卵管結紮をおこなう場合、術後の影響が気になっています

卵管結紮をおこなう場合、術後の影響が気になっています

4人目の出産を控えています。過去3回、帝王切開をおこない、4回目も帝王切開の予定です。卵管結紮(らんかんけっさつ)をおこなうかどうか、医師に意思確認をされたのですが、卵管結紮がどういうものかよくわかりません。
卵管結紮をおこなった場合、術後の経過、産後再開するホルモンや月経の変化はどうなるのでしょうか? また、産後の性交の可否、性交の再開が可能な時期なども気になっています。

専門家の回答

頻回に帝王切開をおこなった場合、次回の妊娠時に子宮破裂の確率が高くなったり、術後に癒着するリスクが生じたりします。そのため、その後の妊娠への希望がなければ、母体の健康を考えて、卵管結紮手術をすすめられることがあります。
卵管結紮には、卵管を結ぶ、切断するなどいくつかの方法がありますが、術後にまれに糸がほどけたり、何らかの理由で卵管が再開通したりすることがあります。手術は帝王切開と同時におこなわれますので、体への負担はほとんどないと思います。術後・産後の経過は、これまでの産後と同じです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る