2019年 今年生まれた赤ちゃんの名づけエピソード:ら行(男の子)

 

 

 

「ら」ではじまる名前

來 來(らい)くん
ライオンの様に強い子になって欲しい。崖から落とされても自力で這い上がれる立派な強い男の子になるように。(らいたんママさん)
來駕 來駕(らいが)くん
強そうな名前がいいと旦那の希望で濁点を入れて、私はら行の音が好きなのでらいがにしました。(らいがmamaさん)
雷雅 雷雅(らいが)くん
古くもなくキラキラでもない名前が良くてパパの名前が風雅(ふうが)でパパにちなんだ名前を考えていてテレビで雷門が出て風神雷神を思いついてこの名前にしました!妊娠6カ月の時に男の子とわかっていたため、2人して雷雅という名前がしっくりきて生まれるずっと前から決めてました!ちなみに次男は氷雅です。風神雷神の間に龍の水神がいる事から水雅(ひょうが)にしようかと思ったけどしっくり来なかったので水より強そうな氷にしました!(怪獣ままさん)
來空 來空(らいく)くん
沖縄旅行の際に、生まれてくる子どもにどこまでも広がる空のように、大きく羽ばたいてほしいと來という漢字を使うことを決めました。また、第四子なのですが、アルファベットにしたら、なんと上3人の名前が一文字ずつ入っている事に気が付き、偶然も重なり、この名前を付けました。(えーたんさん)
来晴 来晴(らいせい)くん
色んな名前の候補があったのですが、上のお姉ちゃんに赤ちゃんの名前何がいい?と聞くと、初めからずっと「らい君!」の一点張りでした。やはり実のお姉ちゃんに歓迎され愛される名前がいいなぁと思い、未来が晴れ渡るように、という願いを込めて来晴という名前に決めました。(みゅーたんとさん)
耀士 耀士(らいと)くん
(耀)これからの未来が耀くよう、(士)武士のように逞しく育つよう。パパママがファンの阪神タイガース矢野燿大監督の燿と似た漢字をいただきました。来年には、3人で一緒に甲子園へ観戦に行けるといいな。亡きおじいちゃんがパパの名前を一生懸命考えてくれたように、パパも耀士の名前を一生懸命考えてくれました。(らいらいさん)
樂 樂(らく)くん
パパの家系が、男の子は漢字一文字の名前なので、一文字の漢字で探していました。お姉ちゃんもお兄ちゃんも、名前に木とい文字が入っているので、一文字で木入っている・・・縛りが多い中、「楽」画数がイマイチで旧字の「樂」になりました。lack=幸運の意味も含めて、ラッキーな人生になりますように。(ラックんママさん)

 

 

 

「り」ではじまる名前

理将 理将(りお)くん
「理 」かしこく 、「将 」たくましく。「将」は、パパのような人になり生きていって欲しいという意味も込め名前から1文字とりました!(りおままさん)
莉生 莉生(りお)くん
私たち夫婦は性別がわかる前から夫の名前から1字とった、男の子でも女の子でも大丈夫そうな名前をつけようと決めていました。決まった名前は「莉生」。みんなから愛されるように、周りの人に癒しを与えられるようにという思いで名前をつけました。
 
