2021年 今年生まれた赤ちゃんの名づけエピソードら行(女の子)

蘭 蘭(らん)ちゃん
蘭の花ように、周りの人に幸せを分けてあげられるような人になってほしくてつけました。出産時、里帰りをしていたのと新型コロナウイルスの影響でパパと全然会えず、なかなか名前が決まりませんでした。2つの候補で迷っていましたが、生まれてから赤ちゃんの顔を見て、最終的に決まりました。スーパー安産で2時間ほどで生まれてくれましたが、早く出てきてしまったため肺に小さな穴が……。保育器に入ることになり、なかなか赤ちゃんにも会えず寂しい思いもしましたが、今ではすごく元気です。頑張って生まれてきてくれたことに感謝しています。(大内家のママさん)
莉愛華 莉愛華(りあん)ちゃん
フランス語で「リアン」は「絆」という意味です。コロナ禍のなかで妊娠がわかり、子どもたちも退屈な日々でしたがこの子がきてくれてみんな明るくなり、話が弾むようになりました。みんな率先してお手伝いもしてくれてすごく助かり、この子は家族の絆だ!と思いました。そして女の子とわかり名前を調べていくにつれて、たまたまフランス語で「リアン」を見つけそのまま名づけました。(ゆかママさん)
莉雨 莉雨(りう)ちゃん
妊娠する前から夫は「雨」の漢字を入れたいと言ってましたが、なかなかいい名前が浮かばず、次の候補が「紡(つむぐ)」でした。男の子だったら「朔(さく)」と決めていました。ずっと男の子だと思っていたのですが、女の子だと判明して、つわりのなかたくさん調べまくりました! 画数や名字との相性など「雨」の漢字で調べてもピンとくるものはなく、読み方を「う」にしてみて、すべてのひらがなを組み合わせてみたところ「莉雨」が一番しっくりきて「これだ!!」と思いました。夫も大賛成で、生まれてから顔を見てまた決めようと言っていましたが、夫は「莉雨」以外考えられないとすでに心に決めていました。「莉」はジャスミンの花に使われている漢字で、愛や癒やしなどの意味を持つと知り、みんなの癒やしてくれ、愛される子に育つように。「雨」はそのたくさんの癒やしや愛をみんなに降り注げるような人になるように。知人の外国の方にこの意味を話したら、「ジャスミンの花の雨って素敵すぎる名前だね」と言ってもらえました! 私たちにとって本当に大切なわが子。無事に私たちのところに生まれてきてくれて幸せです!(結びの花さん)
梨桜 梨桜(りお)ちゃん
「梨」の花言葉「愛情」が深く、「桜」の花のように周りの人を笑顔にする女の子になりますようにと願いを込めました。わが家では、常に「梨桜」の周りには笑顔の花が咲いています。(りおママさん)
律玖 律玖(りく)ちゃん
妊娠後期に入ってもなかなか性別がわからず男の子の名前も考えておこうとなり、夫が「律玖(りく)」という名前を考えていました。名づけをするときは「名前の持つ意味と響きを大切にしよう」と2人で決めていたので、いろいろと悩んだものの今の名前が一番しっくりくるなと感じました。1文字目にはまっすぐ力強く生きてほしいという願いを。2文字目には年月が経つほど自分が磨かれていき、内面が輝く素敵な大人になってほしいという願いを込めました。「りく」という名前は、外国人も呼びやすい名前だと思ったので気に入っています。直接的な結び付きはないですが、2人で赤ちゃんが生まれたら何をしたいか、どこに行きたいかをノートに書き出していたことがありました。書き出していくなかで、2人の価値観や希望を再発見できたのはいい思い出です。たしか今の名前にしようと決めたのもその時期だったと思います。幸せいっぱいのなかでつけた名前なので、この名前を将来大切にしてほしいと思っています。(りくママさん)
梨沙 梨沙(りさ)ちゃん
