2010年:わ行(女子)

和華(わか)ちゃん
字画と五行・陰陽・風水から妻といくつか候補を選び、生後に産院を退院し妻の実家の自室にて、私が和華を抱きながら順番に名前を呼んでいき、「ミウ」「…」「ミオ」「…」「ワカ」「にっこり(満面の笑み)」「ミヤ」「…」にて一番喜んだ「和華」を命名致しました。(かものすけさん)
羽奏(わかな)ちゃん
自分らしく自分の羽を奏でてしがらみなく生きていけます様に…と願いを込めました。(明日美さん)
若夏(わかな)ちゃん
「わかな」という響きがかわいらしくて、それに合う漢字を探していたところ、5月の季語で「若夏」という言葉を発見!ちょうど5月生まれのこの子にぴったり!初夏のさわやかなイメージも入り、決定しました。(さわちゃんさん)
若菜(わかな)ちゃん
妊娠が判明してすぐに夫婦で女の子、男の子両方の名前を考え始めましたが、ま~ったく意見が合わず。その話題になるとお互い相手のセンスにイライラするばかりで、喧嘩になることも。気づけばもう7か月。ある夜ふと、若葉が芽生えるころに生まれてくるので「若菜」はどうかな。けどどうせ主人は嫌がるだろうなと、だめもとで提案してみると、まさかの大賛成!!何カ月も悩んだり険悪なムードになったりしたのに、一瞬で決まってしまった運命の名前です。(negiさん)
和花奈(わかな)ちゃん
長女の時はおばあちゃんから一字もらって、おばあちゃんも喜んでくれたので、二人目はおじいちゃんから一字もらうと決めていました。長女も次女も父親似なのですが、長女はおばあちゃん寄り、次女はおじいちゃん寄りの顔で、もらった字の通りになりました。(うみさん)
和奏(わかな)ちゃん
パパの「奏」という字を使いたいという希望で最初一文字で「かなちゃん」がいいと言っていたのですがパパの名前「和彦」の「和」をつけて「わかな」とした方が画数も良いし春らしくてやわらかい感じの響きで良かったのでつけました。ちなみに私(ママ)は熱烈なロッテファンなのですがこの名前に決めた後に同じくロッテファンの同僚に「そういえば今年のチームスローガンって「和」だよね?」言われ、全然そのことは意識してなくてつけたので偶然の一致に鳥肌が立つと同時に、もし今年優勝したら、子供が大きくなって名前の話をする時にいい話ができるな~と漠然と思っていたら本当にその通りになったんでつくづくこの名前にして良かったと思いました。実は和奏は生まれつき股関節脱臼をしていて、ちょうど野球が後半戦に入る頃から優勝が決まるまでの間ずっと矯正のためのバンドをしていました。バンドのせいで寝返りもできず可愛い服も着れず、私も責任を感じつい落ち込みがちでしたが、そんな時ロッテが娘の名前通り和を奏でて活躍する度に、まるで和奏ちゃん頑張れと言われてるような気がして本当に励まされていました。なので、見事優勝した時は本当に嬉しくて感動して涙が止まりませんでした。ちなみに和奏のバンドは優勝した3日後に無事外れました。まだ経過観察が必要ですが、このことは和奏が大きくなったら絶対話してあげて自分の名前に誇りを持って生きていってほしいと思っています。(エレワカママさん)
和々葉(わかば)ちゃん
8歳の長女は反抗期?なのか毎日格闘している上に、お父さんは単身赴任。悶々とした(笑)我が家に産まれてきてくれた次女。和やかな空気を注ぎ込んでくれるように、和やかに太陽に向かってすくすくと伸びる葉のように育って欲しい。そんな願いを込めて名付けました。(nicomamaさん)

 

2010年赤ちゃんの名前ランキング

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る