子宮頸管長3cm未満の場合の日常生活の注意点は?

子宮頸管長3cm未満の場合の日常生活の注意点は?

妊娠24週の経産婦です。先日の健診で、「子宮頸管の長さが3㎝を切っているので、あまり動きすぎないように」と言われました。ネットで調べたところ、病院によってさまざまですが、「2㎝を切ると入院」の文字が目立ちました。
普段の生活では、どのようなことに気をつけたらよいですか? 安定期でもあり、体重が増えないように適度に体を動かすことも必要な時期かと思いますが、私の症状では、歩き回ったりすることは控えた方がよいのでしょうか?

専門家の回答

妊娠24週の子宮頸管長は、一般的には4cmくらいです。3cm以下は要注意で、2.5cm以下なら切迫早産と考えます。この状態では、原則的には「安静」になります。
歩き回ったりすると子宮が収縮し、早産に拍車をかけます。家事は必要最小限にして、なるべく横になるようにしましょう。遠出や散歩などは控えしょう。体重増加が気になるようでしたら、食事内容を工夫しましょう。
症状が改善すれば、徐々に日常生活に戻していくことができます。お腹の張りの頻度が増えたり、強くなったりしたら、早めに受診をしてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る