妊娠5カ月を過ぎたあたりから、妊婦健診のたびに赤ちゃんの性別がどちらか先生に聞いていました。しかし、恥ずかしがり屋さんなのかベビーはいつもお股を隠してはっきりと見せてくれません。先生からは「多分女の子でしょう」と言われていましたが、実は私自身もなんだか女の子ベビーのような気がしていました。妊娠6カ月に入ったころ、早く名前を決めたくて、図書館で名前の本を借りました。夫も名前を決めるのが楽しみだったらしく、すぐに2人で本をパラパラ。まずはどんな呼び名がいいか考え、その後に総画数や使いたい漢字の意味など調べました。自分たちの身近な人で同じ名前、同じ呼び名の人がいないこと、もしベビーがいずれ結婚して名字が変わっても画数がいいこと……。生まれて初めてのプレゼントなので、決まるまで時間がかかるかと思いましたが、いくつか候補があったなかで、私と夫がイイ!と感じた名前がぴったり合ったので1日で決まりました。(みささん)
理沙 理沙(りさ)ちゃん
「ことわり」を知り、物事を道理に沿ってよりわけることができる子になってくれますように。年の離れた三女として久しぶりに生まれた子なので、音がきれいなこと、パパの字に近いことも考えてました。家族4人でいろいろと案を出し考えましたが、命名はパパが譲らなかったので、パパ案が採用されました。(すりりんごさん)
莉世 莉世(りせ)ちゃん
茉莉花(ジャスミン)の花が香る季節に生まれた娘です。穏やかな香りを漂わせる茉莉花のように、周りにいる人々を温かい気持ちにさせてくれるような愛らしい女性になってほしいと思いこの名前をつけました。(リセオンマさん)
律 律(りつ)ちゃん
パパが音楽が好きで、音楽好きに育ってほしいと願いを込めて……。上の子も同じ理由で音楽にちなんだ名前です。家族全員とも漢字で書くと2文字。上の子は男の子でパパと上の子は名字を含めるとかなで5文字。ママは4文字。なので男組は5文字、女組は4文字と、ちょっとした遊び心も込めてます。(響&律さん)
律 律(りつ)ちゃん
「思うがままの旋律を奏でられますように。自分らしいリズムで生きていいからね、ずっと応援するよ」という願いを込めました。なかなか子どもに恵まれず、不妊治療の末に授かった子です。しかし妊娠中に離婚。かなりのストレスを与えてしまったはずですが、問題なくすくすくと育ってくれました。新しい道を行く私はときどき沈んでしまいましたが、そのたび励ますように、ぽこん、ぽこん、とおなかを蹴ってくれて、何度もうれしい涙を流しました。「おなかの赤ちゃんはお母さんにしか守れない」とよく言いますが、むしろ私が守られてばかりでした。この先は私がこの子の人生を支えていく番です。誰よりもあなたの味方であることを伝えられる名前を贈れたと思っています。おなかに名前を呼びかけるのが夢だったのに、いざ決めるとなぜだか照れくさく、ずっと「律さん」とさんづけで呼んでいました。クセで今でも「さん」をつけてしまいます。きっとこの先も抜けないでしょう。性別は女の子だと聞いていましたが、万が一違っても違和感のない響きのものを候補に挙げていました。自分が初めて自分の名前を書けたときとてもうれしかったことを思い出し、書きやすい漢字の「律」を選びました。誇らしげに初めて名前を書いて見せてくれる日が、今からとても楽しみです。(うみさん)
六花 六花(りっか)ちゃん
年明けの寒い時期に誕生日しました。あまり雪の降らない土地なのに娘が生まれた年は大雪だったので、美しく凛とした雪にちなんだ名前にしたいと名づけました。わが家にとって6人目の家族で初めての女の子。男ばかりの家庭に花を添えてほしいという願いを込めています。また、私の母の名前にも漢数字が入っていて、親族としてもつながりのある名前になりました。名前を聞かれた際に「りっか」と伝えると、珍しくてかわいい名前ね、とよく言われてうれしくなります。(りーママさん)
