排便時に泣くのは肛門が痛いせい?

排便時に泣くのは肛門が痛いせい?

9ヶ月の子が最近、昼間に突然泣くようになりました。初めはお腹が痛いのかと思っていましたが、うんちをするときに涙を流して泣いていることに気づきました。うんちが出てしまうと、ケロッとしています。
1日に離乳食は2回で、母乳は4~5回です。お茶を1日200ml以上飲んでいます。普段は1日1~3回排便があり、豆腐くらいの硬さです。この硬さでも、赤ちゃんにとっては肛門が痛くなるのでしょうか? それとも他に原因があるのでしょうか?

専門家の回答

排便の間隔が1日1~3回で、豆腐くらいの硬さであれば、肛門が痛くなるほどの硬さとは考えにくいです。念のため、肛門が切れていないか、便に出血がないかを確認してください。
一般的には、排便時に腸管の動きが高まり、しぶるような感じになるために泣いていると考えられます。そのようなときには、お腹をさすって排便を待ってあげましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る