名前が決まった日から毎日毎日おなかに名前を呼びかけ生まれてくるのを楽しみにしていました。生まれた日は平成でしたが、出生届を提出した日は令和初日。いい記念になったじゃないと夫とも話していました。その後、保険証作成のため夫が住民票を取得すると、なんとそこには「性別 女」の字が!!うちは男の子なんですけどーー!すぐに市役所へ連絡し、男の子へ変更できましたが、その後性別の違う2枚のマイナンバーカードが届くこととなりました。成人するまで気づかない方もいると聞き、心の底から気づいてよかったと思ってます……。皆様もお気をつけください(笑)。(りおくんママさん)
里想羽 里想羽(りおう)くん
私たちが地元にたくさんの友だち、家族、親戚に恵まれ、生まれも育ちも新しい生活も多くの地元の人たちに支えてもらっている幸せな環境にあることから、この子のふるさととして、ずっと見守り想いをはせていること、本人も、いつでも帰る場所、人があることを心に想い、自分の選んだ道に自信を持って羽ばたいていくようこの名をつけました。(おいしいみかんさん)
流渚斗 流渚斗(りおと)くん
名前を決めるまで夫婦でお互いのこだわりは、さておきネットや本も参考にしながら50個ぐらいはあげました!とにかく、健康で何事もなく幸せな人生を歩んでほしいに尽きるのですが、私達の子どもには、海のように広い心で強くたくましく、みんなに愛し愛される子になるように!人生において強い波や優しい波のような事があっても乗り越えられる強い人に育ってほしい、芯をしっかり持った人に育ってほしい、何でも楽しめる人であってほしいと願いを込めました!私達、夫婦のこだわりというと、まず旦那は再婚で既に二人の子どもがいまして二人共、最後に【と】がつくので、とをつけたい、また、私は二人で2回目に行った旅行が沖縄ので琉球の琉がかっこいいなと思って、もし結婚したとして子どもができたら、この漢字をつけたいと話した思い出もありました。結局、字画的につけるのは難しかったのですが名前の最初にRがつく名前にだけはしたいと思っていました。二人の共通のこだわりは夏や海が大好きなのでイメージに近づけられる名前にしたいというものがありました!どこの家庭もそうだと思いますが名前を考えるのは、そう簡単に決められなく良いなと思っても友達や子どもと名前がかぶってしまったりして、また1から考え直すを繰り返して予定日近くになっても決められず出産した日にネットで調べて海のイメージのある漢字を探しまくり三つにしぼりました!やっとやっと、これだ!!!っとこれしかない!!!と納得できる名前にたどりつき予定日から2週間後に生まれてきた壮絶な出産で、この世に生まれる為に何より頑張ってくれた息子に見合う、かっこいい名前をつけることができました!密かに私が加えて願っていることは、元気で明るくてひとに恵まれ沢山、仲間がいて周りを大切にできる旦那のような人になってほしいと願いも込めて!スクスク育ってね!!!(チーマムさん)
力 力(りき)くん
おなかにいた時に小さめと言われ、しかも予定日より20日早く破水してしまい、生まれてくれた後も体が弱かったら、、と不安な日々。強くたくましい子になって欲しいと願いを込めて「力」と名づけました。今は4カ月。オッパイ大好きっ子に育ち7.5キロと標準より大きくなりました。とても4カ月とは思えないくらいの太ももの太さで、力強くキックしています。元気に育ってくれて感謝の日々です。(リッキーさん)
俐希、俐杜 俐希(りきくん)、俐杜(りと)くん
上の子が「り」から始まる名前なので、「り」を頭に考えました。生まれ年から、神の土の山を連想し、希(のぞみ)が杜(もり)のように育ち、生い茂るようにと願いをこめました。双子だったので、それぞれ一文字ずつ、つけさせてもらいました。(グラフマスターさん)
凌久 凌久(りく)くん
どんな困難も堪え忍び、乗り越えてほしいという思いから、「凌」という字を使いました。二文字のほうが呼びやすいだろうということで「りく」となりました。(りーママさん)
龍來 龍來(りく)くん
第3子の男の子。上は男女の双子で幸愛(ゆあ)と來幸(らいき)と名づけてます。両方とも愛と幸せが來る(くる)人生になりますようにと名づけました。龍來はお兄ちゃんの1文字をもらいました。「目標を次々となしとげる強さを持ち、幸せが來る(くる)人生になりますように♡」という想いをこめ名づけました。両方とも旧漢字です。(あすんさん)
利來 利來(りく)くん
妊娠7カ月頃まで女の子と言われ、女の子が欲しかった主人も私もウキウキでたくさん名前の候補を出しほぼ決定までいっていました。しかし、エコーで性別判断出来るギリギリで男の子と分かり女の子フィーバーだった私達は消沈。結局、そのまま臨月に…破水をして入院している時に私が「名前考えてないね…どうしよう…」と言ったら「もちろんちゃんと考えてるよ。」と言ってくれて陣痛が徐々にひどくなって辛かったのがその言葉を聞いて和らぎました!名前の由来は、利発で利益や勝利が来(來)る子になりますように。主人が株をやっているため、「将来子どもも株をやったら由来にあやかって株の利益が出ると嬉しいな(^^)ついでに、親の自分もあやかれたりしないなやー」なんて冗談混じりで言っていました。(りくどんママさん)
睦 睦(りく)くん
夫も私も名前はら行なので、二人の子はら行から名前を付けようかと思いました。(るるさん)
凜久 凜久(りく)くん
たくさん出した候補すべて姓名判断で凶がでるという、名づけのセンス0さにふたりで驚く日々でしたが笑、やっとしっくりくる名前を見つけ調べると初めて良い結果になったのがこの凜久という名前でした。(まなさん)
凌玖 凌玖(りく)くん
りく。という響きの名前にしたいと旦那が一生懸命感じを考えてました。時には、りくとになり、決まりそう!って報告してたのに、結局凌玖になり。友人から名前入りの物をいただいた時の名前が、確定する前の名前で、表記がりくと…。ごめん。と心から思いました。名前は確実に決まってから他の人に話すべきですね。(ちんさんさん)
龍來 龍來(りく)くん
強くて躍動感があり、目標を達成できる人になってほしい。明るく輝く未来が訪れますように。という想いで名づけました。そして漢字それぞれにもう1つ理由があり龍の字は、パパから一文字もらいました。家族が中日ドラゴンズファンでもあるからです。來の字は、職業が木を扱っています。なので、木に人が寄り添ってみえるねってわたしの母が言ったのもきっかけでお仕事にもいい流れが来てくれたらいいなっていう思いで名づけました。(龍來ママさん)
陸 陸(りく)くん
漢字一文字で読みやすく呼びやすい名前から。(こうさん)
陸杜 陸杜(りくと)くん
名字が自然に関する文字が入っているので名前も自然に関係する文字を使いたかった。陸のように大きく支え合って生きて欲しい。杜のように清く実りのある人生になって欲しいという意味を込めて名づけました。(ゆあさん)
