2018年 今年生まれた赤ちゃんの名づけエピソードま行(女の子)

5
真絢 真絢(まあや)ちゃん
真絢の名前はパパが名づけてくれました。分厚い人名漢字辞典を買ってきて、1ページ1ページ真剣に読んでいました。パパが大事にしていたのは、品のある名前であること。生まれた時からお年寄りになるまで変わらず、素敵な名前であるということです。真絢の真は真実・本質という意味。絢は美しい・上品なという意味です。これから先大人になっても、本質的に上品で美しい女性になってもらいたくて、名づけました。ママもまぁちゃんと呼びやすく、とても素敵な名前だと思います。(まぁママさん)
舞 舞(まい)ちゃん
妊娠する前から、もし子どもを授かったら名前は…と仮の話を旦那さんとしていました。旦那さんと私の希望はたくさんの人に名前を呼んでもらいたいので、シンプルで読みやすい漢字を使うこと。妊娠中に3個の候補まで絞り、あとは生まれてからの雰囲気で決めました。生まれた次の日に何度も何度も名前を書いたり、呼んでみたり…最後は3候補のなかで唯一反応した〈まいちゃん〉に!(まいまいままさん)
茉叶 茉叶(まかな)ちゃん
妊娠4カ月から毎日、夜寝る前に布団に入り主人と名前を考えていました。「男の子だったら〇〇なんてどう?」とか話しているうちにいつか家族旅行でハワイに行きたいねーとどんどん話がズレていきハワイについて調べているところで「まかな」という言葉を見つけました。まかなはハワイ語で「大切な贈り物」私たち夫婦にとってこの子は大切な贈り物そのものだなと思いこの名前に命名しました。現在、名前の通り我が家に沢山の笑顔と幸せを運んできてくれた大切な贈り物そのものだなと思っています。(夢は3世代でハワイ旅行さん)
蒔乃 蒔乃(まきの)ちゃん
私たち夫婦の元にやってきてくれた第二子がまさかの女の子!1人目が男の子で、自分も周りからも男の子のイメージが強かったので性別が確定した時は驚きました。男の子の名前を考えていたので、慌てて女の子の名前を考えて始めるも、付けたい漢字や読みなどのこだわりが全くなくなかなか決まらない…。姓名判断は気にしていて(両家からも言われるので)我が家の苗字が画数悪いので、結婚後も変わらない下の名前だけでも良い画数にしようと思い、知り合いや周りにいない読み方の候補を数個あげて、最終的に主人と私の意見を合わせた名前に決定しました。周りにいそうでいない良い名づけが出来たと思うので、赤ちゃん本人にも気に入ってもらえたら嬉しいなと感じます。(ななこさん)
葵子 葵子(まこ)ちゃん
まず、女の子だったら祖父の代から続いている「子」を付けたいと言うのがありました。そして私が平仮名にすると三文字なのですが二文字だと呼びやすくていいなーと思いました。そして、結婚式の時に旦那さんが向日葵の花束をプレゼントしてくれたんです。明るく太陽みたいな元気な家庭を作りたいと。そこで向日葵から葵と言う字を取ってつけました!(ちゃろさん)
街路果 街路果(まちみ)ちゃん
この夏 娘が生まれ、まちみ【街路果】と名づけました。まちみは、亡き祖父が私に付けたかった名です。それで幼い頃の私は、いつの日からか空想の世界で〝まちみちゃん〟とお友達。折に触れては楽しげに、まちみちゃんとのエピソードをまことしやかに家族に語っていたそうで、、〝幻のまちみちゃん〟とともに大きくなったのです。祖父は頑固で厳しい人でしたが、夏は七輪でトウモロコシ、秋冬は火鉢で栗や酒粕、かき餅を焼いて食べさせてくれ、季節の味を楽しませてくれる優しい人でもありました。そんな祖父との思い出を、季節を彩る街路の景色に重ねあわせ、、結婚19年目で初めて授かった命に感謝の気持ちを込めながら、清く正しく逞しく育ちますよう母も強くならねばと、亡き祖父に誓います。(さいちゃんさん)
茉莉 茉莉(まつり)ちゃん
パパが中学生の頃、パパのお母さん(以下、おばあちゃん)とテレビを見ていておばあちゃんが「マツリって名前いいよね」と一言言ったのをパパが覚えていて自分の子どもで女の子が生まれたら「茉莉」とつけようと決めていたそうです。漢字は、名前の最後に「花」をつけると「茉莉花=ジャスミン」という花もあり愛らしい子になるように、と決めたそうです。極めつけは、(これが1番の決めてかも)ディズニーのアラジンに出てくる「ジャスミン」!ディズニー好きのパパ。気品があって、物事の本質を見極める力を持った姫ジャスミンのようになってほしいので「茉莉」にしたそうです!!(ちぃさん)
茉凛 茉凛(まつり)ちゃん
妊娠後、性別がわかってから毎日いろいろな名前を考えました。お兄ちゃんがいるので、できれば同じ字を入れたいなと思いましたが、まあそれは最優先事項ではありませんでした。春に生まれる女の子ということもあり、暖かみのある花の名前からとりたいなと考えて4月の花を調べました。その中でわたしがビビッときたのは「茉莉花」。花言葉は「愛想のよい」「優美」「愛らしさ」誰にでも笑顔で接し、一緒にいると暖かい気持ちになる、そんな女の子になってほしいという思いにぴったりでした。幸い、お兄ちゃんと同じ「凛」も当て字ではあるけど使えるということもあり、早い段階で「茉凛」に決めました!「まつり」という名前の響きも気に入っています。お祭りと同じですが、お祭りと聞くと誰しも楽しい気分になってワクワクすると思うんです。名前を聞いたときの印象も悪くないんじゃないかな?と思っています。少々きつい性格になりそうな気もしましたが(笑)。でも得意の愛嬌で乗り切ってくれると思います!しつこいお兄ちゃんの絡みにも負けずに立ち向かいますし、それでもお兄ちゃん大好きで、お兄ちゃんが帰ってくると弾けんばかりの笑顔が出ます!ちなみに、画数は特に気にしませんでした。女の子は苗字が変わる可能性もあるので、大凶でなければいいか〜くらいです。(りんままさん)
祷理 祷理(まつり)ちゃん
始めは名前の発音が気に入ったのがきっかけ。そこから漢字をつけていくにあたって、「祷」という漢字に「寿」という字が含まれていて縁起が良さそうなことと、主人が「理」という意味合い(道。道義 )が好きなため、組み合わせました。(さやちゅうさん)
まとい まとい(まとい)ちゃん
色んな魅力を纏った子になるように名づけました。(まとままさん)
愛菜 愛菜(まな)ちゃん
ママもお姉ちゃんも愛のつく名前で、双子が女の子だと分かった時に愛をつけたいと思いました。パパもママも2人がいいと思う名前がなかぬか思いつかず愛をつけるのを諦めようかと思った時もあったけど、おなかの2人が愛しすぎてどーしても愛をつけたいと思った時にパパが愛を「ま」とも読めると調べてくれて、候補が増えました。その中で、菜の花のように可愛く育ってほしく家族を結んでくれる存在であるようにと愛菜と愛結とつけました。(まめさん)
真愛 真愛(まな)ちゃん
出産前から娘のパパは遠い所に暮らしており、出産後もなかなか会うのは難しいと思いました。そんな思いもあってかせめてパパの名前の漢字一文字だけでも使ってパパの存在を少しでも娘に感じてほしいなと思い「真」という字を。真っすぐな子に育ってほしいとも思っていたのでちょうどいいなと思いました。パパはよく「愛してる」と言ってくれる愛情表現が豊かな人だったので娘にも愛でいっぱいの子にと想いを込めて、「真愛」になりました。(まなママさん)
蒔奈 蒔奈(まな)ちゃん
結婚して1年ラブラブな夫婦2人のあいだに出来た待望の赤ちゃんであったため女の子とわかった時にパパが愛娘!?と喜び、まなと名ずけました。単純ですが、迷いもなくすっと決まりました。ただ字に関しては、いろいろ候補がありましたが、源氏名っぽさを払拭したくて、真面目な感じの字をあてました。(蒔奈たんママさん)
茉寛 茉寛(まひろ)ちゃん
姓名判断で2つまでしぼったのが茉寛と桜瑚でした。茉莉花(ジャスミン)の香りが好きで「茉」を使いたくて、「寛」はお父さんから一字もらいました。「桜」の季節は妊娠中にとても癒されたので。生まれるまで決めかねていましたが、誕生日を動物占いで診断したところ、お父さんと同じ「品格のあるチータ」60タイプもある性格の中でおなじものに当たるとはびっくりしました。これはお父さんの名前も入っている「茉寛」で決まりだと。お父さんも嬉しそうに我が娘の名前を呼んでいます。(ましろさん)
茉優 茉優(まひろ)ちゃん
パパの優しいところが大好きなママ。パパのように優しい女の子になって欲しいとパパの名前から一文字とって「優」をつけることに。また、昔のあだ名がジャスミン(茉莉花)だったママ。茉莉花の花言葉が「可愛らしい」「気品がある」ということから、茉莉花から一文字とって「茉優」。優しくて可愛らしい女の子になってほしいという思いです。茉優を含めて5つ候補を考え、その中からパパに選んでもらいました。一番最初に考えた名前だったので、嬉しかったです。これは決定してからの話ですが、元々ジャスミン茶が好きだったけど、子宮収縮作用があるので、妊娠中は飲まないようにしていました。でも、正期産が近づき検診で子どもの体重も大きくなっていたので、ジャスミン茶を解禁した日に破水、出産。ジャスミン茶がきっかけかは分かりませんが、縁があったなかなーと思っています。(おちょん。さん)
真彩 真彩(まや)ちゃん
