2013年:ま行(男子)

雅咲(まさき)くん
夫が、子供が出来る前から考えていた名前です。夫の名前に含まれる「雅」をとり、「みやびに咲く人生でありますように。」と願いを込めてつけました。(kaiさん)
真幸(まさき)くん
「真」真っ直ぐに素直に育って欲しい「幸」幸せになってそして人を幸せに出来るような人になって欲しいという願いを込めて名付けました。(まーさんママさん)
真生(まさき)くん
自分がそんなに真っすぐに育ってこなかったので、子供は真っ直ぐになってほしいという意味を込めて「真」を付けようと考えました。しかし、ただ真っ直ぐな子に育つと人生の荒波に耐えられるか不安なため、バランス良く育つよう(!?)、自分の名前の一部「生」を取って「真生」と名付けました。(結果的に『真っ直ぐに生きてほしい』となりました)どんな子に育つか、楽しみです♪(まいだりさん)
真輝(まさてる)くん
名前って親が一生懸命考えてつけてくれます。時には子供への願いが込められていたりもしますよね。パパの名前は「幸輝(ゆきてる)」。名前の通り将来「幸せに輝いて」欲しいという願いを込めてつけられたそうです。ママの名前は「真依(まい)」。海外の人が呼びやすい名前にとつけたそうです。そしてこの字を選んだのは純粋な子であって欲しいと。パパやママの両親が想いを込めてつけてくれた名前を次の世代にも受け継ぎたいという思いから、パパとママの一文字をとって「真輝(まさてる)」にしました。将来は「うそいつわりなく輝いている」人間であって欲しいと願ってます。(PIGMONさん)
雅人(まさと)くん
結婚後、子供が欲しいと思っていた頃に祖父が病気で亡くなりました。お葬式で祖父とお別れをする際に、母から『じいじちゃんが願い事を叶えてくれるからお願い事をしてね』と言われ、『赤ちゃんに恵まれますように』と願い事をしました。後から聞いたら、主人も同じ願い事をしていました。それから2か月後に妊娠が発覚。切迫早産で病院へ救急搬送された時には、祖父に赤ちゃんを守ってくれるようにお願いをしました。その後入院を経て、早産でしたが無事に元気な男の子を出産しました。天国から見守ってくれた祖父に感謝し、息子の名前は、祖父の名前から『雅』という一字を頂いて、『雅人』と名付けました。息子が笑った時の口元は祖父そっくりで、息子が笑う度に温かい気持ちになります。息子が大きくなったら、ひいおじいちゃんとの思い出話をしてあげたいです。(りんごさん)
匡陽(まさや)くん
「匡」人を善に導く「陽」太陽、陽の光他人を思いやり、人に恥じないお手本となるように、太陽のように明るくたくましく、育って欲しいと願いをこめました!早く会いたいです!!あと三ヶ月だあー!(えりママさん)
万尋(まひろ)くん
英語圏に住んでた私。でも英語っぽい名前は付けたくなくて日本人らしい名前を付けたかった。万尋には「非常に深い、非常に高い」という意味を持つ「万尋(ばんじん)」という言葉から名前を付け、思慮深い、懐の大きい人になってほしいという願いを込めた。外国の友人に説明する時も「My hero」みたいに聞こえるでしょ?と言うと、すぐ覚えて貰えるのとても気に入っています。(ぽん酢ママさん)
瑞生(みずき)くん
パパもママもイニシャルがY。上のお姉ちゃんはMで我が家にはイニシャルクッションがYとMがありました。なのでマ行がいいなと散々悩んでこの名前にしましたが、お姉ちゃんの「みお」に棒と点を足すと「みずき」になることを発見!これでお下がりも名前を書き直せる!と後から気づきましたw「瑞樹」も考えましたが字画が悪く「瑞生」に。でもこっちの方が「瑞々しく生きる」という意味になりとっても気に入っています。(haruさん)
道之真(みちのしん)くん
自分の信じた道に向かって、真っ直ぐに突き進んで欲しいという願いを込めて「道之真」と名付けました。侍みたいな名前なので、今どきではないかもしれません(笑)。私たち夫婦は幼い頃から武道を習っています。武道という字は二つの戈を止める(争いを止める)道と書きます。息子には、争いを止める事の出来る勇気と行動力の持った人間に成長して欲しいです。そういった意味での「道」でもあります。いつでも自分の名前に自信を持って、大きく育ってほしいです。(道ママさん)
南湊(みなと)くん
南の島のように明るく暖かくのんびりと、湊町のようにたくさん人が集まってくる、そんな人柄でみんなと仲良くできる元気な子に育ってほしいと思い南湊と名付けました。(はーちゃんさん)
湊(みなと)くん
母親は、赤ちゃんがお腹にきたときから母親としての実感を感じますが、父親ってなかなか実感も湧きませんよね。赤ちゃんの名前を考えてもらったことで、父親としての実感を感じてきてくれたようで、一生懸命考えてくれてました。「湊」人が集まるという意味もあるようです。将来、たくさんの人が湊の周りに集まってくれますようにと、素敵な名前をつけてくれました。(いろべぇさん)
湊(みなと)くん
新婚旅行で行ったヨーロッパにいろんな客船が立ち寄る賑やかな港がありました。そんな港のように、自然と人が集まり愛される子に育つようにと願いを込めて名付けました。(サンバさん)
湊音(みなと)くん
旦那の名前の文字数が3文字で文字数を合わせたかったのと、「◯◯と」という感じにしたかったのですが…苗字に合う画数の名前がなく…でも漢字に「音」も、つけたい!すごく悩んで「湊音」という漢字が画数もかなり良く。望んでる3文字に「◯◯と」という読み。意味も「湊」は人が集まる「音」誰からも好かれる、和ませる などの意味があって…わたしも旦那も幼い頃に人脈などに苦労したのでこの子にはそーなってほしくない、誰からも愛されてほしいとこの名前になりました。運命的に苗字にもハマった名前やと思ってます。(襟。さん)
未尋(みひろ)くん
正直初めての子で色々と悩みましたがなかなか決めかねていた時、自分が発した名前に妻がそれだとうなずき決まりました。(ツルルン13さん)
夢大(むった)くん
むった 」とは、「夢を大きく持って、生きて行って欲しい」という思いが込められています。私たちの時代は、現実的であまり夢も希望も持てない世の中でこの子が大きくなった時には、自分がこうなりたいと思ったり叶えたいと思った事を実現して欲しい。その為に、自分の夢を大きく持って生きて行って欲しいと夫婦で考えました!(ゴーダヨーコさん)
「桃弥(ももや)くん
久しぶりに授かった子供で、優しく強くと言うイメージから、桃太郎と父親である私が最初に候補に出したのですが、皆、語呂が良かったので、お腹を摩りながら、桃太郎、桃~…等と読んでいたのですが、あくまで、お腹の中での呼び名とされてしまいましたが、皆、桃という響は好きだったので、元々、優しくて真の強いという意味より、桃弥と名付けました。しかし、決めたあとにも、桃太郎と呼ばれていましたけどね!(Halu83さん)

 

2013年赤ちゃんの名前ランキング

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る