陸斗 陸斗(りくと)くん
広大な大地のように心の広い子になってほしいという思いを込めて名づけました。またお兄ちゃんと名前も兄弟感があったらいいなと思い『○○と』で揃えました。(りっくんママさん)
莉玖斗 莉玖斗(りくと)くん
莉…お姉ちゃんの字から、玖…玖という字のイメージの芯の強さ、斗…お兄ちゃんの字から姉兄の字から一字ずつ芯のある子に育って欲しい(momさん)
睦士 睦士(りくと)くん
人との仲を大事にする睦まじさをもちながら、武士のような志しを持つ立派な人に育って欲しいとの願いを込めて(まゆママさん)
莉玖斗 莉玖斗(りくと)くん
予定日より二週間早く、予定では女の子の予定でした。出産時は、分娩室が生まれる前にバタバタ。異変を感じたと思ったら、私のおなかの上には小児科の男の子先生が馬乗り。臍のうが首に巻き付いていたため一刻を争っていました。出てきたら、産声をあげず、あれ?と心配しましたが、その後病院のスタッフさんのおかげで、元気な産声をあげた男の子でした。そのため名前は急いで考えました。当日は快晴だったため、人の心を和ませる心の温かい人、ママの実家から見えるきれいな星空のように広い心の持ち主、そして生まれてくる時苦しかったけど、頑張って生まれてきてくれてありがとうから芯の強さを兼ね備えた人にすくすく育ってほしいとの願いから莉玖斗にしました。(ペックルママさん)
理斗 理斗(りつ)くん
理…知性豊かで理性があり、理解力に優れ、義理人情を重んじる人になれるよう願いを込めて。物事の道理を理解し、道筋を立てて考えることができる人に。斗…星空のように壮大で、広い心を持つ人になることを願って。想いとしては…人の気持ちを理解出来、生涯に渡って打ち込めるものを見つけ、色々な事や人に興味を持てる視野の広い子に育ってほしいと思いを込めて「理斗」と命名しました。(りっくんママさん)
理斗 理斗(りつ)くん
「理」は知性豊かで理性があり、理解力に優れ、義理人情を重んじる人になれるよう願いを込めて。物事の道理を理解し、道筋を立てて考えることができる人に。「斗」は星空のように壮大で、広い心を持つ人になることを願って。想いとしては、人の気持ちを理解出来、生涯に渡って打ち込めるものを見つけ、色々な事や人に興味を持てる視野の広い子に育ってほしいと願い名前をつけました。色々な人と出会いたくさんの経験をしてすくすく元気に大きくなってほしいです。(りっくんママさん)
律 律(りつ)くん
私たちにとってはじめての子どもです。悩みに悩み、シンプルに「律」と名づけました。周りの人から呼んでもらいやすい名前で、響きが綺麗だとおもったのが1番の理由です。あとは私が音楽好きで音楽に関係する名前をつけたかったのでメロディー(旋律)で律。主人がサッカー好きで、堂安律選手のお名前と同じ律にしました。単純な理由ですが、夫婦の好きがつまった名前をこの子への最初のプレゼントにでき幸せです。(りつママさん)
律月 律月(りつ)くん
主人もわたしも、音楽がとても好きで聴いたりバンド活動をしたりしてきました。音楽にちなんだ名前をつけたいと考えていましたが悩みすぎてしまいぎりぎりまで決めることが出来ませんでした。旋律の律という字と、画数が良い月という字を組み合わせることしました。自分を律して正しいと思える行動をする、月の光のように優しい人になれるように、という意味を込めていて主人も私も大満足の名づけをすることが出来ました。(りつくんママさん)
律稀 律稀(りつき)くん
みんなに覚えてもらいやすく、呼びやすい名前をつけようと思い、いくつか候補にあげた中でつけたいなと思った名前が「律」名字との字画、将来もし海外に出た際もRickyと呼びやすく覚えやすいよう「律稀」と名づけた。名前に親の願いは込めてないので、自分らしく自由に伸び伸び育って欲しい。(りっきー母ちゃんさん)
理月 理月(りつき)くん
とにかく悩みました(笑)。男の子なので苗字が変わらないと思い運勢や画数を重視しました。 が、アプリによって運勢が違ったりするので余計に悩みました! ある程度アプリで候補を絞って赤ちゃんの顔を見て決めました!人を思いやる優しい気持ちを持ち幸せな人生になるようにと名づけました。(りつきままさん)
律希 律希(りつき)くん
私は朝ドラの「半分、青い」の佐藤健さん役の律がいいと思っていて、旦那はサッカー選手の堂安律さんが好きで律がいいと思っていたそうです。趣味とか性格も合わない私達ですが、初めて意見が合ってすぐ律にしようと思いました!でも画数診断をしたらあまり名字と相性が良くないため、家族で話し合った結果、「き」を付けたらいいんじゃないかとなり、「輝」は名字との画数が多いため「希」を付けて、「律希」になりました。(りっちゃんママさん)
律希 律希(りつき)くん
自律した心の優しい子に育って欲しいという思いから律希と名づけました。初めての出産で必死になって我が子を産んだ時、助産師さんが「生まれましたー!」と我が子を抱き上げて見せてくれた瞬間なんと私にアーチを描くようにおしっこをかけてきて、現場が大爆笑でした。私は出産の痛みなんか忘れて、主人とスタッフさんたちとおなかを抱えて笑ってしまいました。この時この子はどんな状況でも人を笑顔にしてくれる子だと、ひしひしと感じました。そして、律希の名前の最初と最後、り・きの母音が「い」なので、りつきと呼んでくれたときに自然と口角が上がってどんな時でもみんなを笑顔にできる名前で、この子にぴったりの名前だと主人と確信しました。いくつか候補はありましたが、満場一致で「律希」に決まりました。(ぷーたんさん)
律稀 律稀(りつき)くん
わたしが友達とあだ名で呼び合うのがすごく嬉しかったし、そのおかげでもっと仲良くなった気がするのであだ名がつけやすい名前がいいなと思っていて、でもまわりにはあまりいない呼ばれてすぐ自分だとわかる名前がいいなと思っていました。それでわたしが考えてたのが『りつき』です。名前は2人で付けたかったので漢字は旦那さんが考えてくれました。一番はじめの子どもなのでこれから生まれてくる兄弟の道筋になるように『律』を、私たちで類稀な才能を見つけて伸ばしていけるように『稀』をつけてくれました。夫婦揃ってすごくお気に入りの名前です。今ではみんなから『りつ』や『りつくん』や『りっくん』というあだ名を付けてくれて呼ばれてます!名前を紹介したり書いたりすると、かっこいい名前だねとよく言われるのでとても嬉しいです!(かりさん)
律人 律人(りつと)くん
子どもを授かった時、父が他界しました。父は規律正しい人間になりなさい。と常々私に言って下さいました。私は小さい頃から少しやんちゃで、その言葉通りには歩んできませんでした。今は、規律正しくすることの大切さをとても実感しております。ですので、父からの言葉を頂き、律人(りつと)という名前をつけました。明るく、規律正しい人間に育って欲しいと願っております。(りつパパさん)
