斜視の場合の注意ポイントは

斜視の場合の注意ポイントは

 もうすぐ5ヶ月になる子どもの件で質問します。4ヶ月のとき、医師より「斜視かもしれない」といわれました。斜視である場合、何か注意することはありますか?

専門家の回答

 (1)眩しがることが多い、(2)物を見るときに正面から見ず、顔の向きを少し変えて見る、(3)片方の目を隠すと嫌がる(これは物を見づらいためです)、という3つの点に心当たりがあれば、斜視の可能性があります。このような場合には、まず子どもの目の治療にくわしい眼科を選んで受診することが大切です。
 診断は、屈折や眼底の検査によって明らかになると思います。また、今後の診断において、正面から撮った顔の写真が経過をみる意味で役立つこともありますので、赤ちゃんの写真を撮る際には、正面からも1枚撮っておいてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る