男の子のアソコが風船のように膨らんだ!?皮をむいてあげるべきだった?

2020/07/05 17:55
11
男の子の性器トラブルに関するママの体験談を紹介しています。ママにとって、性別が違う男の子の性器に関する問題はわからないことだらけ。パパや医療機関に頼りながら、何とか乗り越えたママのお話です。

トイレ

 

長男が1歳になる前に、おしっこをするときに性器が風船のように膨らんでいることに気がつきました。そして長男もおしっこが出るときに痛そうにすることがありました。私が遭遇した、男の子の性器に関するトラブルを紹介します。

 

まるで風船!? 長男の性器トラブル

トイレの男の子

 

ある日、生後10カ月の長男とお風呂に入っていると、長男が洗い場にいるときにおしっこをしました。いつもはおむつの中でしているので排尿時に性器を見たことはありませんでしたが、初めて見た長男の性器は風船のように膨らんでから排尿していたのです。


「えっ! 男の子はこんなふうになるものなの?」。自分と違う性別の長男。私には未知の世界だったので、真っ先に夫へ相談しました。すると夫が「それはおかしいよ。普通はそうならないし。病院に連れて行ったほうがいいんじゃない?」と言ったのです。最初は泌尿器科に行くべきかとも思いましたが、まずは行きつけの小児科で診てもらい、対応しきれないと言われた場合は専門のところへ行こうということになりました。

 

男の子はむいてあげるべきだった?

小児科に連れて行き「おしっこがでるときに性器が風船のように膨らむんです」と先生に訴えると、先生は長男をベッドに寝かせ、性器が見えるくらいまでおむつをずらしました。先生は長男の性器の皮の部分を持ち、ずりおろそうとしましたが、当時はまったくむけていなかった長男。「う〜ん、爪楊枝の先くらいしかむけてないから、おしっこが出にくいんだね」と言われました。


先生からは特に病名は伝えられませんでしたが、1日2回、リンデロンというお薬を性器に塗るように、そしておむつ替えのたびに“むきむき体操”をするように言われました。むきむき体操とは、男の赤ちゃんの性器の皮を根元側に軽く引っ張ってむき、性器を清潔に保つ体操のことです。


先生のお話では、子どもの皮膚は大人に比べて柔らかいから、性器をむいてあげるのは早いほうが良いということでした。男の子の性器は、母親がむいてあげたほうが良いと聞いたことがありましたが、自然に任せるほうが良いのではと考え、長男の性器トラブルになかなか気づいてあげられなかったことを反省しました。


長男とむきむき体操

最初はほとんどむけていない長男の性器。ほんの少しずりおろすのも不可能な状態でした。むきむき体操をし、薬を塗ると、1日〜2日で長男の性器は少しだけむけるようになったのです。その後も続けていくと、毎日少しずつむけていくようになる長男の性器。


正直、むきむきするのは痛そうなので、ちゅうちょしてしまう気持ちもありました。しかし、わが子の場合はむけていないことが性器トラブルの原因になってしまったため、母親である私が頑張ってやらないと、大人になって苦しむのは長男だ!と自分に言い聞かせ、毎日頑張ったのです。

 

むきむき体操を続けた結果

すると、1週間後には尿道がしっかりと見えるくらいにむけてきました。そのまま続けていくと、2カ月後くらいにはだいぶむけるようになりました。しかし、慣れてきたころに油断をし、むきむき体操をさぼってしまったり、お薬を塗らない日々が続くと、またむけにくくなってしまう長男の性器。


お薬とむきむき体操をなんとか続けた結果、半年後には完全にむけるようになりました。初めて完全にむけた性器には、たっぷりと汚れが付着していたのです。むけないと、こんなにも汚れがたまっているものなのかと衝撃を受けました。

 

 

お薬とむきむき体操のおかげで、現在3歳になる長男の性器は完全にむけた状態です。男児の性器をむく・むかないというのは、専門家によっても意見が割れるそうです。今の時期にむけていることが必要というわけではないと思いますが、わが家の長男の場合、排尿時の問題もあったのでむけてよかったと思っています。

 

 ※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 


著者:平田ひかり

6歳と3歳と1歳の子どもを持つ母。地元を離れての子育てに奮闘中。教員免許を取得しており、子どもとの関わり方や教育に関心がある。主に子育て体験談を執筆中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード