育児休業給付金とは

10

雇用保険の加入者が1歳(保育所に入所できないなどの特例の場合は1歳6カ月または2歳)までの子どもを養育するために育児休業した場合に、給付金が支払われる制度。


 

もらえる人

雇用保険に加入していて、育児休業前の2年間に11日以上働いた月が12カ月以上あることが条件となります。育児休業中に、休業開始日前の給料の8割以上の給料がでていないこと、育児休業を取り、育児休暇開始から1カ月ごとの区切りに休業数が20日以上あることなどの条件もあります。2カ月おきに追加申請が必要です。

 

対象期間

育児休業開始日から子どもが1歳になるまで

※保育所に入所できないなどの特例の場合は1歳6カ月または2歳まで

※両親ともに育児休業する「パパ・ママ育休プラス」を利用する場合は1歳2カ月まで

 

支給金額

最初の180日は月給の67%。それ以降は50%相当額が支給されます。ただし、勤務先から賃金が支払われた場合は、賃金額により支給額が調整される場合もあります。 初回の受け取りは育児休暇開始から2〜5カ月後になるので要注意です。その後は2カ月おきに受け取れます。

 

(例)月給20万円、育児休業9か月の場合
   ①前半6か月 20万円×67%×6か月=804,000円 
   ②後半3カ月 20万円×50%×3か月=300,000円
   9カ月間の合計 ①+②=1,104,000円

 

 

支給額の上限と下限

【1カ月の上限】

67%の期間:301,299円 50%の期間:224,850円 

 

 

 ※情報は2018年7月現在のものになります。

 

 (監修/大野高志)

監修者・著者

ファイナンシャルプランナー 大野高志


1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP®(日本FP協会認定)。独立系FP事務所・株式会社とし生活設計取締役。予備校チューター、地方公務員、金融機関勤務を経て2011年に独立。教育費・老後資金準備、税や社会保障、住宅ローンや保険の見直し、貯蓄・資産運用等 多角的にライフプランの個別相談を行うとともにセミナー講師として活動しています。


2018/08/13


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。