2010年:た行(女子)

takara(たから)ちゃん
私の宝。(famous takaraさん)
千明(ちあき)ちゃん
夫婦共々、小さいころはしかめっ面で、クールだったらしいので、「明」という字を使いたくて考えました。あと、祖母も「明子」なのでそれも掛けました。誰からも愛される明るい娘であってほしいと願います。(ユーカリさん)
千佳(ちか)ちゃん
呼ぶときに「ちーちゃん」と呼びたくて、色々考え「ちか」と決定!次は漢字を悩み「千花」は字画が悪く「千華」は近所の台湾料理屋と同じ(涙)色々調べて「佳」という字は幸せという意味があるということで「千佳」と決定!ちなみに「千」の字はたくさんと言う意味と100歳の長寿を全うした亡き祖母の名前でもあるのであやかって長生きできるようにと名付けました。(きくぱんださん)
知花(ちか)ちゃん
父親が「チカ」という名前を決めました。それから漢字を両親で相談して決めました。いろんなことに興味を持ち、花のように明るく優しい子になって欲しい。なんてかわいらしい名前なんだと満足してたのですが、知人に知花とかいて「ちばな」さんという苗字の人が沖縄出身者にいることを知らされました。女の子なので、知花さんと結婚したら「知花知花」!!。知花さんと恋に落ちませんように。。。 (チッカチカさん)
智香(ちか)ちゃん
最後の最後まで男の子か女の子か分からなかったので、出産して顔を見てから決めようと。なんとなく女の子の予感があったので候補はほとんど女の子の名前だったんだけど、これ!と思っていた名前は直前になって画数が悪いと却下。全く候補になかった名前になったけど、春香る日に誕生、賢く知性あふれる子に育って欲しいと思い智香と命名。今はすごく気に入ってます。(ち~ちゃんさん)
千琴(ちこと)ちゃん
私の中で優しい、柔らかい印象だと思った”おとは”や”ゆうな”て読み方の名前を考えてたのですが、苗字と繋げて漢字で書いた時にどれもしっくり来なくて姓名判断もイマイチ…毎日出産間近まで悩んでいました。 ある時パパが”千琴(ちこと)”て言ったのを聞いてこれだっ!て思っちゃいました♪今まで悩んでたのが嘘みたいに全てが完璧に(笑)パパの知り合いに同じ名前の方が居るそうですが、ママが漢字や読み方気に入っちゃったのでOKです(^^ゞ(ぴよ☆さん)
千咲貴(ちさき)ちゃん
春らしくてキレイな響きの名前にしたかったことと、「貴」という字を使いたかったので、この名前にしました。産まれる前からいろいろな名前を考えていて、一度、旦那に「「ちさき」ってどう?」と聞くと、「発音しづらいからいやだ」と言われ、他の名前も考えたけれど、結局気に入る候補がないまま出産。産まれてから「「ちさき」ってどう?」と聞くと、「かわいいね~」って…。前に相談したときは嫌だって言ってたはずなのに。産まれた日はとても天気が良くて、たくさんの花が咲き誇ってそうな日だったので、旦那も納得してくれたのだと思います。(ちゃーさん)
千聖(ちさと)ちゃん
僧侶である主人が、千という沢山の数の徳を積める優しい人間になってほしいという気持ちを込めて名付けました。聖には高い位の僧侶という意味もあるので、お寺産まれには最高の名前だと気に入ってます。(あやさん)
智聖(ちさと)ちゃん
主人が大好きで、尊敬して止まない亡き父から智の一文字を使った名前で考えました。(ゆーちゃんさん)
千寿(ちず)ちゃん
女の子双子のお姉ちゃんです。 末永く幸せでいてほしいと寿という漢字をどちらの名前にもいれたくて千寿としました。(天使のばぁばさん)
千愛(ちな)ちゃん
パパとママの名前(漢字)に心が入っていて、ローマ字書きで最後がiで終わる事から、心で繋がったパパとママのもとに、i(愛)に満ちた子供がやってきて、家族が、心と愛で繋がっていられるように、名前に愛をつけました。(愛には心が入ってるので)幾千もの人に愛をもらえて、人に愛を持って接する事ができる子になれるように願いつけました。上の子も唯一の愛とかいて唯愛(ゆめ)とつけました。(めめママさん)