莉都 莉都(りと)ちゃん
明るくてかわいらしいみんなに愛される存在で、周りのみんなをほんわかさせるような人になりますように……と気持ちを込めてつけました。私は子宮頸がんになり、手術をしても完全には治らないかもしれない。もしかしたら一生子どもができなくなるかもしれない。幸い治療に耐えても子どもを産めない身体になるかもしれないとお医者さんに言われ絶望しました。しかし、治療を終え数年後ママのおなかに莉都ちゃんがきてくれました。奇跡だと思いました。そんな莉都ちゃんはパパとママの大切な大切な宝物です。(莉都ちゃんママさん)
莉奈 莉奈(りな)ちゃん
自然妊娠したものの流産。その後なかなか妊娠せず、体外受精で授かった娘でした。生まれる前に名前を決めても万が一……と考えると決めることができず、候補だけ出し出産に挑みました。緊急帝王切開で生まれたわが子は、4kg弱の大きな娘でした。母子同室になったころに、微かに目を開けた娘に、「莉奈にする?」と聞くとうなずいて答えたのです。もう一度聞くとやっぱりうなずきます。夫は信じてくれませんが、私だけが見られた思い出です。(FMなっちゃんさん)
里穂 里穂(りほ)ちゃん
母にも名前を考えてもらいました。ある日実家に帰ると何個か名前を書いてある紙を見つけ、そこに「里穂」と書いてありました。響きが気に入ったのと、2文字がよかったので「里穂」に決めました。私は42歳後半で授かり、母は71歳。いつか母が亡くなっても、母が考えてくれた名前だと思え、母の生きてきた証みたいだなと感じました。もちろん、母はまだ元気ですが(笑)。漢字は随分迷いましたが、経済的にも家庭運もよいと本に書いてあったので、将来幸せな結婚を願うことと、経済的に恵まれて幸せな人生を歩んでほしいと決めました。「里」は古風ですがどこか温かくやさしい印象があったのでやさしい子になりますように、という意味も込めています。(はちまきさん)
莉帆 莉帆(りほ)ちゃん
初めての出産。生まれるまでに準備することがたくさんあって、なかなか名前まで考えられませんでした。しかも、名前は両親から子どもへの初めてのプレゼント。この子は一生私たちのつけた名前を背負って生きていくんだと思うと、責任が重すぎて、簡単にはつけられない……と感じ、名前を考えることに二の足を踏んでいました。それでも考えなければと、名字に合う画数であること、響きがいいことなどを条件に、夫とたくさん案を出し合ったうちのひとつが「莉帆」でした。莉帆の「莉」は、茉莉花(ジャスミン)の花から。「愛らしさ」、「愛想のよさ」という花言葉から、愛される人になってほしいという願いを込めて。「帆」は順風満帆な人生を歩んでほしいという想いを込めて名づけました。名づけをしたことで、親として一歩踏み出し、より一層の責任を感じることができたような気がしています。一生懸命考えたこの名前を、私たちはとても気に入っているし、子どもにも大切にしてほしいと願っています。(なちゃさん)
莉理 莉理(りり)ちゃん
結婚してから、夫とは喧嘩もあったけれど2人で頑張って行こうという思いを込めて、夫婦の名前に共通している「り」をつけた名前にしました。愛らしく、思いやりのあるまっすぐな子に育ってほしいという願いを込めて漢字を決めました。(たびさん)
琉愛 琉愛(るあ)ちゃん
私は19歳で息子を産み、息子は現在20歳です。波乱万丈な人生を送り、昨年再婚。妊活をし、念願の女の子が生まれました! 息子もとても喜んでくれました。19歳も離れてしまったけれど、兄妹なので私はどうしても息子「琉星」から1文字をもらいたく、「琉」で合う字を探し「愛」を見つけました! 歳は離れているけれど兄妹というつながり、みんなに愛される子に育ってほしいと願い、「琉愛」と命名しました。兄は自分の1文字が入っていたことをとても喜んでました。(りーさん)
