ママネタ 妊娠 妊娠の悩み 体験談 入院準備 2人目・3人目 出産

双子妊娠で大変だった長期の入院生活… 入院の流れ&準備しておいてよかった物

8

双子妊娠で大変だった長期の入院生活… 入院の流れ&準備しておいてよかった物

 

双子を妊娠中に一番大変だったことは入院生活です。私の場合、2カ月間の入院でしたが、入院前は想像がつかない生活を不安に思いながら過ごしていました。入院生活であって便利だった物、自分が入院したときの流れや体験談をお話しします。

 

続きを読む

いつやってくるかわからない入院生活

双子を妊娠して、初期から主治医に計画入院の話をずっとされていたため、心づもりはありました。毎回の妊婦健診でいつ入院になるかもわからず、不安な日々を過ごす毎日。

 

私の計画入院は妊娠30週からの予定でしたが、妊娠28週の妊婦健診でおこなったNST(ノンストレステスト)の結果が悪く、1時間で6回ほどのおなかの張りがありました。この張りの回数は陣痛につながり早産してしまうとの説明があり、2週間前倒しで入院しました。

 

上の子の預け先を段取りしておく

保育園入園前の子どもがいたので、前もって市内で預かり保育ができる園を探しておきました。入院の数カ月前には、保育園に事情を話して週に何日か預かり保育を利用。そのおかげで、入院が決まったときに子どもをどうするかという心配はありませんでした。

 

入院前から預かり保育をさせていたので、初登園からの慣れない期間は近くで見守ることができ、子どもが戸惑うことも少なかったと感じています。また、夫婦の各実家が自宅、病院から近く、大体の入院時期と入院したらどうするかを事前に打ち合わせし、スムーズに入院生活に入ることができました。

 

入院生活で一番大変だったこと

2カ月間の入院生活で一番大変だったことは満足にお風呂に入れないことです。私は入院当初、安静とおなかの張りを抑える薬の内服治療だったため、数週間の間は毎日決められた時間にシャワーを浴びることができました。しかし、妊娠週数が進み、飲み薬だけではおなかの張りが抑えられなくなると点滴に切り替わることに。

 

点滴に移行すると、シャワーに行けなくなります。週に1回程度、点滴の針の差し替えのタイミングで行けることがありますが、1週間シャワーに入れないことが私は苦痛で仕方なく、大変だと感じました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。