まっすぐで彩りのある人生をおくってほしいという願いをこめてつけました。また名字がやまねなので上から読んでも下から読んでもやまねまやで自己紹介のときなどに名前が印象に残りやすいかなと思いつけました。(ショコラさん)
まゆ まゆ(まゆ)ちゃん
女の子だから私が決めていいよーと言われて、生まれる前からいろいろ考えていましたが、ことごとく主人に却下されていました。(笑)。結局、顔を見てからじゃなきゃ決められない、直感で決める!と言って譲らず、決まらないままに出産‥立ち会い出産のもと無事に生まれ、顔をみた瞬間主人にそっくりな女の子(笑)。とくに薄くてハの字の眉がそっくりだったので、まゆちゃんなんてどう?という話に!その場で決まりました! 主人の実家が昔養蚕をしていたこともあり、絹のようにきれいで繭のように温かく包んでくれる子に育って欲しいという願いも込めて、字は丸く優しい子になってほしくひらがなにしました。もうこれ以外あり得ないと思える名前をつけてあげられてよかったです!(まゆままさん)
茉由 茉由(まゆ)ちゃん
女の子なのでふわっとした柔らかい名前がよく、誰にでも読んでもらえる名前にしたいなと思っていました。季節の花の文字を使いたかったところ6月の季節の花にジャスミン(茉莉花)があり、「茉」の字が可愛らしく好きだったので迷わず使いました。いくつか候補をあげ、最終的には字画を見て決めました。(すけりんさん)
真優 真優(まゆ)ちゃん
赤ちゃんを授かり、主人と名前は何がいいかなと考えていた時でした。優しいと言う漢字を入れたいと言ってる私を夢で見ました。その日の朝に、起きた際に二人同時に優しいって字を入れたい!と二人で発してビックリしました。それから何がいいかなと、画数など気にしながら考えていたら、コジコジというアニメでお正月君と雛祭りちゃんに子どもが生まれるストーリーをたまたま観て、なんて言う名前かな~、私が「まゆ」じゃない?と話をしていたら、本当に「まゆ」と言う名の赤ちゃんが生まれ、そのまま「まゆ」って可愛い!となり付けました。漢字は真っ直ぐ素直に優しい子に育つようにと、主人と二人で考えました。サーモンパッチが左目にあるのですが、先生曰く、こうのとりが運んで来てくれた証だよ。とのこと。頭の後ろから前にかけて、こうのとりの足が掴んで赤ちゃんを運んで来るそうで、その部分にアザが出来やすいんだとか。生まれて泣き声を聞いた瞬間、声が女の子!やっぱり真優(まゆ)って感じだ!ってなりました。わたし達のもとに、生まれてきてくれてありがとう真優!旦那がディズニーおたくなので応募させて頂きました。(じゅんちゃこらすさん)
眞夕 眞夕(まゆ)ちゃん
私の苗字は松岡なので、漢字は違いますが、女優の松岡茉優さんと同姓同名です。不妊治療中、妊娠中にコウノドリのドラマを見ていました。私は夕季(ゆうき)という名前です。主人は私の字を一文字入れたいということで、ゆ、ゆう、き、を入れたく考えていました。そして、夕眞(ゆま)と候補に上がったのですが、じいじとばあばが何度教えてもマユと間違えるのです。松岡茉優さんの名前が浮かぶのでしょう。私は芸能人と同姓同名は名前負けとか言われるとかあり、あまり進まなかったのですが、旦那まで間違えるさま。これはきっと眞夕として生まれてきたかったのかと思いました。コウノドリで松岡茉優さんを初めて知り、こんな素敵な人になって欲しいと、私も思い直しました。(ゆうたんさん)
茉莉愛 茉莉愛(まりあ)ちゃん
「ま」という発音は人の心に印象付けられる音らしく、色んな人と出会い、愛し愛される子になりますようにと名づけました。(のっちさん)
茉莉衣 茉莉衣(まりえ)ちゃん
お兄ちゃんがある時から急に、おなかの赤ちゃんに向かって「まりぃちゃん????」と呼び掛けはじめて…。まだ性別も定かではなかったのですが、結果女の子。子どもながらの勘はスゴいなぁ、きっとまりぃっぽい子なんだろうと、この名前にしました。漢字は、生まれがジャスミンの咲く時期さったことと、花言葉が〝愛想の良い〟〝愛らしい〟でこんな子に育って欲しいなぁと願いつけました。まだ生後3カ月ですが、目が合うといつも笑ってくれて幸せを振り撒いてくれています!(のんちゃんさん)
真凛 真凛(まりん)ちゃん
主人も私もこれまでの人生曲がりまくりでした。ずいぶん遠回りしてやっと娘に会うことができました。そんなこともあり、真っ直ぐ生きて欲しいと思い、「真」の文字を入れました。また、2人ともひまわりの花がとっても大好きで「ひまわり」という文字も少し意識して、「ひまわりのように凛と」という意味も込めました。自分に真っ直ぐ、ひまわりのように明るく凛と胸を張って生きて欲しいと願っています!(なおさん)
円葉 円葉(まるは)ちゃん
胎児ネームが「まるちゃん」で、私も夫もすっかり愛着が湧いてしまい、そのまま呼べる名前がいいな。という旦那たっての希望でいろいろ考え、まるは、になりました。円(まる)は角がないので、平和的で、心が豊かでおだやかな人でありますように。円満な縁(人間関係)に恵まれますように。葉(は)は、野草のように、土地を選ばずどんな所でも根をはって生きてゆけますように。と思いを込めました。(まるちゃんママさん)
望杏 望杏(みあ)ちゃん
私は望杏を出産する前に、1回妊娠していました。その子は9カ月手前で死産してしまったのですが、唯杏と名づけるつもりでした。しばらく悲しみのどん底でしたが、また、新たな命を授かることができました。私たちにやっと希望の光がさした、望みが叶った、という意味で、「望」という漢字を使い、1人目の唯杏から「杏」をもらい、「望杏」と名づけました。(かーとんさん)
美翔 美翔(みう)ちゃん
母が子どもにずっとつけたくてもつけれなかった漢字の翔 男の子だったら旦那の女の子だったら私の1字を使いたいという旦那の希望を踏まえつけた漢字です❢美しく羽ばたいて欲しいという願いを込めてつけました。(ダブルミーさん)
結羽 結羽(みう)ちゃん
体外受精で授かった我が子。移植する前に見せてもらった受精卵は着床しやすいようにハッチングをしていたので、卵の右上にりぼんのような模様が付いていました。そこからは赤ちゃんをりぼんちゃんと名づけて夫婦で呼んでいました。そうしたら無事に妊娠陽性反応が!!名前を考える際に、思い出の胎児ネームを活用したいと考え、思いついたのが、りぼんイコール結ぶってことで、結という漢字を使って名づけしようってことに!苗字と画数が合う、羽を後ろに付けて、人との出会いを大切に、たくさんのことにチャレンジして夢に向かって羽ばたいて欲しい…という願いを込めて付けました。(あややんさん)
澪 澪(みお)ちゃん
お兄ちゃんと旦那さんから呼びやすい名前がいいと言うリクエストを受けいくつか候補を挙げたが、2人同時に「みお!」となり、2人の意見が合うことがそうないので即決。漢字は私が画数を調べ、女の子だから名前だけの画数がいいものをチョイス「美しく凛とした心で優しく誰からも愛される子に育つように」と願いを込めて名づけましたしかし、飼い犬が「にこ」と言い「みお」と響きが似ていてしばらくみんな呼び間違えが多発していた。(みぃママさん)
澪 澪(みお)ちゃん
私達夫婦ははじめてのプレゼントになる名前には意味を込めたものをと決めていました。私達夫婦のはじめての子ども、両家族共にはじめての孫でしたので、妊娠半年くらいから、名づけには祖父祖母も早くから意気込んでいたので、私は会う度にそれぞれの意見を聞いていました。両祖父祖母は画数やバランスをとても気にしていました。なのでそれを参考にノートにまとめ、ネットで画数を調べたりしていました。その時ふと、調べた事のなかった自分の名前と旦那の名前の画数をついでに調べた所完璧な画数でした。実は私達夫婦は二人とも双子で、祖父祖母は当時二人分の名前を考えるのにとても時間をかけたそうです。とても目頭が熱くなったのを覚えています。しかし祖父祖母達は名前の意味というより漢字の全体的なバランスを重視していました。私達は、みおという音は決めていましたが漢字がなかなか決まらなかったのです。画数的に良いとされる漢字がイマイチ私達の思うものではありまへんでした。祖父祖母達には首を傾げられましたが、それまであまり関与してこないなと思っていた旦那からのメッセージが感動的でした。「澪」という漢字の画数が悪くても、俺達がこの子を幸せにするんだから、関係ない。「澪」という漢字は、響きも形も生まれてくる子どもみたいに美しいし、この漢字は、雨が少ない、ゼロという意味もあり、将来この子が悲しい涙を流すことが無いようにしよう。と言われ、今まで気にしていた画数に踏ん切りを付ける勇気が持てました。(みおまるママさん)
未桜 未桜(みお)ちゃん
母親である私が生まれたときに「みお」という名前をつけようとしていたと小さい頃に聞きました。悩んだ末に別の名前になったものの、私は小さい頃からずっと「みお」という響きに憧れを感じていて、いつか女の子が生まれたらこの名前をつけたいなと思っていました。そして、陣痛の始まりから3日後に生まれた女の子。なんと私たち夫婦の結婚記念日。3日間苦しんだけれど、この日を選んで生まれてきてくれたのだと思いました。「みお」という名前を旦那さんに話したら、未は私の名前から1字、桜は生まれた日に満開になった家の裏の桜の木からもらおうと言って、「未桜」と名づけてくれました。(ぴよままさん)
澪 澪(みお)ちゃん
