離乳食が1回食のペースト状から進みません

離乳食が1回食のペースト状から進みません

11カ月のわが子の身長は67cm、体重は6.7kgくらいしかなく、成長曲線を下回っています。離乳食も進まず、いまだにペースト状態のものをあげていますが、うまく飲み込むことができないようです。
離乳食はこの先も、ペースト状の1回食で進めていった方がいいのでしょうか? ミルクは大好きでしっかり飲んでくれます。

専門家の回答

お子さんが、早産児ではないこと、生まれた時に仮死などでNICUに入院した経験がないことを前提に回答します。
これまでの乳児健診で、運動発達などに遅れを指摘されたり、経過観察になったりしたことはありませんか? 正常産で順調な発育・発達の赤ちゃんの場合、11カ月の離乳食は3回食で、歯ぐきでつぶせるくらいの固さです。
気になるのは、「うまく飲み込むことができないよう」だという点です。咀嚼して嚥下する(噛んで飲み込む)という一連の動きが、スムーズにできていない可能性があります。一度お近くの小児科を受診して診察を受け、必要に応じて専門機関を紹介していただいた方がよろしいかと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る