妊娠中にやっていいこと・ダメなことー日常生活編

5

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

 

 

スポーツや運動 △

妊娠中の激しい運動はおなかへの衝撃の可能性や、転倒などの危険があるため控えたほうがいいです。マタニティヨガ、マタニティスイミングなどは、専門のインストラクターがいるので安心です。とはいえ、何かあったときには事故責任になるため、体調を見ながら行うようにしましょう。またウォーキング程度なら一人で行っても大丈夫です。

 

 

 

歯医者の受診・治療 ◯

歯周病は早産になるリスクを高めるという報告もあるので、妊婦5ヶ月に入ったら歯のチェックを行って。歯の治療はこの時期に済ませておきましょう。

 

 

 

性生活 △

セックスはママの体の無理のない程度ならしてもOK。精液には子宮を収縮させるプロスタグランディンというホルモンが含まれているので、必ずコンドームを使用することを心がけてください。体調がすぐれないときは控えましょう。

 

 

 

ペットとの生活 ◯

基本的にはOK。ただし、猫を飼っている人は注意が必要です。猫に寄生するトキソプラズマという原虫が妊婦に感染すると、胎児にも感染することがあります。猫が感染性を持つのは、トキソプラズマに感染した最初の2週間程度と言われているので、妊娠中に新しく猫を飼いということでなければ大丈夫です。室内犬でも散歩のときに、野良猫の糞を足の裏につけてくることがあるので注意しましょう。また、どんなペットでも口移しで食べ物をあげたり、糞や尿の始末の後はよく手洗いをするなど気を付けましょう。

 

 

 

ヘアカラー・パーマ ◯

ヘアカラーやパーマの薬剤が胎児に影響することはないでしょう。初期だと臭いに敏感になったり、後期は長時間同じ姿勢でいると疲れることがあるので、空いている時間に行くなど工夫をしましょう。

 

 

(監修/池谷美樹先生)

 

2016/01/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。