出産予定日の早朝にじわじわと陣痛がきて、小雨がパラパラ降る中、病院へ向かった主人と私。その日の夕方、無事に元気な女の子が生まれました。出産後、分娩室でゆっくりと横になっているときに窓の外を見ると、まだ雨が降っていました。その日は1日中雨が降っていたそうです。普段は晴れが好きな私でしたが、その時の雨は、とても神聖でキレイだと感じました。出産予定日ちょうどに生まれてきたこともすごいなと思い、キレイな雨と一緒に子どもが舞い降りてきたような、神秘的な感覚でした。「澪」という漢字には、「神様にお願いして降ってきた雨が流れていく」という成り立ちがあり、「望まれて生まれてきた大切な子が、すくすくと元気に生きていきますように」という思いを込めています。また、もうすぐ平成も終わりますが、「みお」という読みには、ゴロ合わせで「平成30年ベビー」という意味も含ませています。(みおママさん)
美桜 美桜(みお)ちゃん
4月生まれで、桜のように美しく誰からも愛されみんなを幸せにできるような子になってもらいたいと思ってつけました。(しいさん)
未桜 未桜(みお)ちゃん
1人目の時に女の子だったら桜という字を使いたいと思っていたのですが、男の子だったので、断念。2人目は念願の女の子で、桜が満開に咲いてた時に生まれてきてくれたので、この子の未来が桜の花言葉のように心の美しい、優美な女性になって、みんなから愛されるようにという願いを込めて名づけました。そして、この子は私の誕生日の前日に生まれてきてくれて、とても素敵な誕生日プレゼントになりました。(りえりえさん)
澪桜 澪桜(みお)ちゃん
主人が澪という漢字が好きで、女の子だったら澪(みお)と付けたいと言っていましたが、予定日が春だったので私は春らしく桜(さくら)にしたいと思っていました。主人の希望が強かったので桜は諦めましたが、澪の一文字では字画があまり良くなかったので、澪に組み合わせる文字をいろいろ考えていましたが、なかなかしっくりくるものがなく悩みました。ある日主人が名づけサイトで澪桜と書いて「みお」と読めるのを見つけ、字画も良かったのですぐに決まりました。周りからも名前を聞かれると褒められる事が多く、お互いの好きな文字を入れられたのでとても気に入っています。(しあたんさん)
澪奈 澪奈(みおな)ちゃん
奈良県民で奈良が大好きなので奈良の奈とお酒の澪が大好きなので付けました!それだけです!(ゆりもんさん)
美織 美織(みおり)ちゃん
美しく織るとかいてみおりと名づけました。女性らしく凛として美しく人生を大切に紡いで織りながら歩んで欲しいと思い名づけました。(まめすけさん)
美紀渉 美紀渉(みおり)ちゃん
パパとママ、両家の家族には、名前に共通点があります。女性陣は全員「み」がつくこと。男性陣は、全員「一(漢数字の一)」がつくこと。パパは、子どもにもそれを引き継ぎたいと言い、長女の名前に美歩紀(みぶき)と付けました。ママの名前から「美」を。パパの名前から「紀」を。そして、2人の間で手を繋いで歩くイメージから、「歩」という字を使用。そして、今年生まれた次女の美紀渉(みおり)は、3人で手を繋いでいるイメージにどう入れ込むかで悩みました。そこで、パパの希望としては、長女にも使った「歩」を使いたい。もちろん、両家共通の文字も入れたい。つまり、女の子なので、「み」がつく名前。なおかつ、「歩」が入る名前。更に、ママの希望で、同じ学年に2人も3人も同じ名前の子がいるようなありきたりな名前は避けたい。できれば、和風な響きが良いと。悩みに悩みました。そして決まった「美紀渉」という字は、ママとパパの名前を使用し、なおかつ「歩」という字が入っています。意味としては、ママ(美)、パパ(紀)、さんずいの三本を下から祖父が支え、祖母が手を繋ぎ、お姉ちゃんが頭をなでているイメージ。つまり、家族全員で繋がっているよという意味をこめて付けた名前です。ただし、長女と次女の名前の見た目が似ているため、読み間違えが多いのが難点です(苦笑)。(みおっちママさん)
美央理 美央理(みおり)ちゃん
私は出産という大役を1つ果たしたので、名前は主人に一任しました。両家の祖母にも私にも名前に「美」という漢字が入っているので、長女の娘にも付けてあげたかったらしく、美央理という名前に決まりました。どんな時にも周りに優しく、中央で活躍できるように、物事の道理を大切にし、約束を守れる子に、という願いを込めてこの名前にしました。家族みんなこの名前をとても気に入っています。(82KUMIKOさん)
美織 美織(みおり)ちゃん
三人目にして初めての女の子と分かり、興奮気味のパパと私。名字とのバランスから三文字以上の読みで、と決め、また、濁点を付けない!というのが条件。案を出し合うも決定打がなく、悩む毎日でした。 友達の子どもや、お兄ちゃん達の同級生と被らないように、三人の子どもを呼び分けやすいように…と頭を悩ませ、浮かんだ「みおり」。美しく、幸せな人生を織り上げて欲しい、と想いを込めて付けました。パパママ、お兄ちゃん達の愛情を一身に受けてすくすく成長中です!(みけこさん)
澪凛 澪凛(みおり)ちゃん
シングルマザーでの出産。女の子ということもあり、キラキラネームでもなく可愛い名前で考えました。澪という文字には、愛する人という意味があるらしく(調べてたら投稿で発見)、ここから私にとっても最愛の娘であり、誰からも愛される人に、また愛する人と出会ってほしいという願いを込めて。凛という文字は、凛とした女性に!という願いを込めて…2つの願い、想いを込めて澪凛と名づけました。(みーたんママさん)
美音 美音(みおん)ちゃん
まず、読み方がまぎらわしくないように。名字が男っぽい変わった名字なので、女の子だと読んですぐわかる名前が良かった。あと、フルネームの字画が良かったこと。(ラベンダーさん)
美佳沙 美佳沙(みかさ)ちゃん
ママとパパは飛行機や戦艦が大好き。神奈川の横須賀基地や三笠公園へデートでよく行きました。戦艦三笠のように強く美しい女性になってもらいたいとの思いと、二人の思い出の場所ということで「美佳沙」と名づけました。また、ママの曽祖父が戦艦三笠に乗組員として乗船していたことが最近になってわかりました!なんだか運命を感じます。(美佳沙ママさん)
美樹 美樹(みき)ちゃん
女の子なので心も体も美しく、樹木のように優しく大きな心を持ってみんなに親しみを持たれるように。という意味で付けました。樹は、お父さんの名前の一字をとりました。(美樹ママさん)
実希 実希(みき)ちゃん
赤ちゃんが女の子らしいとわかった頃から、私たち夫婦は使いたい漢字や可愛い響きなどを書き出していき、名前の候補をたくさん挙げました。そして名づけサイトや辞書などを見ながら「この漢字は意味がいいし使いたい」「字画がよくないけど、女の子だと名字が変わるかもしれないし…」「音がいいけどぴったりな漢字がない」などいろいろと話し合い、候補を5-6個にまで絞っていきました。予定日まであと1カ月以上あるから、もう少し絞り込めればいいね!生まれてきて顔を見たら決まるかも?などと話していた35週のある夜、突然の出血で目を覚まし、慌てて病院へ。車の中で陣痛と思われる痛みが何度もあり、さまざまな不安に襲われました。診察の結果は切迫早産。どうにか持ちこたえてほしいね…と言われましたが、陣痛はどんどん進み、そのまま出産となりました。最初の出血から5時間で娘が生まれ、本当にあっという間のお産でした。2250gの小さな娘を見て、どうか大きな病気などありませんように、元気に大きくなれますように、と祈りながら、候補の名前とにらめっこ。残念ながら娘の顔を見ても名前は決まらず(笑)。、どうしようかと夫婦で悩んでいる中、担当してくれた助産師さんからメッセージカードをもらいました。「早産でびっくりしたと思いますが、無事に生まれてよかったですね。赤ちゃんが選んだ誕生日です」赤ちゃんが選んだ誕生日…赤ちゃんが生まれたのはどんな日なんだろう?そう思って「今日は何の日?」と誕生日を検索してみると…すんなり名前が決まりました。娘の生まれた日の誕生花、その花言葉が「大きな希望」でした。小さく生まれてしまった娘だけれど、すくすく大きく育ちますように。この子の生きる毎日が実り多く、希望で溢れたものになりますように。赤ちゃんを、決まったばかりの名前で呼んでみると、初めからその名前だったかのようにぴったりだと思えました。その後、娘はすごい勢いで大きくなり、両親に似て身長は低めなのに、体重は曲線の上の方で体もむちむち、会う人みんなにほっぺが落ちそうだねと言われます(笑)。毎日大変なことばかりですが、いろいろな成長が感じられ、娘のいる日々はかけがえのないものです。最近は名前にもかなり反応するようになり、呼ぶとにこっと笑ってくれるのが本当に愛おしいです。(きよさん)
海采 海采(みこと)ちゃん
大好きなディズニーシーから、"海"という字を1文字目にしたく、そこから夫婦で様々な名前を考えました。ディズニーシーの様な素敵な子になってほしいとの思いで、この名前にしました。(みこママさん)
未琴 未琴(みこと)ちゃん
私自身、母親と姉から1字ずつ貰い名前が出来たと聞いていたので、小さい頃から子どもが出来たら私も同じ事したいな!つけたいな!思っていました。しっくりくる名前がなく、毎日毎日考える日々が続き、妊娠8.9カ月頃にいつの日かフッと舞い降りて来たんです。あの感覚はなんとも言えない気持ちになりました。二人の母ですが、上の子は私の名前から1字、下の子は主人の名前から1字をとり付けました。家族や親戚、会う方々に良い名前だと誉められると、とても嬉しくなります。(ZERONAさん)
