胎児の胃が大きい場合、出生後に注意すべき点は?

胎児の胃が大きい場合、出生後に注意すべき点は?

妊娠37週です。超音波検査で、胎児の腎臓に嚢胞がある可能性を指定されました。大学病院で検査したところ、腎臓に問題はないものの、胃が大きく、動きが鈍いことがわかりました。そのまま、大学病院で出産することになりました。出生後に検査しないとわからないようですが、胃が大きい赤ちゃんには、どのような病気や症状が考えられるのでしょうか? また、手術は必要になるのでしょうか?

専門家の回答

胎児の十二指腸上部に閉鎖があると、その上にある胃が大きくなるため、超音波検査で胃胞像が見られます。羊水過多や胎内発育不全を伴うことも多く、妊娠末期に胎児の状態が急変することもあります。胎動に変化がないか、よく確認しながら過ごしましょう。出生後、十二指腸上部に閉鎖が確認できた場合、早い時期に十二指腸吻合手術がおこなわれます。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る