【医師監修】出産の入院準備はいつから? 入院中に必要なものリストを紹介

2

入院準備のイメージ

 

今回は、出産のための入院準備についてお話しします。

 

 

出産のための入院準備はいつから始める?

出産予定の病院や助産院からもらうテキストやリーフレットに、ママに必要な準備や赤ちゃんのために用意するグッズについて書かれていますので、まずは自分の持っているテキストやリーフレットを確認しましょう。

 

妊娠経過には個人差があるので、入院のための準備をいつから始めるかは人それぞれでかまいません。妊娠経過が順調でも、誰でも突然入院する可能性があるので、妊娠30~35週ごろに準備を済ませておくと、緊急入院になっても慌てずに済むでしょう。

 

病院に持っていく荷物をひとつのバッグにまとめておいて、置き場所を同居する家族と共有しておきましょう。例えば、妊婦健診当日にそのまま緊急入院した場合などに備えて、家族も荷物について把握しておくと安心です。

 

 

出産のための入院中に必要なものリスト

出産する施設によってレンタルできるものもあれば、持参するように促されるものもあります。準備する数は、家族が面会時に洗濯のために持ち帰って新しいものを持参できるのか、院内のコインランドリーを使用できるのかなど、個々の事情によって異なります。また、実際の入院期間や使用する頻度によっても異なるので、準備数はあくまで目安としてとらえてください。
     

入院時から入院中に必要なもの

□母子健康手帳
□健康保険証
□診察券
□小銭
□印鑑 
□携帯電話
□携帯電話やスマートフォンなどの充電器
□基礎化粧品(化粧水、乳液、リップクリーム、ハンドクリーム)
□ブラシ・くし
□髪ゴム
□タオル・ガーゼハンカチ
□靴下
□メガネorコンタクトレンズ
□スリッパ

□歯みがき・洗面セット
□ティッシュ
□おはし、スプーン、コップ 
□使い捨ての食器
□筆記用具
□アイマスク・耳栓
□カメラ
□ドライシャンプー
□ポーチ・ミニバッグ

□前開きのパジャマ 準備数の目安:2~3着
出産方法に関わらず、前開きのパジャマを準備しましょう。授乳のために胸元が開閉可能なタイプのパジャマもありますが、授乳の際に赤ちゃんが十分に乳房に密着できないこともあるので、必ずしも授乳に特化したタイプのパジャマでなくても大丈夫です。経腟分娩の場合は、産後1日目以降に上衣はTシャツなど被るタイプを着て過ごしてもかまいませんが、授乳の際に前開きのほうがラクに感じることがあります。帝王切開の場合は、手術後に医師や助産師・看護師が体の観察をするたびに、服の開閉をするため、前開きのパジャマの準備をお願いすることがあります。医療施設によっては手術前後のみ着用する病衣のレンタルをすすめることもあります。産後1~3日間は点滴や尿道カテーテルを装着したまま過ごすこともあるので、上衣は長い丈(目安:膝丈)で前開きのパジャマを準備すると便利でしょう。

□カーディガン 準備数の目安:1枚
冷暖房対策用に準備しましょう。ガウンよりカーディガンのほうがかさばらず、さっと羽織れて便利です。

□授乳用ブラジャー・インナー 準備数の目安:2~3枚
ワイヤーの入っていない授乳しやすい機能のあるブラジャー。思いのほか、バストがサイズアップすると、胸元だけを支えるブラジャーでは締め付け感が強いことがあるため、カップ付きキャミソールのほうが使いやすいこともあります。

□母乳パッド 準備数の目安:1パック
母乳のもれをキャッチする母乳パッドは洗えるタイプと使い捨てタイプがあります。出産施設から受け取るお産セットに入っていることもあるので、持参したほうがいいかどうかは出産施設へ確認しましょう。

□産褥ショーツ 準備数の目安:2~3枚
股部分がマジックテープで開閉するショーツ。出産施設から受け取るお産セットに1枚入っていることがある。出産後、スタッフの介助なくトイレへ行けるようになったら、股部分で開閉できる産褥ショーツではなく、出産前からはき慣れているショーツに切り替えてもかまいません。出産後、すぐにおなかがへこんでサイズダウンするわけではないので、妊娠前と同じサイズではなく、出産直前と同じサイズのものを準備して、体を締め付けすぎないように気をつけましょう。

□夜用生理用ナプキン 準備数の目安:小1パック
出産施設から受け取るお産セットに入っていることがあるので、持参したほうがいいかどうかは出産施設へ確認しましょう。産後は悪露という出血が続くので、月経時のようにナプキンを当てて過ごします。出産施設から受け取るお産セットに1パック入っていることがあります。