己采 己采(みこと)ちゃん
個性を輝かせられるこの世の中 昔とは違い、その子の力、感性を評価してもらえる時代 逆に自分を見失ったり世の中に流されたり色んなものが増え便利が増えいいも悪いもある世の中 そして平成最後の年に生まれた娘 (己) 自分自身を大事にして欲しい (采)選びとる、自分で自分の人生の道を選び突き進んで欲しい そしていろどり、自分が輝ける道を見つけ幸せを掴んで欲しいとゆう思いを込めました。当時、大切な人を無くし辛く悲しんでいた私にある日 突然と私の中に宿ったこの子。自分自身まだまだ子どもで母親になれるのか、 前に向けるのか不安でした。でも、命がどれだけ大切な存在かを知っている私に小さく動く鼓動でこの子に ママと呼ばれてる気がしました。見た時は感動と涙がとまりませんでした。生きる意味を光を 運んでくれたんだと信じ宿ったこの子は 私のすべてで、奇跡です。この子が輝ける人生を守り 自分でやりたいことを見つけた時やらせてあげられるよう母として頑張りたいと思ってます。(Mom.miiさん)
充咲 充咲(みさき)ちゃん
満開の花が咲き誇り、充たされた人生が送れますようにとの願いを込めて!(なつさん)
実咲 実咲(みさき)ちゃん
生まれが小さくて異常があり出産直後からNICUに入った息子。それから無事に育ち一歳二カ月、まだまだ歩くことができずつかまり立ちの状態だった息子が股のぞきをある日した。なんだか最近体調が悪いしまさか…と思い検査をするとくっきり陽性反応が!!こんなに小さい息子がお兄ちゃんになるなんて…と不安しかなかった。妊娠生活は出血、切迫早産で自宅安静等いろいろなことがあった。ようやく一歳六カ月で歩けるようになり、よちよちと毎日雨の日でも交代でお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんと近くのお地蔵様のところへお参りに出掛けてくれた。手を合わせて「いつもありがとう。赤ちゃんが無事に生まれますように。」その帰りには近所のお婆さんからスイセンを1本もらってきてくれたり、道端に咲いている小さな花を摘んできてくれた。そのお願いもあり、元気な産声を上げて生まれてくれた。生まれてからすぐに病院へ駆けつけてくれた息子。「お母さん、はい」渡す手には桜の花びらが握られていた。握り潰してしまいクシャクシャになっていたけどとても綺麗だった。こんな花のように自分なりにいろいろな色を実らせて咲いていって欲しい、そこですぐに名前が決まった。息子は今8キロ。娘は6.5キロ。追い抜かれてしまいそうな程の体型だけど、きっと優しいお兄ちゃんと一緒にいろいろな花を咲かせていってくれることを楽しみにしています。(大輝実咲かぁさんさん)
美沙希 美沙希(みさき)ちゃん
妊娠する前から女の子なら「みさき」だね!!とお互いに話をしていました。私たち夫婦は二人とも教員でたくさんの名前を日々みています。あの名前だとあの子が思い浮かぶね~なんて話をしながら、今まで担任して子どもたちを思い出していました。その中で「みさき」ちゃんにはいい子しかいない!!という二人の意見が一致して、早々に決まりました。そして、いざ妊娠したときに漢字を考えました。「美」は私の名前からとりました。心の美しい人になってほしいと願いを込めて。「希」は旦那の名前からとりました。希望にあふれた人生をおくれるように。最後に「さ」の漢字を悩みました。いろいろな候補がありましたが、一つ一つの漢字の意味を調べていくなかで「沙」に出会いました。「沙」には浜辺の細かい砂の意味があり、そこから自分をしっかりもち、環境によって柔軟に変化できるという願いを込めました。最後に画数を確認したところ総画数が大吉だったので、この名前は運命だと思い、「美沙希」になりました。(みきてぃさん)
美智 美智(みさと)ちゃん
昨年私の妹が34歳の若さで亡くなり、悲しみでいっぱいの中今度は母の病気が見つかりました。既に2人の子どもに恵まれていましたが家族が増えて賑やかになったらいいな…母が元気になってくれたら嬉しいな…と願ったところ授かりました。授かった時からきっと女の子だと確信!妹と母の名前から一字ずつ貰うことに。出産前には既に寝たきりの母でしたが、美智を見ると涙して喜んでくれ、名前もとても喜んでくれました。残念ながらその二カ月後には亡くなりましたが名前と共に見守ってくれていると信じています。妹と母のように優しく思いやりを持った素敵な女の子に育ってくれますように…。(みーちゃんママさん)
実宙 実宙(みそら)ちゃん
「実」努力が実を結ぶような人生を。「宙」そらのようにひろい(宙)心を持った子に育つように。という願いを込めてつけました。上の娘が真宙(まひろ)なので同じ字を使いました。個人的な理由としては、長女の名づけの際私の好きなアーティストを反映できないかと思い、「ひろ→宙」を使ったのがきっかけでこだわってつけたので次女にも使いました。これは主人には秘密ですが(笑)。(rekoさん)
美空 美空(みそら)ちゃん
上の子にあおいと名づけたお兄ちゃんがいます!今回第二子を授かったと分かった時、お兄ちゃんとなにか関係性のある名前をつけれたら。と考えていました。性別が女の子と分かったら、女の子なら愛嬌があって、人から愛されるような子に育って欲しいという願望と、兄妹で繋がる名前…それを踏まえていろいろ考えた結果、「美空」と名づけました。兄妹で「あおい美しい空」になります!見上げた空があおく美しかったら、なんかそれだけで幸せな気持ちになれるから♡この子にも、ただそこにいるだけで人を幸せにしてくれる、そんな素敵な人になって欲しいなという願いを込めて…。息子も気に入ってくれて、みそらちゃん、みーちゃんと呼んで溺愛です(笑)。初宮参りも雨予報で延期を検討しましたが、行くタイミングには晴れてまさかの綺麗な虹!!さすが美空!!みそらパワーはすごいねって家族で笑顔になりました!本人も気に入ってくれると嬉しいな!(ひぃひぃさん)
満架 満架(みちか)ちゃん
月の満ち欠け、から音を得た。月は自分だけでは光らないが、太陽の力を借りて、人々を照らす。人の力を借りたら、それをまた人に還元できるような人に。月は満ちたり欠けたり、見えなくなったりもする。だが、必ずそこにあるもの。自分を信じて、ぶれない心を持つ人に。(みちかママさん)
遥琉 遥琉(みちる)ちゃん
行政の母親教室で2、3カ月の親子とお話しできる機会があり夫婦で参加しました。その際にお会いしたママさんから姓名判断も大事かもしれないけど一番は名前に込めた思いが一番だと思うし、子どもも由来を聞いて嬉しくなるとおもう、と話してもらいました。その場ではすごく納得して考え直し始めた矢先に名前が決まらずお産になりました。出産を終え、分娩室で生まれたばかりのベビーと過ごしているとふと今の名前が思い浮かびました。それを旦那に話し、名前は決定。しかしそこから漢字が中々決まりませんでした。る、の字は妊娠中に沖縄へ旅行にいったので琉に決まったのは早かったのですが、、みちの字がなかなか決まらず。私の職場は保育施設だったため自分が見てきた子どもたちと自分の子どもで同じ漢字は使いたくないと思っていました。そこを前提に夫婦でいろいろ候補を挙げていましたが旦那も漢字にはこだわりがあり、またベビーが生まれたことと里帰りをしたことで外野(私の両親)からとやかく言われ始め(汗)。父は一緒に一生懸命考えてくれたことにプラス神社で名前を見てもらうことをすすめていました。そこで夫婦で考えた名前を神社で見てもらうと全部ダメで。神社から候補を挙げてもらうと渋すぎたり名字と漢字が被ってたりとあまり気に入るものがありませんでした。そこで夫婦で話し合い、妊娠中にいつまでも幸せでいっぱいになるような名前にしたいと言っていたことを再確認し、母親学級での話も思いだして元々候補にあった遥かという字を使うことに決めました。決定したのが出生届提出期限前日の夜中でした。そこから旦那には夜中に提出にいってもらいました。翌朝決めたことを親に伝えると父も沢山考えた末に神社に足を運んでいたため寂しそうな反応をされました(涙)なんにせよ皆が一生懸命考えたこと、いつまでも幸せでみちあふれていてほしいという思いがつまった可愛い名前に決まりよかったと思います。大きくなったらエピソードを話すのが楽しみです。(ぱいんどんさん)
光夏 光夏(みつか)ちゃん
名字が花野で、どちらも小学二年生で習う漢字なので、名前も二年生までの漢字でつけようと思い、姓名判断の本とにらめっこしながら沢山考えました。三年生で始まる習字の名前が、全部漢字で書けたら、誇らしいだろうな。と、未だ見ぬ我が子を想像しながら、様々な名前を考えていました。実際に産んで出会った我が子の愛しさに、父と母は感無量。あなたが生まれて、パパとママの夏はとっても素敵になったよ。ありがとうの意味を込めて、光夏と名づけることにしました。(みつ豆さん)
美月 美月(みつき)ちゃん
3歳になる上の子が、月を見つけるのが好きでした。そこで、兄妹いつまでも仲良くありますようにという願いをこめて、月を使おうと決めました。また、満ち欠けする月のように、ときには表に出たり、ときには影から誰かを支えたりできるような、美しく柔らかい心をもった人になってほしいという願いをこめて、美月になりました。(美月ママさん)