千夏(ちな)ちゃん
8月に次女が生まれました(^-^)「夏」の漢字を使いたくて名前は「千夏」(ちなつ)と決めていましたが、生まれたその日に「ちなー」「ちなちゃーん」と呼びかけているうちに「「つ」いらなくない?」と(笑)。長女が「〇な」なので、姉妹で統一感もあるし旦那と相談し、漢字は思いや願いを込めて決めたのでそのままで、よみを変えました♪何ヶ月も前から決めてた名前を生まれた日に変更するなんて思ってもいなかったので、自分でもビックリでした(笑)!今ではすごく気に入ってます♪(^O^)/(姉妹mamaさん)
千華(ちはな)ちゃん
ちぃちゃんと呼びたくて「ち」がつく名前で考えました。3月生まれということで桜などの花が咲く華やかなイメージと「華」の漢字の持つ、魅力的な・人を惹き付けるという意味から「皆から好かれるような魅力的な人になるように」という意味で千華と名付けました。(あひるさん)
ちはる(ちはる)ちゃん
春に出会い、春に入籍した私たちに、春に子どもが生まれることに。そんな春に縁がある子どもの名前に「はる」という字をいれようと思いました。また、私たちの出会いには、たくさんの人たちとの関わりがあり、たくさん=千、千を「ち」と読めることから、漢字にすると「千春」、私の名前がひらがななのでそれに合わせて「ちはる」と名づけました。春のような、温かい優しい子に育って欲しいという思いと、この子にとって、世界が春のように優しいものであって欲しいという願いもこめて。(ruokaさん)
千遥(ちはる)ちゃん
画数重視です。ちはるという響きが可愛かったし、春生まれなので「はる」も入れたかった。あとは、誰でも読める名前にしたかったっていうのもあります。(ゆきぼーさん)
千尋(ちひろ)ちゃん
ジブリ映画「千と千尋の神隠し」が大好きなお父さん。妊娠する前から「女の子なら千尋」と言っていました。そして、妊娠。性別がわからないのに、もう名前は「千尋」に決定していました。更に、女の子とわかると、大喜び。それからはこの映画を何度も見て(私も見せられ・・・)、映画の主人公「千」と生まれてくる子を重ねる毎日でした。さらにさらに、生まれたら聴かせると言って、弾けもしないピアノを購入し、映画の中の曲「あの夏へ」を猛練習。知らない間に、しっかり両手で弾けるようになってるお父さん。性別がわかり、生まれてくる直前にはお父さんのピアノを毎日聞いていた千尋。いざ、生まれて、生演奏を聴かせると・・・・大泣き。それでもめげないお父さんです。映画に出てくる「千」のように、優しく勇気のある子に育って欲しいと、この名前を付けました。 (マシコさん)
千尋(ちひろ)ちゃん
産まれてから数日妻と共に悩みましたが、最終的には名字のとの漢字のバランスと響きで決めました。(かつさん)
知佳(ちよ)ちゃん
産まれてからも画数や読み方でものすごく悩み、なかなか名前が決まりませんでした。出生届けだけ出して、名前はあとからだそうかと真剣に悩んで、ぎりぎりでそれは回避しました。(ちーよんさん)
つくし(つくし)ちゃん
春(3月)生まれなので季節の草花で、細く永く強く生きて欲しい。今、画数の多い名前が多いので、逆に「ひらがな」だと印象に残るし覚えてくれそう。柔らかいイメージがある。(つくつくさん)
続未(つづみ)ちゃん
明るい未来が続きますようにという思いと、物事を継続できる子になりますようにという思いを込めてつけました。(まなさん)
椿(つばき)ちゃん
心が美しくしっかり自分を持っていて筋の通った女性になってくれるように・・。(ゆっちゃんさん)
つばさ(つばさ)ちゃん
夫婦揃って大好きなTUBEの「夢の翼ひろげて」という曲、ママの大好きな飛行機、パパの大好きなサッカーから(キャプテン翼)、と2人が大好きな物で、共通している言葉からつけました。女の子なので、かわいらしくひらがなで。(しこうきさん)
