【動画で見る両親学級】ステップ1:妊娠初期(妊娠確定〜妊娠15週)

この記事の監修者

助産師REIKO

医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

妊婦さんと助産師

 

妊娠初期は、妊娠したことへの喜びがある一方で体調の変化による不安も大きくなる時期です。初産婦さんは初めてのことに、そして経産婦さんは上のお子さんのときとの違いに戸惑うこともあるかもしれません。ここでは、妊娠初期に抑えておきたいポイントを医師や助産師が解説します。

 

妊娠中の過ごし方(妊娠5週〜15週)

妊娠各週のママとおなかの中の赤ちゃんの様子や注意点などについて説明しています。妊娠中の体調の変化や赤ちゃんの成長などには個人差があります。妊娠週数を目安に、どのような変化があって何に注意したらよいのか確認しておきましょう。

 

妊娠5週(2カ月)

 

妊娠6週(2カ月)

 

妊娠7週(2カ月)

 

 

妊娠8週(3カ月)

 

妊娠9週(3カ月)

 

妊娠10週(3カ月)

 

妊娠11週(3カ月)

 

妊娠12週(4カ月)

 

妊娠13週(4カ月)

 

妊娠14週(4カ月)

 

 

妊娠15週(4カ月)

 

 

母子健康手帳について

妊娠が確定し妊娠届を市区町村に提出すると、母子健康手帳が発行されます。母子健康手帳は出産までの間だけでなく、出産後もお子さんの成長とともに、長い期間使用することになります。母子健康手帳の活用方法をしっかり押さえておきましょう。

 

 

 

妊娠中の食事のとり方

妊娠中の食事は、ママはもちろんおなかの中の赤ちゃんにとっても大切です。妊娠を機に今までの食生活を見直してみましょう。妊娠中の体重管理にも役立ちますよ。

 

基本編

 

 

応用編

 

 

妊娠生活で気をつけること

妊娠前は問題ない生活習慣も妊娠中は注意が必要になることもあります。きちんとチェックしておきましょう。

 

※感染症などが流行っているときは旅行は控えましょう。

 

 

胎児の成長・超音波の見方

妊婦健診では定期的に超音波検査をおこないます。超音波検査の方法や赤ちゃんの成長の目安を医師が解説しています。

 

 

妊娠初期は、ママにとってもおなかの中に赤ちゃんにとっても変化が大きい時期と言えます。まずは無理をしないことが大切です。パパや周りの人に協力してもらいながら、ゆったりとすごせるように心がけましょう。

 

ステップ2にすすむ

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る