美月 美月(みつき)ちゃん
3月28日に出産したのですがその日の夜が満月でした。後から調べてみるとブルームーンと呼ばれる月でした。月という文字を入れたいと思い、美しい月と書いて「美月」とつけました。毎月28日に近づくと満月になるので子どもと月を見ながら生まれた時の事を思い出しています。(みーちゃんママさん)
充希 充希(みつき)ちゃん
お兄ちゃんが遥希なので同じ希を使いました。名前のニュアンスで沢山候補は出していましたが、親しみやすい呼び名でも呼べる名前が良かったので、みっちゃん、みっきー、みっついろいろ呼べるネ。と。たまたま字画も最高に良く、自然としっくりきて、最終的には何カ月も前からこの名前に決まることに。生まれて来たら、びっくりするくらい初めから名前がしっくりきました。希望に満ちた、充実した人生を過ごして欲しいです。(みっつママさん)
美杏 美杏(みつき)ちゃん
結婚して6年、不妊治療をして4年、途中精神的に疲れてお休みしたり、心拍確認が出来たのもつかの間流産してしまったりした中でやっと授かった子でした。主人も私も名前の最後に「き」の付く名前なので家族みんな一緒でありたいと思い、子どもも「き」で終わる名前をと考えていました。3月生まれの女の子なので、美…字の通り、見た目に素晴らしい美しさ杏…アンズは美しい花が咲き、美味しい実がなることから容姿だけでなく中身も実のある人に育って実りのある人生を送れるように。という想いを込めて名づけました。その名の通り、カワイイ女の子に育ってくれています。(どらこんちさん)
充希 充希(みつき)ちゃん
主人と私がイニシャルが偶然M.Tで同じでした。性別が女のコとわかり、娘も揃えたくてマ行に、それならみーちゃんと呼びたい!と私がリクエスト。6月の「水無月」から「みつき」が第1候補に。予定日は満月だったので、「美月」にしようかた思っていたのですが、2週間早く生まれたため生まれた日は月が新月、月が見えない!希望に充ちた、素敵な人生を歩んで欲しい、そんな想いから「充希」になりました。パパと同じ「充」の字を使ったので、思春期に、ヤダ!って言われないように、カッコいいパパでいるために、パパ今から頑張ってます!(みーままさん)
光希 光希(みつき)ちゃん
主人と交際中、別れてた時に妊娠していることがわかり。お互いを見つめ直すきっかけになり、結婚することになりました。私は二人を結んだ赤ちゃんだから結の漢字が入った名前を付けたかったのですが主人は反対してばかり。なかなか名前が決まらず妊娠後期になりました。その時に主人が浮気していることがわかり離婚することに。これからどうしようか、一人で育てて行けるのか思い悩む日々をしばらく過ごしました。でも、この子のために、この子と幸せに暮らす未来のために頑張ろうと誓いました。この子は私にとって光輝く希望ということで光希と名づけました。(あきさん)
みつき みつき(みつき)ちゃん
4月の満月の日に生まれました。4月の満月はピンクムーンといい、しあわせをもたらしてくれる月のようなので、満月をもじった「みつき」とお父さんが付けてくれました。また父方、母方共に祖母が平仮名、母親である私自身も平仮名なので平仮名にすることは女の子が生まれると解ったときから決めていました。(みつきママさん)
充希 充希(みつき)ちゃん
「もう一回、一から考えよう」おなかの中にいた時に候補の名前はいくつか決め、生まれてからどの名前にするか決めようと夫と話をしていました。でも、生まれた我が子と候補の名前がどうもしっくりこない。そこで思いきって一から考えて名づけたのが「充希」です。充実して希望に満ちた人生を歩んでもらいたいという願いを込めてこの漢字に決めました。また「みつき」という響きには、出産日、夜中に破水し急いで病院に向かうために家を出た時に、綺麗な月が夜空を明るく照らしてくれていて、まるで「出産頑張れ!」と月が応援してくれているようだったので、月が美しいという意味もかけました。(みーちゃんママさん)
三葉 三葉(みつは)ちゃん
女の子だから、名前占いをして【凶】とか出たら嫌だよねとなるべく縁起の良い名前を探していたけど、草木や自然の優しい感じが好きで探すも、自分達がつけたいやつで苗字と合うのはなかなかない候補を数個に絞って迎えた出産は予定日より早いものだった戌年、1月11日生まれのワンワンワンな娘は、候補を全て蹴落として、急きょ1が3つで三葉、多くの幸せが訪れるようにとクローバーの名前になったきしくも流行った映画のヒロインと同じ、そしてその映画は、二人で初めて観た映画 ミーハーと思われるけども、夫婦で決めて、思いを込めたからそれをキチンと伝えてあげたいと思う。(くぬぎさん)
心翔 心翔(みと)ちゃん
心の入る名前がよかった。櫻井翔が好き。古風でもよかった。大好きだったおばあちゃんの名前から一文字もらいたかった。大好きな旦那から一文字もらいたかった。最終的に読み方をみとかことに絞り、漢字は決定させて生まれてから顔を見て決めた。(ひぃママさん)
未菜 未菜(みな)ちゃん
我が子が生まれる前から祖母、親戚がいい画数の名前を考えてはアドバイスが止まらなくて、大混乱!でも、みんなにこんなに愛されてると嬉しい気持ちでいっぱいです!最終的には父と母で素敵な未来があるように、菜の花のように明るく元気に育って欲しいという願いを込めて決めました。(かとえりさん)
海凪 海凪(みなぎ)ちゃん
海で遊ぶのが大好きな主人と私は、子どもができたことをきっかけに海の見えるお家に住みはじめました。二人で名前を考えながらぼーっと静かな海を見ている時、主人が「今日は海が凪いでいるね」と言って、それだ!と言い、"海凪"になりました。海のように広い心を持ち、穏やかな子に育つようにと願いを込めました。(みいぶぅママさん)
実夏 実夏(みなつ)ちゃん
実りある人生になるように…と、今年は記録的な猛暑だったので、暑い夏に生まれた、「夏」をとって、「実夏」です。(はちこママさん)
美波 美波(みなみ)ちゃん
パパとじぃじが釣りが好きで、海にちなんだ名前にしたかった。それとママの漢字から美しいという字をもらった。名前の由来は大波・小波、人生の荒波を乗り越えて、心も美しい人に育つように。(みぃみママさん)
南海 南海(みなみ)ちゃん
長女が海奈(うみな)、次女が七海(ななみ)で、三女も海を入れた名前にしたくて南海が浮かんだ。なぜ海にこだわったかというと、まず私が海が大好きということがあった。そして、海のように大きく広く深い人間になってほしいと思って。南を付けたのは、暖かく穏やかなイメージがあるので、そういう人になってほしいという思いを込めて。(おぎあゆさん)
みのり みのり(みのり)ちゃん
戌年生まれの次女。私自身、2歳違いの妹がいるとっても仲の良い姉妹だったので、2人目も女の子だと分かったときはとっても嬉しかった!ただ、上の子は申年。犬猿の仲という言葉が頭に浮かび、仲良く育ってくれるかな?と勝手に独り心配でした。どうか、ママとママ妹のように、時には喧嘩しながらもお互い大好きと思える大切な存在でいて欲しい。ママに話せないことも姉妹で秘密だよって言いながらこっそり話し合って欲しい。何より大人になって遠く離れた所にいたとしても、ずーっと仲良しでお互いが心の支えでいて欲しい。そんな思いから、ママの名前から一文字、ママの妹の名前から一文字とって、みのり。と名づけました。お姉ちゃんとたくさん遊んで、たくさん笑って。犬猿の仲って、ホントは大親友ってことなんだよ!ってママの想いがいつの日か伝わりますように。(みゆままさん)
みのり みのり(みのり)ちゃん
「実りある人生をおくって欲しい、幸せが実って欲しい」との願いを込めて名づけました。私の兄弟は全員漢字一文字で、私自身も一文字に思いを込めた名前が気に入っています。拘りの強い私は、主人と結婚する前から、娘が生まれたら「実」と名づけたいと考えていました。その後結婚し、女の子を妊娠。主人と名づけの話し合いをした際、私から実と提案をしました。しかし、主人は他に案がある訳でもないのに、なかなか賛成もしてくれず。もどかしさを感じていました。出産間近になっても決まらず、冗談混じりに「私と娘が漢字一文字だと、仲間はずれになるから嫌なの(主人は二文字)?」と聞いたところ、否定をしませんでした。妊娠中、つわりの辛い時期に支えてくれ、産休に入ってからは毎回健診にも一緒にきてくれた主人。おなかの中の女の子は私一人の子どもではないと思い、二人が納得する名前にしようと考えが変わりました。そこからまた二人で話し合い、柔らかい雰囲気という理由から、ひらがなで「みのり」に決めました。(みのりのお母ちゃんさん)
みのり みのり(みのり)ちゃん
単純にみのりある人生を歩んでもらいたいので名づけました。(ふんぼさん)
美華 美華(みはな)ちゃん
