妊娠10カ月の妊娠糖尿病予防はどうすべき?

妊娠36週です。 妊娠前から太り気味の体形ですが、妊娠してからすでに12kg増えています。気をつけてはいるものの、妊娠36週に入ってから一気に3kg近く増えてしまいました。「妊娠糖尿病の傾向もある」と言われ、かなり心配です。甘いものを控えたり、白米を玄米に替えたり、できるだけ毎日散歩に行ったりしていますが、今後どのように過ごしたらいいのでしょうか?
 

妊娠中の体重増加は、標準体重から8~11kgくらいが適当だとされています。仮に妊娠中に10kg増加したとすると、その内訳は、胎児、羊水、胎盤などの重さが5kg、子宮、乳房などの組織増殖が1.1kg、残り3.9kgが母体の真の体重増加です。この3.9kgには、母体への脂肪沈着や水分の増加などがあり、これらによって分娩、産後の母体の準備を整えます。13kg以上体重が増加すると、余分な脂肪や水分が母体内に蓄積されてしまい、分娩後に肥満を残すだけでなく、足腰の筋肉にも余分な負担をかけ、痛みを生じさせることもあります。

1日の摂取カロリーを約1,500kcalにして、脂肪を減らして甘いものを控え、間食やつまみ食いをやめるようにしましょう。水分と塩分を摂りすぎるとむくみが生じやすくなるので注意しましょう。また、妊娠36週でしたら、積極的に体を動かしても大丈夫な時期です。分娩まで食事管理と運動、体重管理にしっかり努めていきましょう

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)