陸斗 陸斗(りと)くん
父は優しくまっすぐたくましい人で、女家系に念願の男の子が生まれるということで一番喜んでくれた。父の名前の1文字の「斗」をもらって、大地の陸の上にしっかりと足をつけて、苦しい思いもしないように未来へ成長してほしいと、読みは「りくと」ではなく、「りと」と名づけました。(りささん)
利斗 利斗(りと)くん
利→聡明で活発、気配り上手な人になってほしい  斗→星空のように壮大で、広い心を持つ人になってほしい  お兄ちゃんの名前が壱斗で男の子だったら(斗)をつけてあげたいなぁと思っていました。何個かある候補の中からお兄ちゃんに「どれがいい?」と聞くと「りとー」と1番に答えてくれたので決定しました。お兄ちゃんと仲良く大きく育ってもらいたいです!(えりかママさん)
凌一 凌一(りひと)くん
自分で道を切り開いて強く歩んでいけるように名づけました。(なるなるさん)
琉雅 琉雅(りゅうが)くん
上の子にも「琉」の字を使っていたので、下の子にも使いたいと思って悩んでいました。上の子が生後3カ月の、お食い初め前日に父が亡くなってしまい、待望の孫と遊ぶ間もなく…だったので、下の子には父から一文字もらいました。上品、優美という意味のある字だし、男の子らしい響きで気に入っています。(琉加さん)
琉雅 琉雅(りゅうが)くん
上の子にも「琉」の字を使っていたので、下の子にも使いたいと思って悩んでいました。上の子が生後3カ月の、お食い初め前日に父が亡くなってしまい、待望の孫と遊ぶ間もなく…だったので、下の子には父から一文字もらいました。下の子が生まれるまでに2度の流産をしてしまい、高齢出産なのでくじけそうでした。やっと生まれてくれた息子には、上品、優美と意味のある字で、父のように真面目で人から好かれ、頼り甲斐のある人になりますように…と願いを込めて。(琉加さん)
隆生 隆生(りゅうせい)くん
みんなで盛り上がって生きていこうと願いをこめて。(まちゃこさん)
颯星 颯星(りゅうせい)くん
なかなか生まれる直前まで決まらなくて、星という漢字を使いたく、6月生まれで夏生まれなので沢山調べたなかで、颯という漢字が出てきて一目みてカッコいいかなと思い付けました。読みははやて、ふうと読めますが、りゅうと読めるのはなかなかいないかなと思い、被らないようにと、付けました!(かなみさん)
颯星 颯星(りゅうせい)くん
颯は凛々しく、しっかり自分の足で立てるように男の子だから強く育ってほしく将来、旦那さんと同じ自営業をして欲しいこともありこちらを付けました。星はキラキラ輝いてしっかりと主張出来るようにと、願いを込めて付けました。旦那さんの社名にも颯を使っています。もし、子どもが自営業をする時が来たら、そのまま社名を使ってもらいたいです。生まれる直前まで決まらなかったですが思いを込めて夫婦2人で決めました!(さ かなみさん)
龍大 龍大(りゅうだい)くん
生まれてくる前から男の子だったら名前に「龍」をつけたいと夫が言ってました。「龍」のように強く大きく元気に育って欲しいと想いを込めて「龍大」と名づけました。(りゅうmamaさん)
龍都 龍都(りゅうと)くん
名前は妊娠発覚後すぐに決まりました。旦那が「龍」という漢字をつけたかったこと、私が「〇と」と呼びたかったことでお互いの意見を合わせてつけました。漢字はそのあと考えて「龍都」と決めました。「龍」は龍神という漢字もあるように、守る、見守るというような意味があります。「都」は人が集まる、好かれるという意味があります。 また、京都に生まれた子どもで地元を好きになってほしいなと思いました。「龍都」という名前は、人に恵まれ、集団の先頭に立たずとも仲間を大切にし、関わった人たちを幸せに出来るようになってほしいという思いを込めてつけました。(りゅうとママさん)
隆ノ介 隆ノ介(りゅうのすけ)くん
おなかにいるときの愛称はマメちゃん。女の子が生まれるとばかり思いマメちゃんで画数の良い漢字で命名を考えていましたが、6か月になり男の子と発覚!マメの介さんとよんでいましたが、画数が悪いことが分かり断念。今更、名前も思いつかずにいたところ、夫と私の父親の名前に隆がつくことから、隆ノ介にしよう!となり、即決。父親は自分の一字が使われたので喜んでましたね。(バナナくまさん)
遼 遼(りょう)くん
妊娠がわかった瞬間に主人がおなかに向かって「りょうくん」と呼んでいました。今回は男だと思うと直感で思ったそうです。広い視野と寛大な心を持って色々なことに目を向けながら様々なことをしてほしい、やるからには途中で投げ出さないで結果がどうあれ成し遂げてほしいと願いを込めて遼と言う漢字で名づけました。(りょうママさん)
綾 綾(りょう)くん
苗字の画数が多いので、父、姉と同じ総画数で漢字一字の名前にしました。姉と同じ糸へんには人と人とのつながりを大切にしてほしいという兄妹のつながりを持たせ、辞書で糸へんの付く漢字をすべて調べ、綾の漢字には美しい絹織物という意味があると辞書に書いてあったので、自分色の絹のような美しい糸を紡ぎ、自分色の素敵な織物=素敵な人生を織りなしてほしいという意味を込めました。(ジョリさん)
諒 諒(りょう)くん
名前の響きが好きだったのと、男の子なので名字と合わせて運勢が良いように字画で選びました。元気に将来困ることがないように少しでも幸せの手伝いが出来たらと願って。(ともちぃさん)
亮一 亮一(りょういち)くん
女の子の名前はあーでもないこーでもない…と色々考えていましたが、息子の名前は一瞬で決まりました。主人が「亮」の字を使いたい、と。よく見る漢字ですが意味をよく知らないなぁと思い調べると「ほがらか、明るい」。それなら賛成、と思いましたが画数が悪かったので「一を足しとけ!」と付けられました 笑 将来子どもには「1番大切の一」と伝えるつもりです 笑笑(りょーままさん)
凌駕 凌駕(りょうが)くん
男の子、長男ということもあり、強い子になってほしいという思いがありました。どんな困難にも負けず乗り越えられるように、すべてのことを【凌駕できる子】に育つようにと、【凌駕】と名づけました。(凌駕ママさん)
涼牙 涼牙(りょうが)くん
涼しい顔をしていても、いざっ!という時に、人を助ける心が、牙の様に折れないことを祈ってつけました。(ジュゴンさん)
涼雅 涼雅(りょうが)くん
お兄ちゃん二人も雅がつく名前なので、まず止め字はすぐに決定。涼という字がさわやかで聡明なイメージがあって好きだったのと迷わず読める感じにしたかったので、りょうちゃんとちゃん付けで呼びやすい名前にと考えて、決まりました。(めぐみんさん)
瞭輔 瞭輔(りょうすけ)くん