23日に次女の美華が生まれました!長女の名前は一華(いちか)です。名前を決める際に長女が同じ華の字を使いたいと言っていたので華(か)の文字でずっと探して悩んだんですが、左右対称文字にもこだわり画数にもこだわっていたので、華の読みを変えて華(はな)って読む字にしようか!と親子3人でいろいろ相談。母親が麻美なので美と一華の華を一文字ずつとって美華にしようとなりました。お父さんとは苗字が一緒だからいいねって言ってました。さすが女の子です(笑)。今回は本当に何度旦那と口論したことか。私が画数にこだわったし、お互い嫌な文字読み方もいろいろあり…。子どもに携わる仕事を両親がしているので、今までいなかった名前にしたいこだわりもあり…。でも、無事素敵な名前が見つかりお姉ちゃんは同じ華の文字が付けられて大喜びしてます。色んな事に美しさを感じられる優しい心を持ち、周りの人たちを華やかな雰囲気にさせてくれる人になってくれるといいなぁと思います。(一華と美華ママさん)
幸華 幸華(みはな)ちゃん
お兄ちゃんが生まれてから、2年以上が過ぎ、今年の7月に待望の第2子が誕生しました。可愛い可愛い女の子でした。正直、名前は、すごく悩みました。全部で、ママと二人で、50通り100通りぐらい考えました。(それ以上かもしれません。)女の子は、男の子より悩むものです。男の子よりも、漢字のバリエーションが少ない気がしました。最初は、携帯で運勢調べたりする程度でしたが、本屋さんで購入した、名づけの辞典をひも解きながら、画数を組み合わせたり、四苦八苦。それでも夫婦の意見が全く合いません。その中で、最終的に辿り着いた答えは、娘への私達の気持ちだったのだと思います。お兄ちゃんと同じ、「幸」の字は、自分だけでなく周りの人、皆を幸せにできる様に。そして、皆から愛され、「華」やかな人生を歩んでいける様に。「幸華(みはな)」と名づけました。ちなみに、娘の名前の中には、漢字と平仮名の組み合わせで、パパとママとお兄ちゃんの名前の一文字ずつ入っているので、家族皆がいつでも一緒だよ!という想いもあります。我が家はいつもにぎやか、ご近所迷惑にならないか心配ですが(笑)。毎日、パパは、ママと一緒にお兄ちゃん「幸隼(さきと)」と幸華に癒されています。子育ては、大変な事もありますが、楽しい事も沢山あります。これからもスクスク育って欲しいと願っています。(はやとパパさん)
海羽 海羽(みはね)ちゃん
海のように広い心をもって羽ばたける子になって欲しいと願いを込めて。3人のお姉ちゃんと同じ「羽」をつけて4姉妹仲良く羽ばたけますように。(みーたんさん)
心晴 心晴(みはる)ちゃん
上の娘に、つけてもらおうと考えていたが、なかなか決まらず、娘がなんとなく言う名前を候補に考えて、3つ決め、娘が好きな響きにしました。(かれんママさん)
実穂 実穂(みほ)ちゃん
義母より、名前は生まれてくる子への初めてのプレゼントだから、字画はもちろん意味も考えてつけなさいとアドバイスがありました。義母も使っていた名づけ本を頂き、総画や内画、外画の良い画数を選び、字画から使える文字を選出。その後、苗字を含めた意味を考えてつけました。連立方程式のように導きだしましたが、漢字にはこだわり、実が穂をなるように健やかに育って欲しいと「実穂」と名づけました。生まれら前から、名前で呼びかけていたので、私たち2人以外もみぽりんと名前で呼んでくれます。可愛い女の子が私たちのもとにやってきてくれて、本当に幸せです。生まれてきてくれて、ありがとう!名前のように元気に育ってね!(にゃんごママさん)
美々 美々(みみ)ちゃん
母親と父親の実家の間に川が流れており、その川の名前から読みをとりました。鮎の泳ぐ綺麗で思い出いっぱいの川です。由来を地元の自然からとることで覚えてもらいやすいと考えました。また2文字にすることであだ名は必要ありません。一生で一番書く回数の多い名前は、簡単な漢字で本人もすぐに書けるようになること、他の方が読める漢字を選びました。(めるるるるさん)
実弥 実弥(みや)ちゃん
元々、家族誰かの名前一字をもらおうと漠然と考え話しておりました。子どもは女の子ですが、主人が勝弥という名前なので、弥を一字もらい、はしばしまで実ってほしいという意味を込めて実弥という名前にしました。(あーちゃんさん)
宮禾 宮禾(みやか)ちゃん
高貴で実り豊かな禾のように、しなやかで品のある女性になって欲しい。(あゆつぐさん)
雅 雅(みやび)ちゃん
私が漢字一文字で三文字読みなので子どもにも漢字一文字で三文字読みがよかったのと、男の子でも女の子でも付けられるのがよかったのと、旦那が大雅という名前なのでそこから取って「雅」にしました!私がMIYAVIというアーティストが好きで旦那も私の影響で好きになってライブとか行ってたのでそこからも取ったので逆に他の名前が思い付きませんでした!(さすけさん)
心結 心結(みゆ)ちゃん
私自身の名前は母が付けてくれました。優しくて美しく、思いやりのある女の子らしい子に育ってほしいと思いを込めてくれたみたいです。私は自分の名前も母も大好きです。特に母はなんでもできてキレイで人気者だったので最も尊敬し目標でもあります。そんな母からの想いも込めて、女の子らしく思いやりのある、人との結びつきを大切にする、大切にされる存在になってほしいと意味を込めました。自分の子にも同じように好きになってもらえたらいいなと思っています。(ちゃーみぃさん)
心優 心優(みゆ)ちゃん
お母さんと文字数を揃えたくて2文字で考えていました。あだ名にならないような名前がいいなと思い、すごく悩みました。みゆと言う名前は最近よくある名前なので、漢字は違うのがいいなと思い、心優しいでみゆとなりました。心と言う漢字が2つも使われているので、思いやりのある子に育って欲しいです。(みゆママさん)
実結 実結(みゆ)ちゃん
みゆという響きが可愛いくて、そこに漢字を考えました。第一子の2歳の咲希の咲に咲いて実る、希に希望が結ぶ。というつながりをかけて、仲良し姉妹でありますように。という願いを込めました。 いつも笑顔と、愛であふれる人生でありますように。(あんこさん)
心唯 心唯(みゆ)ちゃん
夫婦共々30半ばで、中々子どもを授かれなくて、子どもを授かれた時に、私達夫婦とも両親が居らず大変な思いをしてきたので、生まれる前から、私達の唯一幸せという願いを込めて唯という字を入れると決めていました。生まれてから、唯という字と組み合わせる字を考えていた時に、これから出会う皆の心の中にいつまでも唯一の幸せを感じさせる温かい人に育って欲しいという願いを込めて、心唯(みゆ)と名づけました。(ころんさん)
心結 心結(みゆ)ちゃん
なかなか子どもが出来ず、不妊治療をして、やっと子どもを授かることが出来ました。不妊治療中、精神的にも体力的にも辛かったですが、旦那や友達に励まされたりして乗り越えられました。妊娠中も家族や友達に気遣ってもらえて、出産後も沢山の人達に祝福してもらいました。なので、人と人とを結びつけてくれるような心優しい子に育って欲しいと思い、心結と名づけました。(みゆママさん)
美結 美結(みゆ)ちゃん
純真無垢なその目でいつまでも美しい心を持った優しい女の子になるように。そして、努力が実を結ぶように何事も諦めず、多くの出会いの人たちとの出会いや結びつきを大事にできる人になりますようにと願い、名づけました。(えりママさん)
未悠 未悠(みゆ)ちゃん
「苗字と合って、字画がいい名前をつけてあげたい」と思い、いいなと思う名前があればひたすら字画をチェックして…そんな毎日でした。なかなかしっかりくる名前がない中でピンと来たのがこの名前でした。それぞれの漢字を調べると【未】は"たくさんの可能性を秘めている/成長する"【悠】には"ゆったり/落ち着いている"といったような意味がありました。私達夫婦にとって初めての赤ちゃん。この子が0歳であると共に私もママ0歳、旦那もパパ0歳。家族3人で少しずつ一緒に成長していきたいなという思いを込め、この名前に決定しました。(かちゅーんさん)
美結 美結(みゆ)ちゃん
妊娠6カ月に性別が分かったので、そこから名前を考え始めました。まず夫婦で話し合ったのは、漢字を見ただけで性別が分かるのがいいね。女の子なので、ママの漢字を使いたいね。と言うことでした。たくさんの候補が上がりましたが、なかなか決めきれず結局娘が生まれた時も無事に生まれました。名前はまだありません。と言う報告をしました。顔を見て、候補の中の1つ美結と言う名前に決まりました。意味は美はママからの漢字と、美しい心で美しい人生を歩んで欲しい。結は人と人との繋がりを大事にして欲しい。たくさんの縁を結んで欲しい。そんな思いを込めてつけました。(たむさん)
美結 美結(みゆ)ちゃん
