子宮頸管長がやや短い場合、抱っこは控えるべきですか?

子宮頸管長がやや短い場合、抱っこは控えるべきですか?

妊娠18週の経産婦です。妊婦健診で、子宮頸管長は31mmだと言われました。特に安静などの指示はされなかったのですが、この週数でこの頸管長だとやや短いのではないかと不安です。
上の子の抱っこなどは、控えるべきでしょうか? その他、日常生活で注意することがあれば、教えていただきたいです。

専門家の回答

妊娠18週なら、子宮頸管長は37~40mm前後が平均的です。25mm以下に短縮している場合は要注意ですが、30mm以上あれば心配はないでしょう。
中腰での抱っこ、抱っこしたままの長時間の立ちっぱなしや歩行は、おなかが張りやすくなるので、気を付けましょう。おなかの張りや腰の重さを感じたら、すぐに横になるようにしましょう。無理をしないことが大切です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る