瞭は、明るく前向きになりますようにと言う意味から。輔は、多くの友人に囲まれて信頼し助け合って生きていけるような人生になりますように。と願いを込めてつけました。(りょうすけママさん)
稜惺 稜惺(りょうせい)くん
「稜」 山が描く美しい曲線 「惺」澄んだ空に現れる星 稜山が描く美しい曲線惺澄んだ空に現れる星山の稜線から見れる澄んだ夜空に輝く星★から壮大な山のように逞しい人間になってほしい、澄み切った心清らかな心を持ってほしいという願いからつけました(稜惺ママさん)
椋星 椋星(りょうせい)くん
もともと大学時代の友達で助産師さんをやっている子(以下Aさん)がいて、友人同士で集まった時に私の里帰り先の産院にその友達が今度転職することを知りました。Aさんは「いつか友達の赤ちゃんを取り上げるのが夢だ」と聞いていたので、その夢を私が叶えてあげれるかもしれないと知り、とてもワクワクしていました。ただ妊娠中期、食べづわりで大幅に体重が増えてしまった私は赤ちゃんが大きく育ち過ぎてしまい、予定日より早く産まないとあなたの骨盤では(小さいので)難産になると思うと先生から言われてしまいました。Aさんの夢の為にも、自然分娩で頑張りたい私は旦那と二人三脚でダイエットに励み、休日も1日1万歩以上歩き、夜は代謝を良くするためお手製の野菜スープを飲む日々を過ごしました。そして予定日1週間前。土日は旦那の大事な試験日があり、その次の月曜日(3連休の祝日)はAさんの試験日があるため、なるべくその3連休を終えてから産みたいなと思っていました。3連休が終わり、「もういつでも生まれて来て良いんだよ」とおなかの子に語りかけたその月曜日の夜…23時50分頃に大量に破水し、そのまま入院!!翌朝まで陣痛に耐え抜き、3連休明けの火曜日(39週4日)、立会い出産希望の旦那も東京から駆けつけ、Aさんの日勤にもちゃんと合わせて14時頃、3455gの大きめの男の子を無事Aさんの手によって取り上げてもらう事ができました!!友達に取り上げてもらうのはちょっぴり恥ずかしさもありましたが、Aさんの優しい声掛けでリラックスできたし、貴重な体験で感動的なお産となりました。おなかの中ですくすくと大きく育ちながらも、「この日に僕は生まれてきたら1番良いんだな」とタイミングを見計らったかのように生まれてきた我が子には、太陽に向かって一本ドーンと育つ「椋」の木のように、人として大きく育ち、どんな事にも真っ直ぐ取り組みやり遂げれるように。また、夜空を照らす「星」のようにどんな暗闇でも輝けれるような芯を持った子に。皆を照らし、道標となる優しい子にという思いから名づけました。りょうくん、ママのためにも、パパのためにも、Aさんのためにもこの日を選んで生まれてきてくれて有難う。(りょうくんママさん)
令大 令大(りょうた)くん
私の子ども達は、みんな生まれてからお寺の和尚人さんに画数を決めてもらいます。今回も勿論画数を決めて貰い、パパが画数の合う漢字を選びました。しかし、私は出産後病院の中でパパは上の子たちを見ながら名前を考えなくてはいけず最終的には徹夜で考えたそうです。名前に込めた意味は特に無く、周りからどんな字?と聞かれた時、令和の令に大小の大と完結に伝えられるからと話していました。4人目になると、現実的ですね。(4人のママさん)
良大郎 良大郎(りょうたろう)くん
みんなを幸せへといざなうような良い子になってほしいのと成長の過程で大きく広い心を持って育って欲しいという思い、男らしく元気いっぱい強く生きてほしいという意味を込めました。(良ちゃんママさん)
諒真 諒真(りょうま)くん
妊娠が分かった日(妊娠検査薬を使用した日)の前日の夜、妻が夢を見たと言いました。どんな夢を見たのかと聞くと、芸能人の竹内涼真さんとデートをした夢を見たと言いました。その時から、これは竹内涼真さんが授けてくれた子だと思い、漢字は違いますが、諒真としました。(壮史さん)
凌哉 凌哉(りょうや)くん
4月予定日だったので春らしい名前が良いねと考えていましたが、少し早めの3月に生まれなおかつ、お顔を見ると考えていた名前は何だかしっくり来ず…パパは考えてた名前が良かったみたいだけど入院中、毎日顔を見て色々名前を呼んでみて出生届提出ギリギリまで悩んでママの考えた名前になりました!画数にあまりこだわりのないパパとある程度画数と音にこだわりたいママ。お兄ちゃんにパパの名前の漢字を一文字使っているので生まれてくる子にも付いてないと何か言われるかな?と漢字に縛りがあって考えるのは大変だったけどとっても良い名前がつけれました!(ゆうママさん)
琉心 琉心(りんしん)くん
夫婦揃って海が好きで、沖縄の海も沖縄も好きなので、「琉球の心」の様に大きく、島人の様に明るい子に育つように、「琉心」と名づけました。(ちゃねちゃんさん)
凜太朗 凜太朗(りんたろう)くん
早くから切迫早産といわれ、医師から安静と言われていました。上に1歳半のお兄ちゃんがいるので、安静と言われても動かない訳にはいかずいつ入院と言われるのかドキドキしながら過ごす日々でした。夫は仕事が多忙で帰ってくるのも遅く、1人で育児をしておなかの子も守らなくてはいけないというプレッシャーを感じていました。些細なことで夫と喧嘩した際に過呼吸になってしまい、おなかも痛くなりもうダメなんじゃないかと思うこともありました。臨月で引っ越しもしました。ストレスや体力的にもかなりの負荷があったにも関わらず、予定日を4日過ぎて元気に生まれてきてくれました!!産声も大きく強い生命力を感じ、清らかで力強いという意味の『凜』に決めました。お兄ちゃんが『貫太郎』なので、『凜太郎』にしようと思っていましたが、入院中、一緒に過ごす中で『この子は穏やかそう』と感じたので『朗』にしました。ほんとによく笑う子でとても穏やかなので今になって『朗』を『郎』にしなくて良かったと思いました。(こなママさん)
倫太朗 倫太朗(りんたろう)くん
健太と梨乃からとりました。筋道の通った、丈夫で明かるい子に育ってほしいという願念からです。2カ月で手足口病にかかって点滴して入院したり貧血でシロップを毎朝毎晩泣きながら飲んでかわいそうですが、すくすくと大きく成長しています!(りんままさん)
琳太郎 琳太郎(りんたろう)くん
初期の流産が何度も続いて不育症の診断をうけましたが、やっと無事に生まれて来てくれました。名前の候補は出してはいましたがなかなか決まらず、病院で2人で名前の画数や姓名判断を見ては悩み悩み…。旦那さんが勝海舟が好きで幼少期の名前をとってりんたろうと読みをとり、漢字は画数のいいもので、私が学生の頃日本画を習い、今も絵を書く仕事をしているので、日本美術の琳派をつくった大好きな画家の尾形光琳の琳の字をとって琳太郎と名づけました。人と自然を愛し、古き良き日本つくった歴史の人物の志をもって、これからの未来の担い手になるような強さと優しさを持った子になってほしいと思います。(りんままさん)

