腹筋だけじゃダメ? 美しいウエストのくびれを作るために必要なコト

2019/05/21 14:30
11
この記事では、ダイエットインストラクターのマスダトモミさんがおうちで手軽にできる「美しいウエストのくびれを作る方法」を紹介してくれています。産後太りがなかなか戻らずお悩みの方は必見!ぜひ参考にしてみてくださいね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
産後の悩み
産後ダイエット

 

産後太りが戻らず、ぷよぷよのおなかをどうにかしたい! と思いつつもジムへ通う時間もなく、おうちで腹筋を頑張ってみたもののウエストは細くならない……とお嘆きの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今日は、おうちでできる「美しいウエストのくびれを作る方法」をお伝えします。

 

腹筋だけじゃくびれはできない

 

美しいくびれは、筋トレで腹筋を鍛えるだけでは作れません。

筋トレで腹筋を鍛えると、「腹筋が6つに割れた」と表現される6パックの部分の筋肉である腹直筋や周辺の筋肉が鍛えられます。

 

くびれを作るためには腹直筋だけでなく、腹斜筋と言われる両サイドの筋肉も動かす必要があるのです。

 

では、腹斜筋を鍛えるためにどんな動作をしているかというと……。

 

立った状態でひねる

 

足と足の間は肩幅くらい。上体だけ後ろを見るようにひねります。
※左右10回から15回ほど。


はっぱ隊のyatta! の歌の動き

 

カニのようなイメージ。

足を上げ、肘にタッチしに行きましょう。
肘を膝につけるのではなく、膝を上げて肘につけにいきます。
※20回〜30回ほど。

 

肘で膝タッチ

 

右膝を左肘にタッチ!!
このときも足のほうを上げるよう意識してみましょう。
※30回ほど。

 

回数はあくまで目安として考え、あまりガチガチに決めていません。

回数が少なめなときは一つひとつの動作がゆっくり、回数が多いときは動作が速いです。日によって緩急をつけることも大事ではないかと思っています。

 


著者:マスダトモミ

静岡在住2児のママ、ヒールウォーキングインストラクター、一般社団法人日本靴育協会シューズアドバイザー、日本ダイエット健康協会ダイエットインストラクターとして活動中。

 

※妊娠中は腹筋運動を控えましょう。産後は1カ月健診以降、医師に相談して無理のない範囲でおこないましょう。

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。