□時計 準備数の目安:1つ
陣痛の間隔を測ったり、授乳時間を見るために必要。秒針つきのタイプのものを。

□ストロー付きペットボトルのキャップ 準備数の目安:1~2個
陣痛中にどんな体勢でも水分補給できるように準備しておくと便利です。産後も、授乳中に赤ちゃんを抱っこしたまま、片手で水分補給するのに役立ちます。

 

退院日に必要なもの

以下のものは、退院日までに病院や助産院に持参すれば良いです。


□退院日に着る衣服(ママ・赤ちゃん)
□赤ちゃん用のおくるみ
□赤ちゃん用の紙おむつ
 準備数の目安:1パック
出産施設から受け取るお産セットに入っていることもあるので、持参したほうがいいかどうかは出産施設へ確認しましょう。
□ベビーシート(自動車を使う場合は新生児から使えるチャイルドシート)
※0~6歳未満時は着用義務があります。
□入院費用(かかった費用を退院時に払います)

 

出産のための入院までに確認しておくこと

□入院時に必要な荷物の内容や置き場所を家族と共有しておきましょう。


□出産する病院や助産院の連絡先を確認しておきましょう。自宅の固定電話、携帯電話やスマートフォンの電話帳に登録しておくなど、妊婦さん本人だけでなく家族とも共有しましょう。日中と夜間、平日と土日祝など時間帯や曜日によって連絡先が異なる施設もあるので事前に確認しておきましょう。

 

□出産のための入院は、例えば、陣痛が10分おきに来たら連絡、破水したら連絡など、病院や助産院へ連絡すべきタイミングがあります。妊婦さん本人からの電話連絡を受けて妊娠経過や出産回数、自宅から出産施設までの移動距離などを考慮して、すぐに来院すべきか、自宅で過ごしてもいいかなど、医師や助産師が判断します。どのタイミングで連絡すべきか、医師や助産師へ事前に確認しておきましょう。

 

□タクシー会社の電話番号など連絡先を確認し、妊婦さん本人だけでなく家族とも共有しておきましょう。来院時に自家用車を使用する方もいますが、妊婦さんがひとりで運転して移動することが困難な事態や、家族が運転する場合に普段通り冷静に運転できない事態が予測されます。現在は、事前登録することで利用できる妊婦や乳幼児を連れた外出を対象にしたタクシーの配車サービス(例:陣痛タクシー マタニティタクシー)が普及しつつあります。タクシーの利用も移動手段の選択肢に入れましょう。

 

□産前産後の家族のスケジュールを確認して共有しましょう。赤ちゃんは予定日通りに産まれるとは限りません。可能な範囲で、時間的に余裕のあるスケジュールに調整しておきましょう。いつからいつまで、誰が、ママと赤ちゃんをサポートするのかなど具体的に話し合いましょう。家族内でのサポートが不足する場合は、居住地の保健所や保健センターへ相談して、産後に利用できるサービスを紹介してもらいましょう。

 

 

まとめ

出産のための入院時に、ママに必要なものや赤ちゃんのために用意するグッズは、まずは出産予定の病院や助産院からもらうテキストやリーフレットを確認しましょう。入院準備については、妊婦さん本人だけでなく家族とも共有しましょう。入院に必要なものや確認が必要なことについて、不明な点は妊婦健診の際に医師や助産師へ直接質問しましょう。

 

 

監修者

医師 川島 正久 先生

産婦人科 | あんずクリニック産婦人科院長


静岡県磐田市生まれ。平成5年神戸大学医学部卒業、神戸市立中央市民病院/淀川キリスト教病院、磐田市立病院に勤務の後2011年にあんずクリニック産婦人科を開業「お産を通して人々に喜びを与える」をモットーに地域の人々のお役に立てるよう励んでいます。

 


経歴

■主な経歴

静岡県立磐田南高等学校卒業
筑波大学 生物学類中退
神戸大学医学部卒
1993年~1995年    神戸市立中央市民病院
1995年~1996年    六甲アイランド病院
1997年~2002年    若宮病院
2002年~2003年    日本医療救援機構(アフガニスタン)
2003年~2004年    浜松医大 産婦人科
2004年~2005年    蒲原病院
2005年~2008年    藤枝市立病院
2008年~2011年    磐田市立総合病院


著者

助産師 古谷真紀


一般社団法人産前産後ケア推進協会プロジェクトリーダー

大学病院勤務を経て、2015年より現職。妊娠中や産後の女性のココロとカラダの相談、ママパパ&赤ちゃんのちょっと気になるコトに日々応えています。


2019/09/06


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。