天香(てんか)ちゃん
お腹の中にいるときにどうしても”天”という文字をつけたくて胎児ネームは”天ちゃん”パパかママの漢字を入れたくて女の子だったらあたしの漢字を入れて”天香”で画数もバッチりだし決めていました。男の子の名前が全然決まらずパパも天じゃなくても…と反対気味(;_;)でも男の子だと思っていたあたし達。結局決まらないまま破水して出産しました。生まれてみたら可愛い女の子!!入院中にパパが買ってきてくれた名前の本を見ても他の名前は思い付かず思いきってパパに”天香しか思い付かない!!”と言ってみたらパパも”実は…”と天香しかないと思ったらしいです!!パパとママからの初めてのプレゼント★周りの人にも”天ちゃん♪”と言って可愛がってもらえて幸せです!!(ふてりんさん)
天子(てんし)ちゃん
天の使いでなく、天の子ども!聞いた時は冗談かと思いました。主人に名前は任せていました。実家の裏にある、天子ヶ岳。地酒の名前にもなっていて、いつまでも愛され続けている地酒の名前から…そして姪、甥の名前が光(ひかり)大地(だいち)太陽(たいよう)スケールの大きな名前ばかり。主人が言うには、この子供達に負けないくらい、スケールの大きい名前にしたかったということ!今ではとても気に入っています!英語にしたらエンジェルちゃん!そしてもちろん私達のエンジェルちゃん!名前負けしないような娘になりますように!きちんと育てるぞ!(笑っ)完(てんしママさん)
叶愛(とあ)ちゃん
子供を授かった時、旦那が考えている名前が [永遠(とわ)]でした。 しかし、性別が女とわかってから、名前に[愛]という漢字を使いたくて、珍しい名前にしたくて、そして沢山の夢が叶う様に… 漢字を組み合わせて[叶愛]にしました!!(叶愛ママさん)
董瑚(とうこ)ちゃん
妊娠8ヶ月のころ、夫が名付け本で「とうこ」という響きを先に決定。4歳の長男の名前の画数が良かったので、それをもとに同じ画数で「董」と「瑚」を発見。「董」は「中心・大切なもの」、「瑚」は「珊瑚」という意味で素敵だったので、すんなり決定。ちなみに長男の名前には水晶を表す「瑛」の字を使っており、兄妹で名前にジュエリーが入っています。出生届を出すまではじいじばあばにも名前は内緒にしておこうと思っていたのですが、生まれた当日に、私たち夫婦より先に長男がみんなにバラしてしまい、産後すぐから説明に追われました。(トコちゃんママさん)
音恋夏(とこな)ちゃん
夏に産まれる予定だったから常夏→トコナツ→トコナ☆漢字は夏を入れたくて…アタシはレゲエが好きだからレゲエと言ったら音楽、恋愛、夏!で音恋夏♪としました(*^▽^)あと、あまり当て字にならないように読み仮名があう字を選んだのもあります。(ゆり☆さん)
与笑(ともえ)ちゃん
“たくさんの人との出会い・縁を大切に共に、笑顔あふれる生涯を願って”。画数にもこだわりました。(すかっとるさん)
知世(ともよ)ちゃん
知世は我が家の三人目、次女です。長女のときもそうだったのですが、あまり甘い女の子っぽい名前じゃなくて、ちょっとカッコイイ名前を、と考えました。字面はその通りになったかな?と思ってます。逆に読み方はやわらかい感じなのもいいかな。誰にでも読める名前、も条件の一つでした。そしてやっぱり一番大事なのは意味で、単に「世界を知る」ってことではなくて、どこに行っても誰とでも仲良くなれますように、好かれる子になってほしいという願いを込めて名付けました。とどめは、パパ(33歳)が高校生の頃から原田知世さんの大ファンなこと、原田知世さんのイメージが北欧風(笑)でクールで知的だったからですね~。(しろひげやぎこさん)

 

2010年赤ちゃんの名前ランキング

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る