やんわり叱っても手の甲を噛みます

やんわり叱っても手の甲を噛みます

1歳1ヶ月の息子は、最近少しずつ1人歩きができるようになりました。
食器棚やガスコンロなどの高い所の物が気になるようで、あちこち触りたがります。よっぽど危険なもの以外は見守るようにしているのですが、やはり危険なものを触ると「危ないからダメよ!」と叱ってしまいます。
すると、息子は自分の手の甲を噛み、しばらく歯型が残ることがよくあります。これは、私が叱っていることにストレスを感じているせいなのでしょうか? 普段遊んでいるときにも、叱ると噛みます。「危ないからむこうで遊ぼうね」とやんわり言うようにしても、やはり噛みます。
私が叱りすぎているのか、精神的な問題があるのかなど、心配になってしまいます。何かよい対処方法はありますか?

専門家の回答

1歳1ヶ月くらいの子は、色々な物に関心を示し、触ったり口に入れたりします。まず、それを「やってはダメよ」と制するのは、必要な対応だと思います。ただ、叱られたことで自分の手の甲に噛みつくくせを心配されていますが、このくらいの月齢の子にはよくある行動ですので大丈夫です。
逆に、噛んだことに反応しすぎてしまうと、本人は叱られた理由を理解できないまま、お母さんの反応の印象だけが記憶に残ることになり、注意する効果がなくなってしまいます。「噛んだら痛いね」と気持ちを伝えるだけにしましょう。
1歳代は好奇心が強く、さまざまなことを吸収する力があります。くやしさから自分の手の甲を噛むだけのエネルギーがあるのですから、きっと思い切り体を使って遊びたいお子さんなのでしょう。くやしさの気分転換には、「走りっこしよう」とか「グルグルしよう」となどと誘って、体を使って遊びながら気持ちを他に向けてあげるのが効果的です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る