ジュース・果物はとりすぎてはいけないの?

ジュース・果物はとりすぎてはいけないの?

妊娠7ヶ月です。妊娠初期からジュース・果物をかなりの量とっています。毎日、ジュースは1.5リットル、お茶か水を1リットル程度。果物はグレープフルーツなら1.5個くらいとっています。今までは体重増加もあまりなく、気にしていなかったのですが、この1ヶ月で3kg太り、体重管理で悩んでいます。
同じ時期の妊婦さんよりもお腹も大きいのですが、体重増加やお腹の大きさは、ジュースや果物のとりすぎが関係しているのでしょうか?

専門家の回答

妊娠から分娩前までの体重増加は、標準体重の人の場合7~10kg以内を目安とします。体重の増加量は、1週間で500g以上太るとむくみなどの症状が出やすいので、1週間で200~300g増に抑えることが大事です。
太りすぎは、妊娠中や分娩時のトラブルのもとになるので、気をつけましょう。ジュースや果物には、砂糖や果糖がたくさん含まれており、意外にカロリーが高いものです。特にジュースは控えた方がいいでしょう。
また、妊娠後半期になると体に水分がたまりやすく、水分のとりすぎがむくみにつながりやすくなります。水分は、のどが渇かない程度に摂取しましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る