待望の長女……。旦那とは中学の同級生でした。殆ど話したことも無く、高校、大学へ進み、そして社会人となりました。地元の集まりで会う機会が増えました。「素敵な人だなぁ」と思いながらも、彼には彼女が居たので進展は無く、5年が経ちました。あるとき、彼女と別れたという話を聞いて、思い切って食事に誘いました。それから、あれよあれよと進展し、お付き合いすることに♡後から知った話ですが、中学の3年間ずっと私を好きで居てくれていたとのこと。鈍感な私たちはすれ違いを繰り返し、10年越しにようやく結ばれました。その後、結婚し待望の赤ちゃんを妊娠しました。しかし、安定期に入ってからまさかの不正出血。切迫流産と診断されその日のうちに緊急入院に。トイレとシャワー以外は寝たきりの生活になりました。先生から、「今生まれたら助からない」と言われ、カレンダーを見つめ予定日までを数える毎日が始まりました。おなかの子どもに「偉い子だね。臨月になるまでおなかのいるんだよ。」と、その生命力を信じ話しかけ続けました。入院中、健診で女の子と分かり、旦那と決めた名前が「美結」。私たち夫婦が、10年間のすれ違いを経て、美しく結ばれてできた子。きっとご先祖さまたちも、多くの出逢いの中で美しく結ばれて来たのだと思います。また、生まれて来る我が子が、美しいご縁と時間、そして美しい運命を結んでいってくれますように。そして、何よりも、今このおなかにある命がしっかりと結ばれますように。との想いを込めて、名づけました。それから、臨月まで持ちこたえ、予定日より早く元気な女の子が生まれました!分娩室では、痛みよりも、頑張ってくれた我が子と周りの方への感謝の気持ちが溢れ、涙が止まりませんでした。沢山の方が支えてくれて生まれた我が子。生まれる前から沢山の美しい絆を結んでくれました。生まれて2週間。今は、私のおなかの上でぐっすりとお寝んねしています。この温かさを抱きしめることができ、本当に感謝です。(美結ママさん)
美優 美優(みゆ)ちゃん
誰にでも優しく、心の美しい子になってほしくて名づけました。(みゆママさん)
美結 美結(みゆう)ちゃん
読める漢字と呼びやすい名前をモットーに名前を考えていました。女の子なので、優しい音になる名前を選びました。外見だけではなく心も美しく、周りの人との結び(縁)を大切にできる子になって欲しいという意味を込めてつけました。家族での頭文字が同じ音にならないようにしましたが、みゆうの中にパパの「み」ママの「ゆ」が含まれていることを後々発見!予定日が送れて偶然2月14日に生まれてきてくれましたが、なんとその日は私たちの元々の記念日でもある、プロポーズ記念日でもありました。名前の意味にもあるようにすごく縁を感じていて、3人になってもさらに特別な記念日になりました。(みゆママさん)
深優 深優(みゆう)ちゃん
25歳のママと19歳のパパの元に芽生えた初めての命。まだまだちょっとしたことで口喧嘩をしちゃう二人だけど、大事な娘には優しくありたいと思っています。そして、二人ともまだまだ短い人生のなかでも、「優しさ」が素敵な人達に出会わせてくれることや、毎日を楽しくしてくれることを感じていて、娘にはそんな幸せな日々を過ごしてほしいと願っています。なので、娘に、ママとパパの「深」い「優」しさに満ちて育っていってね、という気持ち、娘には「深」い「優」しさを育てていってね、という気持ちを込めて名づけました。読みは、ママが最初、「みゆ」にしようとしたところ、パパが絶対に「みゆ“う”」と譲れないこだわりをみせたので、ちょっとだけ討論した後、ママが譲歩して「みゆう」になりました(笑)。(みゆたんママさん)
美結 美結(みゆう)ちゃん
ママとパパの名前を半分ずつとってみゆう。これが美結ちゃんの名前の由来です。ママとパパが結婚するよりもっと前から、子どもが出来たらみゆうだね〜なんて笑い話をしていました。いざ、子どもが出来てみると、もうみゆう以外がしっくりこなくて(^◇^;)そのままみゆうになりました。でも、この名前に決めた一番の理由は、ママとパパはいつでも何があってもあなたと一緒にいるよ ということを伝えたかったから。(あひるかぁさんさん)
望莉 望莉(みり)ちゃん
私たち夫婦は結婚してからすぐに子どもを望んでいましたが、なかなか授かることが出来ませんでした。そんな私たちの元に2年前に赤ちゃんが来てくれたのですが、その子はおなかの中で亡くなってしまいました。なかなか妊娠出来なかった私たちに妊娠出来るんだと希望の光をもたらしてくれたその子に「ひかり」という名前を名づけました。その後とても辛かったのですが、きっとまた妊娠出来ると諦めずに頑張っていたところ、妊娠し結婚8年目にしてようやく出産まで辿り着くことが出来ました。ずっとずっと待ち望んでいた赤ちゃんだったので、「望」という字を名前につけたかったのと、諦めずに出産まで辿りつけたのは天国の「ひかり」のお陰だと思うので、ひかりの「り」を一文字もらって「望莉(みり)」と名づけました。望莉という名前に決まってからみりの意味などを調べてみるとハワイ語で「最愛の」と言う意味があることを知りました。望莉が生まれた日は私たち夫婦がハワイで挙式をした日と同じ日だったので、この名前がハワイとも繋がっているとわかり運命を感じています。(Makaniさん)
夢葵 夢葵(むぎ)ちゃん
【夢】自分の夢に向かって真っ直ぐ進む芯の強い子になってほしい【葵】逞しく、人を尊い、信頼できる優しい子自分の信じた道を真っ直ぐ突き進む強さと向日葵のように優しく人を照らせるような柔らかさを兼ね揃えた人になって欲しいから、この名を付けました。(あもちさん)
愛依 愛依(めい)ちゃん
妊娠がわかった頃から、ずっと名前を何にするか悩んでいましたが、どれもなかなかしっくりきませんでした。実際に顔を見ないとイメージがわかないと思い、結局決めたのは出産後の入院中でした。名前はママとパパからの初めてのプレゼントになるので、娘が幸せになれるような、意味を知って嬉しくなるような名前にしたいと思っていました。実際の名づけは、パパが娘の顔を見て「メイ」が似合う!と言い(トトロのメイちゃんが好きだったのもあります笑)、私が画数などを考えて漢字を決めました。「愛依」の「愛」には、誰からも愛されるような、そしてたくさんの人を愛せるような子になってほしいという願いを、「依」には、周りの人を衣のように包み込める優しい子になってほしいという願いを込めました。読みと漢字をパパとママそれぞれが考えられたことで、お互いが納得いく形になって良かったなと思っています。これからどんどん成長していく娘が、私たちの願いのように、愛し愛される愛嬌のある優しい子に育ってくれることを信じています。(むっちゃんさん)
芽生 芽生(めい)ちゃん
芽生えると書いて「芽生 めい」という名前にしたのは、妊娠中の悪阻がひどく水も喉を通らない日々が続き週に一度病院に通い点滴をしたり、32週で切迫早産と診断を受けて旦那が長期出張で上の子を一人で見ていた私は実親に上の子を預け1カ月入院、ベッドから動けない生活を送り、37週4日で無事に2930gの元気な女の子を出産したもののそこから「膣癖血腫」になり大きな病院に救急車で緊急搬送され、全身麻酔、1600mlの出血で輸血、手術…と妊娠中から出産後まで命がけだったトツキトオカ。命がけで命が芽生えた、という意味を込めて…地面から強く芽が生える、どんな辛い事があっても大変な壁に突き当たっても芽のようにしぶとくどこでも生え、周りのみんなに愛され水を(愛を)与えてもらえる人間になって欲しい。そんな願いも込めて私達夫婦からの最初のプレゼント(名前)です。(芽生mamaさん)
愛惟 愛惟(めい)ちゃん
私が一番好きなアニメが「となりのトトロ」で、いつか5月に生まれたら、さつきかめいと名つけたいと思っていました。産後どちらかで迷っていると昨年亡くなった祖母が夢の中で「めいちゃん」と呼んでいる声を聞いて決めました。アニメのめいちゃんの様に、いつも笑顔で元気いっぱいに大きくなってほしいです。(けいりんさん)
芽衣 芽衣(めい)ちゃん
長男、長女、次男に恵まれ、長女の希望もあり、4人目の妊娠、流産を何度か繰り返し、10年ぶりの4人目の高齢自然妊娠、出産でした。子ども達の名前はすべてディズニーキャラクターから考えていたため、候補はいくつかありましたが、シェリーメイから芽衣と名づけました。ちなみに、飼育しているわんちゃん、ねこちゃんもディズニーキャラクターから名づけました。(ベリーママさん)
芽郁 芽郁(めい)ちゃん
妊娠中に自分や主人と2歳の娘でトトロをみながら妹が生まれたらめいみたいな明るい子が良いなぁやちょうど5月出産予定だから英語にするとMayになるしもうめいしかないかなぁなど話し合って決めました。漢字は苗字と画数の良いことや生き生きしていて元気なイメージで選びました。出産してめいって顔じゃなかったらどうしようかなどと思いましたが産声あげて顔をみた瞬間にこれしかないとピンときました。もう少し大きくなったら、サツキとメイの家に遊びに行こうね〜など今から計画中です(笑)。(メイママさん)
芽生 芽生(めい)ちゃん
パパとママが交際を始めたのと、結婚式を挙げたのが5月で、英語で5月はメイなので、そこから名づけました。親しみを持って呼びやすく、また3月うまれということで、春らしい名前にしました。(しろくまさん)
芽愛 芽愛(めい)ちゃん
5月生まれの予定だったのと私の名前が2文字なので 妊娠中に女の子とわかったときに主人と冗談ぽく めい かな笑と話していて おなかに声かけたりしているうちに愛着がわいてきて めい にしました。漢字は私と主人の地元が愛媛県で 今は愛知県に住んでいるので 愛媛と愛知の共通の愛を入れました。5月の新芽のようにすくすく育って 周りに愛されて周りを愛してあげれる子になってほしいです。(めいさんのママさん)
芽依 芽依(めい)ちゃん
パパと言い合いして考えよったら息子がこっちこっちがいいって言って紙の方みたら芽依って文字を指さしていて決めたあと顔と名前があっていたし画数と名前の由来がとても良かった!(トマトママさん)
芽彩 芽彩(めい)ちゃん
