妊娠初期の朝晩のウォーキングはやりすぎですか?

妊娠初期の朝晩のウォーキングはやりすぎですか?

妊娠7週です。妊娠前から運動をしていたのですが、妊娠が分かった後も、朝と夕方のウォーキングを続けています。スピードをあまり出さずに歩いているのですが、時間は朝1時間半、夕方は50分ほどです。しんどくはないのですが、毎朝毎晩続けるのはやり過ぎでしょうか?

専門家の回答

よほど強度の強い運動でなければ、流産につながることはまずないと思われます。しかし、妊娠初期の運動は、控えめにした方がよいと思います。激しい運動をおこなうと子宮胎盤血流量が減少し、胎児が低酸素状態となり、胎児心拍に異常が生じることがあります。母体心拍数が速くなるほど、胎児心拍数異常の出現率が高くなります。母体の心拍数が1分につき140~150回を越えない程度の運動であれば、母体にも胎児も安全であるとされています。
自覚的な運動強度は「ややきつい」とまでは感じない程度、そして、運動時間は「やや楽」に感じる程度です。運動の目安は週2~3回、1回の運動時間が60分以内であるとよいとされています。ただし、体調に注意し、そのときの自分の状態に応じて無理をしないことが大切です。
また、妊娠中・後期には、運動をしすぎることによって子宮の収縮と子宮血流量の減少が生じ、母体と胎児に悪影響を与えることがあるので、注意しましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る