妊娠中の「無理をしない行動」の目安とは?

妊娠中の「無理をしない行動」の目安とは?

2人目を妊娠中で、現在妊娠20週です。1人目の妊娠では、妊娠33週で子宮口が3cm開き、妊娠37週まで安静にしていました。今回の妊娠では、「子宮口が柔らかく早産になりやすいから、無理をしないように」と言われています。
「安静に」ということであれば、「なるべく横になり、あまり動かない」ということだと理解できるのですが、「無理をしない」とは、どの程度の行動を指すのでしょうか? なるべく重い物は持たないようにしていますが、日常では、布団の上げ下ろしや風呂掃除、布団干しなどもしなければなりません。「無理をしない」という範囲なら、こうした行動をしても大丈夫なのでしょうか?

専門家の回答

1人目の妊娠中に早産傾向が見られた場合には、2人目の妊娠でも子宮口が開きやすく、早産しやすい傾向にあると考えておいた方がいいでしょう。
この場合にいわれる「無理をしない」とは、階段の昇降、歩きすぎや立ちっぱなしの体勢を控えること。また、疲労やお腹の張りを感じたとき、お腹や腰が重く感じるときには、すぐに横になることで楽になれる程度の動きにしておきましょう、ということです。
ただし、布団の上げ下ろしや布団干しは、早産傾向のない妊婦さんでも、お腹に負担がかかるので控えるべき動作です。お風呂掃除では下腹部に力が入ったり、圧迫されるような動作は避けましょう。また、足元がすべりやすいので、気をつけながら行ってください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る