 

 

 

「る」ではじまる名前

琉愛 琉愛(るあ)くん
上の子の名前が望愛(のあ)で、関連付けた名前がよくてかんがえました!夫のお義母さんが姓名判断の資格を持っているのでおねがいして、合う名前をつけてもらいました!«琉»は宝石とかの意味があって、きらきらと輝く人生になるように。«愛»はたくさんの人から愛される子になるように!と言う願いを込めてつけました!(のあるぅままさん)
琉音 琉音(るい)くん
この子が生まれる3カ月前、私の父が亡くなりました。私は三姉妹の末っ子で、私の父は男の子を熱望。でもみんな女の子!私がおなかにいる時は、おちんちんがある、と先生が言っていたそうですが、生まれた時、おなかにおとしてしまったみたい(笑)そんな、三姉妹も今では子どもに恵まれ、孫が7人!なんと男の子6人の女の子1人!父親が欲しかった男の子ばっかりです。男の子が欲しかった父は孫が小学生になったら、「俺が遊びに連れてく」と楽しみにしていました。ですが以前から体調を崩しており、1カ月の入院期間も虚しく、亡くなりました。悲しみを背負って無事に生まれてきてくれた我が子。この子も男の子。父親が待望してた子です。みんなが悲しんでいるなか、そんな悲しみも吹き飛ばしてくれた我が子。父親も私の旦那さんもバンドマンで、音楽が大好きだったので、音という文字をつけました。兄が(理玖)なので、同じ王へんと、同じら行で(琉音)。2人仲良く父親の分まで健康で長生きに。みんなを笑顔にしてくれたこの子が、これからもたくさんの人を笑顔に、してくれますように。(るいままさん)
瑠唯 瑠唯(るい)くん
妊娠中から考えていました。男女どちらでも使えて呼びやすく海外でも通じる名前がいいなと思っている時,イギリス王室の男の子やフランスの王様の名前から『るい』という名前に出会いました。自宅で飼っている2匹のわんこもフランス語から取っていてこれはすごい縁だなと思い決めました。主人はなかなかうんと言わず(女の子ぽいと思っていたため)出産後病院でお祝い膳を食べている時に決定しました。私は妊娠中から決まっていたので納得してもらい本当に嬉しかったです!妊娠中から考え決まったの(納得してもらえた)は生まれてからでしたがとってもお気に入りです。瑠唯で唯一の青い宝石という意味の漢字にしました。主人には次女の子だったら(シャーロット)かな?と言うと苦笑いです。(なっちんさん)
琉維 琉維(るい)くん
お姉ちゃんの唯愛(いちか)と同じ姓名判断で選びました。姉弟で関連させたいと思い、"い"をリンクさせたり、"唯"と"維"の右側の感じもリンクさせました。また、花より男子の花沢類が好きだったことや、家族のイニシャルを分けれたことも選んだ要因の一つです。(るいちかさん)
琉生 琉生(るい)くん
ハネムーンベビー(フランス)です。フランスに関する名前で、将来を考え海外でも馴染みの名前にしようと思いフランス王を表す「るい」という発音にしようと思いました。フランスでは、「るい」は【名高き戦士】という意味があり、【仲間も自分も守れる人になってほしい】という思いを込めました。【琉】という漢字は【王】が入っており、【王】は宝石(ラピスラズリ)を意味しているので、この漢字の使用を決めました。(はるかさん)
琉海 琉海(るい)くん
海で船の男として働く父。海が大好き。琉海にも父の背中をみて育って欲しく、海のように心広い男になって欲しいという願いからこの名前をつけました。(るいるいママさん)
琉叶 琉叶(るいと)くん
私と旦那が結婚式は沖縄でやりたい決めており、その夢が叶ったので自分の子どもに沖縄の字の「琉」と夢が叶ったの「叶」を組み合わせて琉叶に決めました♡(るいたんままさん)
琉斗 琉斗(るいと)くん
子どもができる前から男の子が生まれたら強くてかっこいい名前がいい!と思いたいが くうが などかっこいい響きのものを考えていました。旦那さんと男の子というのがわかってからもそういうものを考えていましたが、出産して我が子と対面した時優しい寝顔と肌が白く可愛らしくて、旦那さんもたいがみたいなカッコよすぎる響きはちがうかな?という話になり琉というかんじが息子の顔を見て思い浮かび出産した日の夜は満点の星空で、同室で息子を見ながら星が綺麗だなとおもったので北斗七星の斗をつけたい!とすぐに旦那に連絡したのを覚えてます。琉斗とつけ毎日るいちゃんるいちゃんと上の子も可愛がってくれています。(るいちゃんママさん)
琉心 琉心(るいと)くん
新婚旅行で行った沖縄の海に感動して、沖縄の昔の"琉球"の"琉"を使いたいと思いました。琉には沖縄の海のように広い心を持った子にという意味があり、"心"を「と」という当て字にして、広い心で、たくさんの人を笑顔にしてほしい、出会いを大切にしてほしいという思いを込めて名づけました。(琉心ママさん)
塁都 塁都(るいと)くん
なかなか授からなかった我が子。不妊治療を経て、結婚5年目にしてやっとおなかにきてくれました!付き合っている時から、第一子は男の子がいいね〜名前は…と生まれる前から名づけていました。男の子なら、塁都!野球好きのパパ。漢字もこれがいい!と決めていました。保育士の私は、今まで出会ったことのない名前がいいな…と思っていたので大賛成!野球のベースのように一塁二塁…と何があっても前に進み、都のように周りに人が集まる子になってほしいという願いを込めて…長年思い続けていた名前、妊娠中に男の子だとわかった時から、塁都になりました。(ゆうこりんさん)
瑠穏 瑠穏(るおん)くん
無事私達のところに生まれてきてくれた男の子は左耳に障害を持って生まれて来ました。どうしてこの子なんだろ。他の赤ちゃんが羨ましくて…悲しくて。でも同時にとっても可愛くて。どんな名前が良いのか沢山沢山考えました。そして瑠穏の瑠は瑠璃色の瑠。瑠璃=ラピスラズリと言う濃い青色の石があり別名 最強の聖石と呼ばれるそうで、障害なんかに負けない強い心。そしてこの子を守ってくれる最強の名前をと瑠と言う字を使い、穏やかなあったかい人達で溢れていますように。そんな未来であってほしい。という願いを込めて穏やかという字を付けました。(るーちゃんママさん)
琉叶 琉叶(るか)くん
おなかにいる時は栄養がうまく行っていなく産むのは難しいと言われていましたが、何とか病院でいろいろと治療などをしたおかげで、他の子と変わらずに産むことができました。私はいろいろな人に当たってしまったのに、周りの方は支えてくれたり産みたい気持ちも受け止めてくれました。そのことから私は周りの人に手を差し伸べられるような心の広さと、必死になって生まれてきてくれたので夢をしっかり持って叶えてほしいということから「琉叶」にしようと思いました。(琉叶ママさん)
琉環 琉環(るわ)くん
お父さんが悪い子にならなければいいなと言うことで逆にして「るわ」。私がそこに漢字をつけました。周りの人の環になるようにと願いを込めて。(ゆきさん)

 

 

 

「れ」ではじまる名前

礼 礼(れい)くん
上の子2人も2文字読みだったので、2文字で考えました。「礼に始まり、礼に終わる」という、武道の精神・あり方に魅力を感じ、男らしい面もありつつ、しっかりした子に育つように一文字もらいました。武道の試合においては作法を守り、また相手への敬意を示すことが、何よりも重んじられるべきである、ということ、礼儀・礼節をもって試合に臨むことは勝敗よりも重要であるという考え方を素晴らしいと思い、そういう子に育ってほしいと思い名づけました。(にゃーーさん)
澪 澪(れい)くん
船の航行に適した水路を澪(みお)といいます。海や川で船が安全に通れる深い水路を表すことから、安心感や落ち着きがイメージできる漢字で、困った人を助ける優しくて面倒見のよい人になってほしいという祈りを込めてました。ちなみにお父さんが船の機関士をしています。(澪ママさん)
怜 怜(れい)くん
6月の終わりが予定日だった次男。「暖(ダン)」と名づけた冬生まれの長男とは真逆の季節で、涼しい爽やかな名前がいいなぁと思っていました。新元号が発表される直前の3月、「レイ」という涼しい響きと「賢い、いつくしむ」という意味を持つ「怜」という漢字が夫婦共に気に入り即決しました。その後、新元号の「令和」が発表され、「令和ベビーのレイになるんだね!」と夫や親と話していました。そして予定日1週間前、陣痛が来て、生まれてきた時間も何と0時0分!レイという名前に合わせたかのように出てきてくれました。0時0分生まれの令和ベビーのレイとなりました。(暖怜ママさん)
麗史郎 麗史郎(れいしろう)くん
出産予定日が春だったので、春らしい名前を付けたいと思いました。しかし、流行りの名前や付けたかった名前はすでに友達の子どもに付いていて諦めました。また、年賀状を見直して候補の名前と同じ名前や似ている名前がないか確認しました。そして名づけの本を読んだり、携帯で画数を調べたりしましたが、まだまだ生まれるまで数カ月ありましたので、また時間があるときに考えれば良いなあと思っていました。
 
妊婦健診で通院していた産婦人科に、とても明るくて仕事ができる助産師さんがいました。この助産師さんに分娩を担当してもらいたいなあと密かに思っていました。生まれるまで数カ月あったのに、結局名前を決められず出産予定日を過ぎ、計画入院しました。入院時の検査や分娩を担当してくれた助産師さんは、正に担当してほしかった助産師さんで嬉しかったです。入院したものの、いつ生まれるのかもわからず、ベッドに横になりながら名づけの本を読みました。夫から「名前決まった?なんでも良いよ」と投げやりなLINEが届きました。入院した翌日、陣痛促進剤を投与して無事に出産することができましたが、名前が決まっていないので、赤ちゃんに名前で呼んであげられないのを後悔しました。
 
