ベビーカレンダー

9/26 Sun

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

α-リノレン酸、EPA、DHA

脂肪は赤ちゃんの形成に大切な成分です。マーガリン、及びマーガリンを含む食品はできるだけ避け、質の良い脂肪酸を選びましょう。質の良い脂肪酸は体内で合成できない(しにくい)ので、食品からの摂取が必要です。
妊娠0〜4カ月 妊娠5〜7カ月 妊娠8カ月〜

魚介類

まぐろ 水銀が含まれていることがありますが、毎日食べ続けるなどしなければ問題ありません。
さんま 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
さば 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
さけ ビタミンDも多く含みます。新鮮なうちに食べましょう。
あゆ 骨が柔らかいので丸ごと食べられます。血液をサラサラにし、生活習慣病予防に効果があるオメガ3脂肪酸は魚の中でもトップクラスの含有量です。
ぶり 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
にしん ビタミンDも多く含みます。新鮮なうちに食べましょう。
いわしのめざし 新鮮なうちに食べましょう。
たちうお 新鮮なうちに食べましょう。
さわら 新鮮なうちに食べましょう。
うなぎ ビタミンAも多く含まれるため、妊娠初期の過食は赤ちゃんに影響がある可能性もあります。1日40g〜50gまでに。
いわし 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
かつお 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
かます 新鮮なうちに食べましょう。
あじ 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
さば 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
いさき ビタミンDも多く含みます。新鮮なうちに食べましょう。
はまち 新鮮なうちに食べましょう。
ほっけ 新鮮なうちに食べましょう。
タイ 新鮮なうちに食べましょう。

油脂類

あまに油 酸化しやすいので早めに使用しましょう。
えごま油 酸化しやすいので早めに使用しましょう。