「離婚してシングルマザーに」毎日泣いていた私が子どものために決意したことは…

離婚してシングルマザーになったママの体験談です。つらくて泣いてばかりの日々を送っていたママですが、明るく元気に生きることがお子さんのためになると気付いたようです。

私は息子が生後8カ月のとき、シングルマザーになりました。息子に父親がいなくなることがつらくて申し訳なくて、たくさん泣きました。どうやって生きていけばわからなくなりました。でも……!!

 

続きを読む

私が子どものために決意したことは…

シングルマザーになり毎日泣いていた私…子どものためにあることを決意!

 

シングルマザーになり毎日泣いていた私…子どものためにあることを決意!

 

息子の生後まもなくシングルマザーに

息子が生後8カ月のときに私はシングルマザーになりました。できる限りのことはしましたが、離婚は避けられませんでした。今となっては離婚を選んだことは、私にとっても息子にとっても良いことだったと胸を張って言うことができます。

 

しかし、シングルマザーになった当時は「息子に父親がいなくなる」という申し訳なさで、どうやって生きていけばいいのかわからなくなり、私は毎日泣いてばかりでした。

 

私が笑顔でいなくちゃ!!

毎日泣いていましたが、離婚した事実はもう変えようのないことで、ひとり親として息子を幸せにするために、たくさんの育児書を読みました。また、先輩シングルマザーに子育てについてたくさん相談しました。そこで得た結論が、「私がいつも笑顔でいることが何よりも一番息子のためになる」でした。

 

私が離婚したことを悔やんで悲しんで暗く生きることよりも、いつもニコニコ笑って明るく胸を張って生きることが、息子のためになることに気づいたのです。実際に今のところ、私がいつも笑顔でいることで息子も楽しそうに元気にすくすく育ってくれています。

 

息子と生きていく決意

息子は今2歳です。自分に父親がいないことにまだ気づいていません。離婚後一度も面会交流をしていませんし、これからもしないことになりそうです。ただ、遅かれ早かれ息子が自分に父親がいないことに気づくときがくると思います。

 

そのときがくるのが怖いという気持ちも私にはあります。息子も自分に父親がいないということが原因で悩むこともあると思います。息子が悩んだら、息子の気持ちを受け止めて、誠心誠意向き合いたいと思います。でも普段は明るく、元気よく。幸せそうに生きている母親の姿を息子に見せたいと思っています。

 

 

離婚というのは本当につらいことで、子どもへの影響があると思うとなおさら責任は重く、私はどうしても暗い気持ちになってしまいました。でも子どものためにもきちんと前を向いて明るく日々を過ごすことが大事だと気付くことができ、今は幸せに過ごすことができています。シングルマザーということでつらいことや嫌なこともありますが、胸を張って元気に生きていきたいと思います。

 

 

監修/助産師REIKO

作画/はたこ


著者:岩谷ともこ

2歳男児を持つシングルマザー。社会人をしながら博士号取得中。育児・離婚・資産運用について執筆中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    ママネタの新着記事

  • PICKUP