出産後、ベッドに横になり名づけの本を読みましたが、決められず。苗字から選ぶ画数の良い名前をいくつかピックアップして、夫にLINEをしましたが反応はイマイチだったので、また一から考え直しました。でも私の中で【麗史郎】という名前は、苗字を除くと画数は大吉揃い!! それに春らしい麗らかという字も入っていて、これ以上の名前はないと思いました。退院の2日前に病院からアルバムをいただきました。アルバムには出産時の赤ちゃんの写真と院長、副院長、分娩を担当してくださった2人の助産師さんのメッセージが書かれていました。通院していたときから好きだった助産師さんは、ネームプレートの苗字しか知りませんでしたが、下の名前は【麗子】さんでした。アルバムに書かれていた名前を見て、ビビビッときて、助産師さんの「麗」の字を頂こうと決めました。退院の日、助産師さんに御礼と名前が決まったことを報告しました。「麗子さんの麗の字を頂きました」と伝えると泣いて喜んでくれました。私も貰い泣きしてしまいました。とても嬉しかったです。(ピザ食べ放題さん)
怜斗 怜斗(れいと)くん
不妊治療を経て授かった怜斗。おなかの中にいたときから、愛しくてたまらないわが子でした。名前はわたしと主人の思いが強くなりすぎたこともあり、いくつもの候補が出ては消え、出ては消えの状態。もうこれは生まれてから顔を見てから決めようと主人と話し合っていました。ところが緊急帝王切開からの呼吸障害でNICUに入ることになり、顔を見て主人と相談する雰囲気でもなく、とにかく元気になってほしい一心で命あることを願い続けた日々…名づけどころではありませんでした。GCUに移ることができて、初めて授乳を開始した時に、話しかけつつ候補の名前から呼びかけてみたところなんと。「怜斗」で呼びかけたときのみ、手をあげるわが子。5つくらいの候補の名前を次々呼んでみても、「怜斗」のみに反応し何度でも手を挙げるのです。これはもう怜斗しかない!と主人と決めました。賢く、強く、育ってほしい。そんな願いが詰まった名前です。現在は退院し、小さめながらも元気に命を紡いている愛しいわが子です。(さとうさん)
怜央 怜央(れお)くん
もともと予定日が4月末だったのですが、予定日を過ぎて令和に突入した事もあり、令和にちなんで怜の字を使いたいと思いました。みんなの真ん中でリーダーシップをとったり輝けるように中央の央を入れました。後付けですが、名字と組み合わせて逆から読むとちょっと言葉遊びみたいになるのでそれもおもしろくてこの名前にしました。今井 怜央→いまいれお→おれいまい→俺、今井(れおままさん)
玲央 玲央(れお)くん
母は日本人ですが、父がフィリピンと日本のハーフのため、クオーターということになります。親戚が日本人だけでないため、世界各国で通用する名前をつけたいと考えていました。そこでいくつか挙がった中から選ばれたのが「レオ」でした。ライオンという意味を持つことから、たくましい男の子になってほしいという願いを込めて名づけました。(EKさん)
伶朗 伶朗(れお)くん
名前の漢字には、感謝や幸せの意味があります。念願のこどもでしたので、私たちのもとにきてくれて、ありがとう、幸せにしてくれて、ありがとう、あなたそのものが私たちにとっての幸せですという意味です。(ひかさん)
玲於 玲於(れお)くん
上の子とこの子とは父親が違います。なので、どうしても私は、上の子と同じ頭文字をつけたくて。姉弟ですが、父親が違うけれどあなた達は姉弟だよ。何かあっても助け合ってほしいと意味を込めて「れお」とつけました。生まれる前から決めてありましたが、5月に令和になり名前が「玲於」でちょっとした運命も感じました(笑)(ピッピとプップさん)
怜桜 怜桜(れお)くん
2人目の男の子で長男の時はパパが出した候補で決まったので、次男は私が名づける事になりました。最初に考えた名前は、意味なども凄く付けたかった名前だったんですがここ数年、毎年上位5位以内には入っている読みや漢字で同学年やクラスで同じ名前ばかりだと、学校で先生が呼ぶ時やお友達間でもニックネーム、持ち物の名前など色々大変かな?あとは流行の名前ってちょっと…と思い違う名前にすることにしました。そして妊娠8カ月の頃に決まったのが『怜桜』桜のようにみんなに愛され、みんなを喜ばせることのできる、そして心の澄んだ子になって欲しいという思いを込めました。予定日が4月20日で桜の時期だったので、『桜』使いたいなぁって思っていたんですが最初は女の子のイメージが強く諦めかけていいて…でも私の考える思いにぴったりの漢字が見つかり、なにより旦那の母が好きな漢字を入れることが出来て良かったです。そして予定日より早い4月上旬、桜の咲いている時に怜桜が生まれてきてくれました。(煌と怜のママさん)
怜旺 怜旺(れお)くん
(旺)盛な活力、(旺)盛な好奇心をもち、心が澄んでて賢い(怜) 子に!あと、響きから、ライオンのような強さをあわせもつように!生まれてから弱そうな表情をしてることが多く、心身強い男の子という願いをこめて。(ダンボさん)
礼桜 礼桜(れお)くん
色が入ること、字画の結果が悪くないことを条件に候補を列挙。最終的には礼儀正しく、桜のように皆に愛されるようにと意味をつけた。(まさともさん)
怜央 怜央(れお)くん
上に2人の姉妹。そして、次も女の子?と思いきや男の子‼︎姉妹はレの字がつくので3番目もつけたい〜と思い、5月生まれなので令和になる半年前くらいから漢字の候補をいくつか決めていたのですが、その中に令が入っていて、『怜』がほぼ決まっていました。ついに令和の元号発表の時に怜=令という字が入ってる‼︎というわけで、これは何かあるなと。この漢字に決まりました。意味は人の言葉をよく聞く、央は人がわくの中にきちんといる、中心という意味。将来は人の為に、お役に立てるようという意味を込め名づけました。令和時代を生きていく成長がこれからも、楽しみです〜〜‼︎‼︎(さちまるさん)
獅士 獅士(れおと)くん
予定日より2カ月月早く生まれた獅士。破水をしてから約2週間おなかの中で頑張ってくれて29週と1日目に出産になりました。おなかの中にいる時、細菌感染したかもと不安になる先生からの話も…未熟児で生まれて先生からエコーの診察で脳に異常があるかも…とも言われて毎日不安に1日1日を過ごしていました。どんな事があっても逞しく育ってほしい!という気持ちでした。動物で言うとライオンのように力強く生きてほしいこともあり獅子の獅とパパとお兄ちゃんの士をもらい獅士(れおと)と名づけました。今は3カ月になり健康にすくすく育ってます‼︎異常があるかもと言われていた脳はCT検査結果では異常なしと言われ、物凄く安心しました。まだ成長するにつれて安心出来ない部分もありますが、我が子が力強く生きて行く姿を見届けようと私も力強く思いました。色々な刺激を与えることが発達にとても良いそうです!色々な所へ、色々感じてもらい、色々体験させてあげたいと思いました。(ちぃさん)
零都 零都(れつ)くん
妊娠してすぐの頃、姓名判断サイトで軽く検索したらヒットした名前でした。初めは軽く受け止めていましたが、少しずつおなかが大きくなるにつれ、おなかの赤ちゃんに話しかけるとき、自然と「零都」と呼びかけるようになりました。まだ性別も決まっていないのに、なんの確証もないのに、私は「零都」という名前に真新しさもなく、まるで前からわかっていたかのように。漢字も「ゼロ」に「みやこ」で零から都を作れるような偉大で寛大な心を持った人間になれるように、ってかっこいいね!って夫と何度も話をしていました。夫は他にもつけたい名前があったそうですが、性別が分かってからは「この名前以外考えられない!」と、私よりもおなかの赤ちゃんに名前を呼んで話しかけてくれました。私たちが零から築いた都と言う名の我が子をとても大切にしていきたいと言う意味も込めて、「零都」と名づけました。(レッツままさん)
れと れと(れと)くん
結婚してすぐ妊娠が発覚。しかし15週で稽留流産になってしまいすごく悲しい思いをしました。なんで産んであげれなかったんだろう、なんで私達なんだろう、と自分を責めました。そこからなかなか赤ちゃんがきてくれず、もう妊娠にこだわらないでおこうと妊活をやめた途端赤ちゃんがおなかの中にきてくれました。しかし初期にはトラブルがあったりと毎回の検診が気が気じゃなく、生まれるまで無事に生まれてくれるか本当に不安でした。予定日を過ぎて5日目の朝ちょろちょろっと破水かな?と思って念の為病院に行くと破水なので入院です、となりました。次の日に促進剤で9時間後にやっとかわいい我が子に会えました!私達が出会ったのは音楽のイベントで2人とも音楽が大好きです。何か音楽にちなんだ名前が良いと思っており主人が考えていた、Let it beから名づけ「れと」という名前にしました。待ちに待った我が子、あるがままに素直に生きてねという意味を込めて将来no music no lifeな人生を歩んでねという思いで名づけました。(ぽよママさん)
蓮 蓮(れん)くん
蓮の父が蓮という漢字と意味が好きだったからです。家族みんな男の子は名前が漢字一文字です。(なつみさん)
蓮 蓮(れん)くん
蓮の花のように素直にまっすぐ育ちますように。(むーさん)
漣 漣(れん)くん
パパが外国人。名前を考える際、日本でも外国でも通じる名前をつけたいと思っていました。お互い名前を個々で考え、まとめて最終的に3つに絞りその中から1つ、『れん』と言う名前を決めました。英語では愛やロマンスの意味があるみたいです。あとは旦那が呼びやすい名前だと気に入ったので決まりました。旦那は漢字が読めないので漢字は私が決めました。蓮と迷ったが沢山見かけるので、あまり被らない漣という漢字を選びました。あと私も旦那も海が好きなので漣にしました!息子には漣の様に小さい事でも努力し、海のように心が広く優しい人になって欲しいです。みんなに愛される息子でいて欲しいです。名前の通り息子はみんなに笑顔を振りまいて可愛がられています。この笑顔をいつまでも絶やさず明るく元気に育って欲しいです。陣痛丸2日耐えた子なので強い子になるはず!(笑)そう願ってます。(漣ママさん)
蓮 蓮(れん)くん
夫が顔を見た瞬間に「れん」と直感で名前は決まりました。生まれてすぐに泣かない子で、処置してもらったおかげで産声をあげました。本人は覚えてるわけないけど、辛い状況を乗り越えてくれたのでこれからも《困難に打ち勝ってほしい》という意味で「蓮」という漢字を付けました。そして[連なる]という漢字がついてるので、仲間にも恵まれてほしいです。(ブロリー母さん)
蓮 蓮(れん)くん
蓮の花が咲くのは短い期間、たった数日。その季節に生まれました。蓮の花は泥水の中で綺麗に咲き誇ります。なので息子は蓮の花のように、泥水のような悩ましい困難な状況の中でも凛としてたくましく、またどんな逆境にも耐えられる綺麗な心を持った子に育ってほしいと思い名づけました。(れんたんママさん)
蓮人 蓮人(れんと)くん
まずは総画数の良い名前に絞り、その中から漢字と読みのバランスで好きな名前を付けました。蓮は泥の中でも綺麗な花を咲かせる事から、人生においても泥の様な逆境の中でも、花を咲かせられる様な強い男の子になって欲しい。そして人に優しく、人に恵まれる様に、との願いを込めて名づけました。(レンレンさん)
連叶 連叶(れんと)くん
人とのつながりを大切にできる人によい仲間を見つけられるように、そしてたくさんの願いが叶いますように(れんれんママさん)
蓮都 蓮都(れんと)くん
「蓮」は「泥にまみれながら綺麗な花を咲かせる」イメージがあり、ただ綺麗なだけではなく「困難に打ち勝つ子に」、「つらくても、良い結果に結びつけてほしい」、「どんな苦しいことがあっても、負けずに力強く生きてほしい」という願いを込めて。「都」は「人が集まる都の様に人気者になって欲しい」と願いを込めて。(こどんどんさん)

