鼠径ヘルニアの妊婦の過ごし方

鼠径ヘルニアの妊婦の過ごし方

妊娠8ヶ月の経産婦(第2子)です。1人目(長男)の陣痛のときも腸が痛み、妊娠中も痛くないよう右向きばかりで寝ていました。今回ははっきりと左側の足の付け根の上がぷっくりと腫れて、痛みもひどくなったので産婦人科を受診し、「鼠径ヘルニア」と診断されました。
また、一時激しい吐き気と熱(37.2度~37.8度)に襲われ、1日安静にすると平熱には戻ったのですが、胃の方は薬に頼っている感じです。
症状は良くなってきていますが、日常をどのように過ごしたらよいのでしょうか? たとえば、スイミングや一泊旅行は痛みがなければ行ってよいのでしょうか? 普段はどの程度動いていいのでしょうか?また、あるインターネットサイトで「痛くなってからの処置では危険」と書いてあったので、手術できない今、とても不安です。また、産後手術するとしたら、いつごろからできるのでしょうか?

専門家の回答

鼠径ヘルニアは、妊娠中に出現することがあります。妊娠によって組織にゆるみが生じたところに、大きくなった子宮が腸を圧迫し、そのすき間から腸が出てしまうものです。いわゆる「脱腸」です。
腸がすき間から出たり入ったりしているうちはまだいいのですが、出っ放しだったり、出た部分がねじれるとかなりの痛みを伴います。めったにありませんが、緊急手術となることもあります。
腸がすき間から出ないように、上から押さえ付けるようにしておけばいいでしょう。たとえば、コルセットの中にガーゼハンカチを丸めて入れて、その部分を圧迫しておくのも一つの方法です。
産後は、たいてい自然に治ります。妊娠中の注意事項としては、太り過ぎないように気を付けることです。その他、日常生活上で制限しなければならない点は特にありません。 また、ご質問のなかにあった吐き気と熱は、鼠径ヘルニアが原因かどうかはわかりません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る