最後の最後までパパと話合って決まっていた漢字をしっかり意味のある名前にしよう!となっていつも仕事で遅いパパと夜中に携帯で調べながら1文字ずつ漢字をあげて意味を調べてやっと決まった名前です。芽彩「たくさんの芽を咲かせて彩やかな人生をおくってほしい」の意味を込めて。色んなことに挑戦して1度の人生をたくさん楽しく過ごしてくれますように…。(めいちゃんままさん)
芽生 芽生(めい)ちゃん
双子の女の子で、「めい」と「はな」と名づけました。一見、繋がりがないように見えますが、実は芽と花の植物繋がりです。私が美樹「みき」という名前なので木にも繋がっています。芽生えると書いて芽生「めい」と読みます。私のおなかの中で芽生えた命。1855gで小さく生まれたけど、小さな芽もすくすくと大きく生きていけますように。可能性がたくさん芽生えますように。という願いを込めて。(はなめいママさん)
芽依 芽依(めい)ちゃん
妊娠7カ月の時。まだ性別も確定をもらえてない時に写真屋さんでお宮参りの写真を撮ってもらってる夢を見ました。その時夢の中で見た赤ちゃんは女の子で命名書に書かれていた名前が芽依と書いてありました。あまりにも具体的な夢だった為、起きて主人にその話をし、名づけサイトで画数などを調べたら比較的良く、女の子だったら芽依にしよう!となりました。その後の検診で女の子と判明したので芽依と名づけました実際生まれてきてお宮参りの写真を撮りに行きましたが、夢の中で見た光景そのままで、顔つきも夢の中でみた顔そのまま!驚きました!実はお兄ちゃんの時も芽依と全く同じ夢をみて名前を決めました。笑2人して名前を自分から主張してくれたので名づけには困らず助かりました。しかし、お兄ちゃんは夢で見たときは髪の毛ふさふさの赤ちゃんだったのに実際は髪の毛が薄くて残念でした。(ぽっぽさん)
芽依 芽依(めい)ちゃん
妊娠中、大量出血を繰り返していました。出血をするたびにもうダメかもしれないと弱気になる日々。同じ時期にお義母さんが亡くなったこともあり、色んなことが不安になっていました。それでもエコーでは母の心配をよそに元気に動き回る赤ちゃん。まるで小さな“芽”が雨風に負けずに頑張ってるみたいだなと。お義母さんを亡くしたけど、この子が新たに生まれる。“芽生える”という言葉がピッタリだと思いました。小さな芽のような存在にも優しくより添って生きて欲しいという思いを込めて芽依と名づけました。(なーちゃんさん)
明花 明花(めいか)ちゃん
画数、姓名判断等で悩んで悩んでました。でも、気に入る呼び名、漢字が当てはまらず…。結局初心に戻ってどんな子になってほしいかを考えました。単純ですが、明るくて皆に愛されるかわいらしい子になってほしいなと思いました。私の名前がいつも読み間違えられる為、あまり間違えられないようにしたいと考ました。シンプルな漢字ですが、呼び方も気に入ってます!(ねこママさん)
明彩 明彩(めいさ)ちゃん
まだこの子が出来る前に私が夢を見ました。その時に見たのがこの明彩という名前と由来でした。明るい笑顔で周りを元気にし、彩のある人生になりますように。それから妊娠がわかり、性別も女の子だとわかったとき、これは運命なんだと感じました。(ちゃんみゆさん)
萌生咲 萌生咲(めいさ)ちゃん
萌ばえて。生きて。咲く。ちょうど緑の綺麗な5月に生まれた娘。春の草花が萌ばえる様に生き生きと成長して欲しい。娘もそんな美しい草花のような素敵な人生の花を咲かせて欲しいと思い、付けました。(めいちゃんママさん)
芽愛 芽愛(めいな)ちゃん
私が【愛】を名前に入れたくて、旦那は【めい】と呼びたかったらしく、二人で相談しあった結果名前は【芽愛】になりました。芽のように健康ですくすく育ち、皆から愛される子になりますようにと願いを込めてつけました。(meimamaさん)
芽衣菜 芽衣菜(めいな)ちゃん
夫婦でいろいろと候補を出し合う中、“菜”という漢字が一致して、やわらかい印象の名前にしようと決めました。また、辛い不妊治療を経て5月に妊娠が発覚したので、2人にとって嬉しい意味のある“めい”を前につけて“めいな”にしました。「寒い冬の日に芽生えるような強い心をまとって、菜の花のように可愛らしくすくすくと育って欲しい」という想いを込めてつけました。(メィママさん)
椛彩 椛彩(もあ)ちゃん
椛は美しい人生、彩はいろどりの意味があり、産み分けまでして3人目にして初めての女の子を授かれたので、女性として後悔のない美しい彩りある人生になって欲しいという意味を込めてつけました。(さっチャマさん)
百萌歌 百萌歌(ももか)ちゃん
主人は「や」で終わり私は「か」で終わる名前。長女は「か」長男は「や」で終わる名前を名づけました。離ればなれになることがあっても繋がっているよ、の意味をこめて。そして1月に生まれた次女にも「か」で終わる名前の候補を沢山だし、豊かな感性を沢山伸ばしてね、の意味を持った漢字を使い「百萌歌」と名づけました。(ぱんだママさん)
桃嘉 桃嘉(ももか)ちゃん
ママの名前が幸子。3歳になるお兄ちゃんの名前が祥太朗。幸の字にも祥の字にも「さいわい」の意味があり、二人目にもその意味を込めたいということでいろいろな字を調べていたところ、パパが「嘉祥(かしょう・めでたいしるしの意味)」という言葉を見つけました。嘉の字には「さいわい」の意味もあり、何より兄妹二人の名前の字から意味をなす言葉があるのは素敵だということで、邪気を払う縁起の良い植物として知られる桃の字と合わせて桃嘉になりました。この子たちにはお兄ちゃんと妹で仲良く協力し合い、幸せに満ちあふれた人生を送って欲しいものです。(ゆきこさん)
杏果 杏果(ももか)ちゃん
女の子の名前だから、お前に任せると主人に言われ、音の響きや漢字の意味、画数を徹底的に調べて、少しでもいい運勢になるようにしていました。なかなかしっくりくる名前がなく、私が提案した名前は主人に全て却下されていました。最終的に、ももと呼びたいという主人の意見を取り入れ、美しく、人の役に立つ人になって欲しい。実りの多い人生を歩んで欲しい。という願いを込めて、杏果と名づけました。(ももママさん)
桃萌佳 桃萌佳(ももか)ちゃん
皆さんみたいにステキなエピソードではないのですが…1月生まれなんですが桃萌佳になったのは、おなかの中にいる時、つわりが酷く病院通いだったので、名前を呼んで乗り越えようと胎児ネームを考えたんです。その頃ちょうど、桃がピークで、しか食べれんくらい桃を食べてました。それでももはつけようと、萌の文字も好きで、3文字にはしたいので、賢そうな佳で、しまりをつけました。生まれてからは、桃みたいに白く、ほっぺが桃みたいで、桃をつけるべき子だったんだなと思いました。(あきっこさん)
桃花 桃花(ももか)ちゃん
予定日が3月でしたので、生まれる前から春らしい名前がいいと思っていました。ももちゃんって呼べる名前だと可愛いなと話していて、字画など調べていました。可愛らしいイメージで元気に健やかにという思いを込めて桃という漢字を使い、華やかで美しい可憐な人になるように思いを込めて花という漢字で桃花にしました。名前決めてからはパパも私もおなかの中にいる桃花に毎日話しかけて、生まれてくるのを楽しみにしていました。(桃ちゃんママさん)
百那 百那(ももな)ちゃん
初めは、ゼクシィベビーの名づけブックを見て、その中から選ぼうと探していましたが、何回見ても、夫婦共に納得のいく名前に出会えず…(もう生まれた時のお顔を見てインスピレーションされた名前にしようか)とちょつと諦めていたときに、「旦那さんと結婚しようと思った理由は?」と父に聞かれ、「毎日たくさん愛情表現をしてくれるところ」と答えたら、「お前は愛基準でその人を選んだって事やねんな。それやったら、その基準で名前も考えてみ。」と言われ、(愛基準かぁ…旦那は私の事めっちゃ好きでいてくれてる。私も旦那めっちゃ好き。その二人の子どもやから、お互いの名前の頭文字取りたいなぁ。)ということで、良名検索アプリで、主人の名前【もとき】と私の名前【なつみ】から【もな】で検索した結果、最も良かった名前が【ももな】でした。主人に「赤ちゃんの名前、ももなってどう?」って聞いたところ、それを選んだ理由は言っていなかったのに、「その名前めっちゃいいやん!」と即決まりました♪(なつみ0924さん)
桃羽 桃羽(ももは)ちゃん
名前を考える時、ももクロが好きな旦那が「ももクロみたいに元気いっぱいな子になって欲しい」ってとこから「ももちゃん」とおなかの中にいた時に既に呼んでいました。その頃、ももクロの緑の子が卒業という発表。その子の名前も「ももか」だったことから「もも」が入った名前を名づけることは確実に決定。だけど、名前をそのままパクる訳には行かないということで画数が当てはまりそうな字を考えていたところ「ももは!」と旦那が。名前が降ってきたそうです。後にも先にもこれ以上いい名前が思い浮かばず「ももは」に決定!そして、女性を象徴する字であることや古代では桃の花が何よりも美しかったとされていたことから「桃」とふんわりと優しいイメージ、羽ばたいて行けますように(独り立ちができますように)と「羽」という字を選び「桃羽(ももは)」となりました。(はるなっぱさん)

歴代の赤ちゃんの名づけエピソード大賞  

歴代の赤ちゃんの名前ランキング  

おすすめサービス

2018/12/11


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。