 

 

 

「ろ」ではじまる名前

琉海 琉海(ろあ)くん
「ろあ」はハワイ語で「最高の」という意味で、家族にとって3番目の最高の宝物。琉海は、琉球と沖縄の海から青く深く澄んだ美しい海のような広い心と愛情を持って暖かい優しい風のように元気で活発な生命力溢れる男の子になって欲しい。(琉海ママさん)
呂雄以 呂雄以(ろおい)くん
上の子と6つ歳が離れてやっと出来た2人目!!早い段階で男の子とわかり大喜びだったパパ!!ウキウキしながら名前の候補を考えていました。妊娠6か月目で名前はろいにするよ〜!!といっていました。でも中々漢字が決まらず…生まれるまでゆっくり考えようね〜と家族3人で楽しみにしていました。いざお正月過ぎにそろそろ生まれる〜となる頃2人で漢字を決め、ろいの「ろ」は三国志の呂布からとり、男らしいという意味があるとのことだったので私が「い」はもっともという意味から以にすることに!無事に生まれた次の日パパが自分の名前も息子の名前に入れたいと言い出しパパの雄の漢字を真ん中に持ってきて呂雄以になりました。もっとも男らしい男の子になりますよーにの願い通り生まれてきた我が子は身体も大きく泣き声も笑い声も大きく元気いっぱい!!!!離乳食もモリモリ食べてますます大きくなっています。我が家では祖父以来の60年ぶりの男の子!!!!人見知りも全然なく、親戚や近所の人からも抱っこを沢山してもらい愛情たっぷりに育っています。これからも愛情いっぱい元気いっぱいの優しく男らしい男の子に育って欲しいです。(しろママさん)

 

歴代の赤ちゃんの名づけエピソード大賞

歴代の赤ちゃんの名前ランキング

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

名前ランキング検索

ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位、漢字の順位を見ることができます。

NEW!【名前で検索】【よみ方で検索】が名前の一部で検索できるようになりました!