1歳になっても沐浴を続行してみた結果…メリットたくさんでお風呂の負担が減った♪【体験談】

1カ月健診までは沐浴だけど、その後はどうやって赤ちゃんをお風呂に入れるのか悩む人もいるのではないでしょうか。わが家では生後1カ月後も沐浴で、1歳になった今でもそのままのスタイルで入浴しています。そんなわが家の「沐浴スタイル」のメリットについてお伝えします。

沐浴している赤ちゃんのイメージ

 

続きを読む

入浴時の負担が一気に減る!

わが家の場合、夜は夫がいないことが多いため、私ひとりで赤ちゃんをお風呂に入れなければなりません。一緒にお風呂に入るとなると、自分は濡れたまま赤ちゃんを拭いたり、脱衣所で赤ちゃんを待たせながら自分の体を洗ったりと、本当にバタバタ……。お風呂の時間が大きな負担になってしまいます。

 

一方、沐浴スタイルだと、赤ちゃんと親はそれぞれ別の時間にお風呂に入ることになります。沐浴のときは赤ちゃんの体を洗うことに専念でき、夫がいるときは夫に任せてその間に別のことができるというのも魅力です。

 

親もゆっくりお風呂に入れる!

赤ちゃんのお風呂を沐浴で済ませてしまえば、あとは自分が良きタイミングでお風呂に入るだけ。急いで洗う必要がないため、ゆっくりとお風呂に入りたい私にとって、このメリットはとても大きいです。

 

私の場合、赤ちゃんを寝かしつけてから、ひとりでゆっくりお風呂に入る時間が至福のとき。心身の疲れがとれ、ストレス解消にもつながっている気がします。

 

プラスチック製の大きなベビーバスを使用

プラスチック製の大きなベビーバスはコンパクトに収納できず場所を取るというデメリットはあるものの、赤ちゃんが大きくなっても使えるので便利。ちょうど1歳になったばかりのわが子も、新生児のころから使っているベビーバスで今も入浴しています。子どもの胸あたりまでお湯が張れるため、冬でも愛用しています。

 

また、おすわりができるようになってからは、自分でベビーバスに座ってくれるため、体も洗いやすいように思います。

 

 

「赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのが不安」という方は、わが家のように、大きめのベビーバスを使って沐浴スタイルで入浴を続けるのも1つの手だと思います。わが子はひとりで湯船を満喫し、バシャバシャと遊びながら楽しんでいますよ!

 

監修/助産師REIKO


著者:山野楓

9カ月の男児の母。2018年4月に仕事復帰したばかりで育児との両立に悪戦苦闘中。不妊治療や妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      赤ちゃんを一人にしたまま、お風呂でゆっくり出来ないよ
    • 通報
      うちは湿疹がすごくてかかりつけ医にベビーバスだとせっけんが落ちきらなくて湿疹が悪化するからシャワーで流すように言われました。沐浴出来たら楽なんですけど・・・
    • 通報
      うちもです!一人で入れるの大変で。 8ヶ月くらいからベビーバスで立つようになって中々うまく入れられなくなったので、まずシャワーで立たせて洗う→バンボに座らせて手や足、髪の毛洗う→洗濯物とか入れるプラス… もっと見る
      うちもです!一人で入れるの大変で。
      8ヶ月くらいからベビーバスで立つようになって中々うまく入れられなくなったので、まずシャワーで立たせて洗う→バンボに座らせて手や足、髪の毛洗う→洗濯物とか入れるプラスチックのランドリーボックスにお湯を溜めながら最後にそこにチャポンです。
      ベビーバスより狭いので変に動かず
      、水を楽しんでいます。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP