし、長男が中学生になると、急に一緒にお出かけしてくれなくなりました。次男が生まれるまで、小さな彼氏のように二人でたくさんお出かけしたのに…。私は仲良しな母と買い物に行ったり、サッカーも一緒にやっています。そんな未来が自分にもあると信じていたのに、長男の親離れにとても寂しく感じました。どうしても娘が欲しい!産み分けに挑戦し、我が家にも娘が生まれてくれました。母と私、私と娘、娘と孫というように、娘にいつまでも途切れぬようつむいで行って欲しいという思いで「つむぎ」と名づけました。また、長女として尊敬する父の「生」の字を受け継ぎました。我が家の長女にも、父から私が受け継いだように、私から「生」の字を受け継いで欲しいという思いから、「紬生(つむぎ)」としました。娘が、ちょっぴり反抗期の長男と私を繋いでくれています。(i4mamaさん)
紡生 紡生(つむぎ)ちゃん
生まれて2日目の夜、無呼吸発作という、呼吸が止まってしまう症状が出ました。実家近くの小さな産婦人科で出産したのですが、専門の先生にしっかり検査をしてもらった方が良いとのことで、車で1時間程の大学病院の新生児科に子どもだけ移されました。出産してすぐ離ればなれになるなんて。様子もわからず不安で、私は泣いて入院生活を送りました。自分が退院してからは冷凍母乳を持って毎日大学病院へ通いました。様子を見て少しだけ安心することはできましたが、連れて帰れないのが悔しくてまた泣きました。母親なのに、どうして傍にいられないのだろう、いつになったら一緒に帰れるのだろうと。不安の中、この子にはしっかりといのちを紡いでほしいと願い、紡生(つむぎ)と名づけました。紡生は今とても元気です☆(おかしゃんさん)
紬葵 紬葵(つむぎ)ちゃん
まだ性別の分からない妊娠初期の頃からなんとなく女の子のような気がして 女の子ならば「つむぎ」がいいなっと思っていました。妊娠8カ月頃、女の子と判明した頃に主人に私の希望は、言わず名前を考えるようにお願いしたところ主人から出た名前が「つむぎ」だった為、即決定しました。縦糸と横糸を重ね合わせ出来る着物のように人との関わりを大切に人生を豊かに過ごせますように。そしてあおいの花のように気品ある愛をもった強い女性になりますように。あとで気づいたのですが私たちの結婚式をあげた式場の名前は「繭の家」でした。繭から紡いでできた糸は紬へ。なんだか導かれたようで面白いですよね。(繭の家さん)
てまり てまり(てまり)ちゃん
母が私につけたかった名前が“てまり”。しかし祖母の意向で私の名前は姓名判断で決定・・・とゆう話を聞いていて、私に女の子が生まれたら“てまり”とつけようと昔から考えていたのです。お顔を見たら他に浮かぶ名前があるかもしれないとも思っていたので、その時がくるまで誰にも内緒にしていました!!娘が生まれ、母に「つけていい??」と確認・・・母は照れくさそうに「もっと他にないの~」とか言いながらも否定はせず(笑)そしてその会話を聞いていた助産師サンがすぐお名前プレートに“てまりちゃん”と書いてくれました。あの時、これもひとつの親孝行かなと満足感いっぱいになった私が1番幸せ者でしたね。(寿里亜さん)
テラ テラ(てら)ちゃん
テラには「地球」という意味があります。地球のように大きな可能性をもち大きく伸び伸びと育ってもらいたいという想いと 名前の響きが可愛く♡気に入りつけました。名前を呼ぶ度に 満面の笑顔で私達を幸せいっぱいな気持ちにしてくれるテラちゃん☺︎名前は一番最初の贈り物です。素敵な贈り物ができ良かったと思います!(テラちゃんママさん)
斗愛 斗愛(とあ)ちゃん
お兄ちゃん二人の斗をとって、あなたには二人のお兄ちゃんがずっとそばにいるから一人じゃないよ。楽しいこと辛いことは一人ではなく、3人で乗り越えていける。愛、誰からも愛される人になりますように。パパとママ、みんなからの愛情で幸せになってください。(ミッキーママさん)
叶愛 叶愛(とわ)ちゃん
自分は愛した人(旦那)と結婚して子どもを授かるっていう夢があってその夢が叶ったので子どもにも、愛する“事”や“物”、“人”色んな意味で夢を叶えてほしいな!って思ったから叶愛にしました。子どもも、もちろん愛する人の1人です!(チビママさん)

歴代の赤ちゃんの名づけエピソード大賞  

歴代の赤ちゃんの名前ランキング  

おすすめサービス

2018/12/11


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。