妊娠中にやっていいこと・ダメなことー基本編

2

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

アルコール ×

  • アルコールは胎盤を通過することがわかっています。その影響はまだ、すべて解明されていませんが、妊娠したかもと思った時には控える方が安心です。

 

 

 

  • タバコ ×

  • タバコには多くの有害物質が含まれていることが知られています。タバコに含まれるニコチンには、血管の収縮作用があり、その結果胎児の発育が悪くなったり、妊娠中に胎盤が剥がれてしまう(=常位胎盤早期剥離)などのトラブルの原因になります。妊娠の可能性がある場合、もしくは妊娠検査薬で陽性反応が出た場合は禁煙をしましょう。副流煙も胎児への影響があるため、パパなど同居している人にもお願いするといいです。

 

 

カフェイン △

コーヒーの場合1日に2杯前後の量なら問題ありません。ミルクを入れてカフェオレにしたり、ノンカフェインコーヒーを利用するのもいいでしょう。カフェインは内臓や筋肉を活発にする働きがあるので、食後の1杯は消化を助けてくれます。栄養ドリンクにも含まれることがありますので、妊娠中は控えるようにしましょう。

 

 

(監修/池谷美樹先生)

2016/01/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。