現在流行の兆しのあるリンゴ病について

現在流行の兆しのあるリンゴ病について

現在妊娠中です。(20週)メディアで、リンゴ病が再流行の傾向があると知り、不安になりました。
血液検査で、抗体がないこともわかっています。幼稚園に通う子どもがいるので、幼稚園でもらって来て、私にも移ったら、どうしようと不安に思っています。
妊婦が、リンゴ病に罹った時の治療法と、胎児への影響を詳しく知りたいです。ネットなどで調べても、いろいろな情報があって、混乱します。よろしくお願いします。

専門家の回答

リンゴ病はお母さんが感染をしてから10%ぐらいの確率で胎児に感染をします。しかし、それは妊娠30週以前で30週以降は血液が骨髄で作られるため特に影響はないと考えられています。もし胎児が感染を疑われたら羊水穿刺や胎児の詳しい超音波をすることになるでしょう。また、感染が確実となった場合、臍帯から輸血をしますがこれはかなり危険な治療で赤ちゃんが死に至ることもあります。お母さんに対してはガンマグロブリンという抗体がたくさん入っているものを点滴します。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る