男の目線と父親の目線の違いとは【奥さんと子どもに好かれたい23 】

2019/09/20 17:00
16
とにかく奥さんと子どもに好かれたいと日々頑張るパパイラストレーターによる、妊娠判明から育児に奮闘する様子を描いた連載マンガ。今回は、男の目線と父親の目線の違いについて。父親になったことで目線が変わったことに驚いたそうです。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
YUDAI9℃

パパイラストレーターのYUDAI9℃(ユウダイクド)と申します。今回は、子どもが生まれたことで目線が変わったことについてのエピソードをお届けします。


運転中の信号待ち、街ゆく人々をつい目で追いかけてしまいます。


僕の場合、子どもが生まれる前の目線と生まれた後では、街の様子がこんなに変わってしまいました。

 

YUDAI9℃23-1

YUDAI9℃23-2

YUDAI9℃23-3

YUDAI9℃23-4

YUDAI9℃23-5

 

子どもが生まれる前までは、横断歩道をよちよち歩く姿や信号が変わるギリギリのタイミングで走ってくる小学生などは、危なっかしくてストレスの対象でしかありませんでした。


それが子どもが生まれたあとはどうでしょう! 「あれは息子と同じぐらいの年かな?」「ちょっと前まで息子もあんな感じだったな」「小学生になったらあんな感じなのかな」と親目線で子どもたちを見られるようになり、運転の安全性も格段にアップ!


親になったら今話題の「あおり運転」なんてまず考えられませんね! これも親になってよかったことの1つだと感じています。

 

著者

イラストレーター YUDAI9℃


2017年6月4日生まれの男の子を子育て中のパパイラストレーター。
奥さんと子どもにどうにかして好かれたい一心で、毎日生きている。
普段はこぶたのキャラクター「ポトフスキー」を描いている。
Twitter:@yudai9c 

Instagram:@jyo_taro_san

 

※YUDAI9℃さんのマンガ記事は、4/11(木)から公開予定!



この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。