カフェインを摂りすぎて胎児への影響が心配です

カフェインを摂りすぎて胎児への影響が心配です

妊娠22週の初妊婦です。普段は控えていたのですが、本日の送別会で、チョコレート2袋、紅茶4杯、緑茶2杯を摂取してしまいました。カフェインを摂り過ぎたことで、胎児への影響がないかと心配です。口に入れてしまったものを今さら吐き出すことはできませんが、悪影響が生じさせないためにできることはありますか?

専門家の回答

妊娠中は、カフェインの代謝が低下するために母体内に残る時間が長くなりますし、カフェインは胎盤を容易に通過してしまいます。したがって、カフェインを摂取しすぎると、胎児奇形、流産、胎児発育異常、切迫早産などが発生することが示唆されています。
1日のカフェイン摂取量が200mg以内であれば、問題はないとされています。一般的にコーヒーなら1日2杯程度、紅茶・緑茶では4~5杯程度の量に相当します。したがって、ご質問の方も妊娠に重大な影響がある量とは言えないと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る