食・レシピ 妊娠食 食べていいものダメなもの

妊婦が牛乳を飲みすぎると赤ちゃんがアレルギーになる?管理栄養士が回答

1

牛乳を飲む妊婦さんのイメージ

 

妊娠中、おなかの赤ちゃんがアレルギーになることを心配して、牛乳を飲むことにためらいを感じてしまう人もいるようです。妊娠中に飲んだ牛乳が赤ちゃんのアレルギーに影響することはあるのでしょうか?

 

続きを読む

妊娠中、牛乳を飲んでも大丈夫?

妊娠中の牛乳の摂取と、赤ちゃんの牛乳に対するアレルギーの発症との関係性を示した明確なデータはありません。むしろ赤ちゃんへの影響を心配して、妊娠中にまったく牛乳を飲まないことで栄養のバランスが崩れることのほうが問題です。自己判断だけで、牛乳や乳製品を極端に制限することはやめましょう。

 

もしご主人やママ自身に何らかのアレルギーがあり、赤ちゃんへの影響が心配なときは早めに医師と相談しましょう。

 

カルシウム摂取のために1日1杯飲めばいい?

牛乳や乳製品に含まれているカルシウムは、体への吸収がいいので、妊娠中もしっかり摂りたいものです。しかし、妊娠中に必要なカルシウムを牛乳だけで補うことはできません。

 

たとえば小魚、大豆・大豆製品、青菜類とあわせた料理や、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれた食品と一緒に摂るようにしましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。