【動画で見る両親学級】ステップ2:妊娠中期(妊娠16〜27週)

妊婦さんと助産師

 

妊娠中期に入ると、つわりも落ち着いてくる方も増え、いわゆる「安定期」に入ります。安定期に入ると妊婦さんもできることが増えますが、安定期だからこそ注意しなくてはいけないこともあります。ここでは、妊娠中期に抑えておきたいポイントを医師や助産師が解説します。

 

 

妊娠中の過ごし方(妊娠16週〜27週)

妊娠各週のママとおなかの中の赤ちゃんの様子や注意点などについて説明しています。妊娠中の体調の変化や赤ちゃんの成長などには個人差があります。妊娠週数を目安に、どのような変化があって何に注意したらよいのか確認しておきましょう。

 

妊娠16週(5カ月)

 

 

妊娠17週(5カ月)

 

 

妊娠19週(5カ月)

 

妊娠20週(6カ月)

 

 

妊娠21週(6カ月)

 

 

妊娠22週(6カ月)

 

 

妊娠23週(6カ月)

 

妊娠24週(7カ月)

 

 

妊娠25週(5カ月)

 

 

妊娠26週(7カ月)

 

 

妊娠27週(7カ月)

 

 

 

妊娠中のトラブル・病気

妊娠中に起こりやすい、切迫早産、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病について、医師が解説しています。きちんと理解して、予防に努めましょう。

 

 

 

 

妊娠中のおっぱいマッサージ

赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたいと考えているママもいらっしゃるかと思います。妊娠中からケアをおこない準備をしておきましょう。

 

 

 

 

妊娠線対策

おなかが大きくなると、妊娠線ができてしまうことがあります。早めに対策しておくことで、妊娠線の予防や、もし妊娠線ができてしまった場合でも悪化を防ぐことが期待できます。

 

 

 

腰痛・肩こり改善マタニティヨガ

おなかが大きくなると、重心が移動し、腰痛や肩こりに悩まされることも。体調が落ち着いてくる妊娠中期からは軽い運動もできるようになります。気分転換にもなりますよ。ただし、運動を開始する際は、かかりつけ医に運動の可否を確認してからおこなうようにしましょう。

 

子犬のポーズ

 

 

針の糸通しのポーズ

 

 

キャット&カウ

 

 

チャイルドポーズ

 

 

よつんばいのヒップサークル

 

 

妊娠中期に入るとおなかも大きくなり、見た目も妊婦さんらしくなってきます。胎動も感じられるようになるため、よりママとしての自覚を強く持つようになる時期ではないでしょうか? つわりなどの症状が落ち着く半面、食べ過ぎによる体重増加には注意し、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などに注意して、健康なマタニティライフを送るようにしましょう。

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る