避妊手術とはどのような手術ですか?

避妊手術とはどのような手術ですか?

今回で最後の出産にし、出産後に避妊手術をする予定です。手術では下腹部を数cm切り、管を結ぶと聞いたことがあります。手術の内容と術後の痛みや入院期間はどのくらいなのでしょうか?

専門家の回答

産後の避妊手術は、出産直後に子宮が小さく収縮する前に施行します。臍部直下か下腹部に小切開を加え、子宮を左右に動かしながら、左右の卵管にループをつくってその根元を緊縛します。そのときに卵管を切断する方法もあります。術後の痛みはさほどではなく、入院期間は、通常の産後の入院期間から1~2日延長する程度です。
ただし、術後に卵管を再通過させるのは困難です。したがって、今後絶対に妊娠を望まないことを決断した上で受けるようにしてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る