琉愛 琉愛(るい)ちゃん
「琉」は沖縄の海のように広く澄み、暖かい風のような心を持った人に育ってほしいという意味を込めてこの漢字を選びました。私たち夫婦は結婚してから3年なかなか授かることができず、不妊治療の末にやっときてくれた大事な大事な娘です。生涯愛情を注ぎ大切に育てるよという意味もあって「い」の読みは「愛」にしました。(苺さん)
留菜 留菜(るな)ちゃん
娘はパパがフランス人、私が日本人のハーフです。日本でもフランスでも通じる名前をつけたく、候補をリストアップしていました。私たち夫婦にとっておなかの子は2年間の不妊治療の末に授かった待望の子。不妊治療中から夫婦で男の子ならこんな名前、女の子ならこんな名前と妄想しながら話し合っていたので名前の候補出しはスムーズでした。最終的に3つまで候補を絞って、どれにするか迷っていたところ、フランスの義母が「ルナ」という響きをいたく気に入り、「ルナ」と名づけることを決めました。ハーフの子の場合、カタカナ名をつける方も多いですが、私は思いを込められる漢字の名前がつけたいという希望が強く、姓名判断の画数や漢字の意味を考えながら「留菜」という漢字にしました。「留」を名づけに使うときは、自身のルーツを大切にするという意味が込められるそうです。フランス人と日本人のルーツがあることに誇りを持ってほしいという思いと、「菜」は、春生まれなので春に咲く菜の花のように明るく元気に育ってほしいという思いを込めました。留菜ちゃん、私たち夫婦のもとにきてくれてありがとう。名前の通り、フランス人のパパと日本人のママの間に生まれたことに誇りを持ってすくすくと育ってください。(ぴーままさん)
留莉子 留莉子(るりこ)ちゃん
胎児エコーで性別がわかってから、名前を考えるのがとても楽しかったのですが、ひとつ気がかりなことが……。夫の弟夫婦のところも女の子を妊娠しており、その出産予定日がちょうどわが家の1カ月前。夫側夫婦なので名字は同じですし、画数のいい名前がかなり限られる名字ということもあり、名前が被ったりしないよね!?とかなり心配していました。それとなく夫に名前のことを弟夫婦に尋ねてもらうと10.5画だよとの返事があったそうです。しかし、そのとき、わが子につけようと思っていた名前も10.5画! これはもう一度考え直さないとかもと、再度考え始めました。結果としては、最初に考えていた名前よりもしっくりくる名前と出合えて、考え直してよかったなと思っています。「留莉子」という名前は、やさしい花の香りに人が集まり留まるように、人に愛され癒やせるような子になってほしいと思い名づけました。かわいいわが子が名前通りの人生を歩んでいってくれるとうれしいです。(ぱるぴょんままさん)
玲杏 玲杏(れいあ)ちゃん
大好きな『スター・ウォーズ』のレイア姫からいただきました。名字の画数に合う漢字を探すのにとても苦労しましたが、半年探し続けてようやくこの字に決めました。(あにゃにゃさん)
玲羽 玲羽(れわ)ちゃん
国際結婚をした私たち。数々の問題を乗り越え、無事に女の子が生まれました。夫の祖国、ブータンでも日本でもどちらの国でもいい名前にしたいなと思い、女の子らしい、美しい子であるようにと「玲羽(れわ)」と名づけました。ブータンの言葉で「レワ」は「希望」という意味です。遠い国同士で出会った私たちのところへきてくれた娘。たくさんの奇跡とこれから先へ続く物語をプレゼントしてくれました。これからさまざまな壁に直面したとしても、乗り越えられるでしょう。玲羽は私たちの希望です。(ちーちゃんさん)

歴代の赤ちゃんの名づけエピソード大賞  

歴代の赤ちゃんの名前ランキング  

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする