【動画で見る両親学級】ステップ3:妊娠後期(妊娠28週〜31週)

この記事の監修者

助産師REIKO

医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

妊婦さんと助産師

 

これまでゆるやかに成長してきたおなかの中の赤ちゃんも、妊娠後期に入ると急激に大きくなり、体の機能も発達してきます。それに伴ってママの体にかかる負担も大きくなります。ここでは、妊娠後期に抑えておきたいポイントを医師や助産師が解説します。

 

 

妊娠中の過ごし方(妊娠28週〜31週)

妊娠各週のママとおなかの中の赤ちゃんの様子や注意点などについて説明しています。妊娠中の体調の変化や赤ちゃんの成長などには個人差があります。妊娠週数を目安に、どのような変化があって何に注意したらよいのか確認しておきましょう。

 

妊娠28週(8カ月)

 

 

妊娠29週(8カ月)

 

 

妊娠30週(8カ月)

 

 

妊娠31週(8カ月)

 

 

 

安産体操 マタニティヨガ

少しでも安心して出産を迎えるためには、ある程度体を動かして体力をつけ、太り過ぎないように体重をコントロールすることが大切になります。マタニティヨガは有酸素運動の1つとされています。無理せず、呼吸法を意識しながらおこないましょう。

 

合せき前屈のポーズ

 

 

突きのポーズ

 

 

ワシのポーズ

 

 

針穴のポーズ

 

 

 

お産の流れ

出産の方法には、経腟分娩と帝王切開があります。最近では、無痛分娩のケースも増えてきました。お産の進み方や痛みの感じ方には個人差がありますが、それぞれのお産の経過を妊娠中にを確認しておくと安心ですよ。

 

通常分娩

 

 

無痛分娩

 

 

帝王切開

 

 

妊娠後期に入ると、赤ちゃんを迎える準備もいよいよ本格的になるかと思います。無理はせず、少しずつ準備を進めていきましょう。

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る