2018年 今年生まれた赤ちゃんの名づけエピソードわ行(女の子)

0
杷香 杷香(わか)ちゃん
一番上が3月生まれのため桃の花と名前に入れています。次が9月で名前に梨の字を入れました。3番目の出産で、5月生まれとなりました。上二人にその月の果物の字を入れていたため次もと考えました。しかし、5月はなかなか旬の果物がありませんでした。調べてもパイナップルやメロンなどカタカナの果物ばかりで、漢字で読めるものは枇杷しか出てきませんでした。一番上の子が自分の名前に『か』が着くため一緒がいいと言っており、それを採用。女の子ですが画数等も考えこの字となりました。(くまさんさん)
和花 和花(わか)ちゃん
上から5歳、3歳、2歳、0歳の子どもがいます。毎日、バタバタ生活をしているので、四番目の子どもには、「ただ、その場に居てくれるだけで、お花を見た時の、あの癒される感情が芽生え、周りに居る人を癒し和ませてくれる存在になってくれれば嬉しい。」という願いを込めて。あなたが生まれたことによって、ウチの家族がより1つの和になれば良いなぁと思い。(あたまむしさん)
和花 和花(わか)ちゃん
はじめは、『人との結びつきを大事にする人』になってほしいという思いから“結”の字を使いたかったのですが、とても人気の字で同じ名前の子が多そうだったので、『人の和をつくる・大事にする』という意味で“和”に。また、好奇心をもって多くのことに挑戦してほしいという思いから、色とりどりの“花”を選びました。せっかく付けた名前だから、短縮して呼ばれない名前がいい!というパパの思いもあり、短い読みの名前にしました。呼びやすく、かわいくて気に入っています!(わかママさん)
和香奈 和香奈(わかな)ちゃん
第一子で夫婦2人ではなかなか決められなかったので母に相談したところ、平和の「和」を入れてはどうかと提案されました。ちょうど妊娠する少し前に曽祖母が他界し、母にとって一番大好きなおばあちゃんで名前は和歌枝と書いて「わかえ」でした。母が生まれた時、曽祖母は48才で、和香奈が生まれた時、私の母も48才。曽祖母も母も和香奈も戌年。曽祖母の生まれ変わりなのか、何か感慨深いものがあり、似た名前に、したいなと思いました。母の気持ちを大切にしたいと思いました。私の名前に「香」と言う文字があるので「歌」ではなく「香」にし、最後の文字だけ夫婦で可愛らしいという意味を持つ「奈」にしました。私にとっても大切な存在だった曽祖母。人を大切にし、面倒見の良い人でした。和香奈にもそんな素敵な女性になって欲しくて名づけました。(わかぴママさん)
わかな わかな(わかな)ちゃん
女の子は優しい感じがするひらがなにしたいと考えていました。わ…笑って、か…感謝して、な…和やかな人生を送ってほしいという願いを込めて名づけました。(まるこさん)
和香奈 和香奈(わかな)ちゃん
初めは、旦那と私の名前から1文字ずつとって和香にしようとしてました。だか、画数や運勢が良くなくて『奈』をつけました♡友達とかに『いい名前だね』って言われるのが嬉しいです。(和香奈ママさん)
若葉 若葉(わかば)ちゃん
旦那とお付き合いして10年、結婚して2年、何も変わらないまま生活をしていました。そろそろ子どもも考えなければと思ってる時に、妊娠が分かり2人で大喜びしたのを今でも覚えています。予定日が、まさかの旦那の誕生日、そして2人の結婚記念日でした。それにも驚きました!そして娘も予定通りに生まれて来てくれ、その日はめでたい事続きでした!春生まれと言う事もありますが、旦那と私も初めての育児と言う事もあり、若い葉っぱのように娘と一緒に大きく、たくましく成長していこうと思い若葉と名づけました。これからの娘の成長はもちろんですが私達の成長も楽しみです。(若葉ままさん)
和鼓 和鼓(わこ)ちゃん
キラキラネームでは無く、かと言って古ぼけた名前も嫌だなと夫と話して決めました。両親ともに日本の伝統工芸、民芸が好きなので、彼女にもいつかこの良さが分かって欲しいなと思い「和」。大地や自然の鼓動を身体で感じる感性を養って欲しいから「鼓」。和鼓と名づけました。(わこわこさん)
琶子 琶子(わこ)ちゃん
結婚する前から、女の子の名前は二文字で子の漢字を使うと決めていました。私の生まれ育った場所であり、主人と出会った場所でもある滋賀県の、琵琶湖から一字を頂いて、琶子と名づけました。妊娠前から考えていた名前で、妊娠6カ月頃からは呼び掛けていました。予定日は6月29日。二人目の出産ということもあり、早めに生まれて来るだろうと思っていました。産後の里帰りの予定なども6月の出産に合わせて考えており、20日を過ぎた辺りからはまだ生まれないのかなと焦っていました。陣痛が来やすいというツボを押したり、ハーブティを飲んだり、焼き肉を食べる等の様々なジンクスを試してみたり。それでもなかなか陣痛が来ず、遂には予定日を過ぎてしまいました。もういいかと運動やジンクスをしなかった6月30日が終わり、7月1日の早朝、陣痛が。そして無事にその日の午後に出産。7月になるのを待っていたのかというタイミング。ふと今日はなんの日かな?と調べてみました。すると、なんと、7月1日は琵琶湖の日。そうか、この日を待っていたのか。何をしても生まれなかったはずだなぁ。となんだか納得してしまいました。(鴨ママさん)

歴代の赤ちゃんの名づけエピソード大賞  

歴代の赤ちゃんの名前ランキング  

おすすめサービス

2018/12/11


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。