便秘が続くのは、離乳食の開始時期が早いせいですか?

便秘が続くのは、離乳食の開始時期が早いせいですか?

小児科の先生から離乳食を始めるようにと指導され、5ヶ月と20日で離乳食を始めました。10倍がゆをすりつぶして、小さじ1杯分あげています。食欲旺盛とまではいきませんが、最後まで食べます。
しかし、初日から3日間便秘が続いています。便秘が続いているのは、まだ離乳食を始める時期が早く、消化ができていないからなのでしょうか? まだ首もすわっていませんが、カウプ指数は15で、体重ギリギリ標準曲線内でした。

専門家の回答

離乳食の適切な開始時期は、生後5~6ヶ月です。したがって、5ヶ月20日でのスタートは、ちょうどいいタイミングだと思います。
離乳食を開始すると、哺乳量の減少などが影響するせいか、一時的に排便間隔が空くことが多いです。しばらくすると、きちんとした排便リズムが戻りますので、離乳食を中断せず、様子を見てください。排便がなくなると共に食欲の低下が見られたり、機嫌が悪くなる場合は、便秘だと思われますので、お腹のマッサージや浣腸によって排便を促しましょう。
それよりも、5ヶ月過ぎてもまだ首が座っていないことの方が、少々気がかりです。そろそろ6ヶ月健診の時期ですので、ぜひその際に発達の状態をよく診ていただきましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る