足のいちご状血管腫の治療は早い方がいいですか?

足のいちご状血管腫の治療は早い方がいいですか?

5ヶ月の娘の左足膝下に「いちご状血管腫」があります。先日、股関節の診察で整形外科を受診した際に、血管腫によっては成長の過程で足の長さが違ってくる場合があると、担当医の先生から伺いました。
足の長さが違ってきた場合、治療法はありますか? たとえば、早めにレーザーで除去すれば、未然に防ぐことも可能なのでしょうか? 今までの健診では特に何も言われていなかったので、急に不安になってしまいました。

専門家の回答

血液には酸素や栄養を運ぶ役目がありますが、血流が豊富な場合、血管腫の組織が肥大してくることがあります。ただし、通常のいちご状血管腫であれば、自然に消褪してくるため、心配はいらないと思います。
血管腫のサイズが大きかったり、できている場所によっては早期のレーザー治療が勧められることがあります。これまでの健診で特に指摘されていなければ、心配はいらないと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る