妊婦健診のたびに尿たんぱくが+になります。

現在、妊娠31週ですが、妊娠初期から健診のたびに毎回尿たんぱくが(+)の結果が出ます。また、食べ過ぎている訳でもないのに、体重が12kgも増えてしまいました。妊娠高血圧症候群なのでしょうか? 健診のたびに、尿たんぱくが気になってしかたありません。
 

妊娠中にたんぱく尿が出現した場合は、後に高血圧を発症する「妊娠高血圧症候群」となるものか、あるいはたんぱく尿のみの「妊娠たんぱく尿」なのかを、調べる必要があります。
妊娠たんぱく尿は、母体と胎児に影響を及ぼすことはないとされており、正常妊娠の尿たんぱく濃度は、尿検査試験紙1+(30mg/dl未満)くらいまでは、問題ありません。尿が濃縮し、中間尿が取れずにおりものが混ざると、たんぱく尿偽陽性となるので、気をつけましょう。心配なら、尿のたんぱく量を測ってもらうといいでしょう。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)