「おもちゃはいらない」で後悔!?上の子と下の子の違いで気づいたこと

2020/10/11 21:25
48

積み木で遊ぶ親子

 

私は現在、年少児クラスに通う4歳の長女と1歳の次女を持つ2児のママですが、当初「おもちゃはいらない」という考えを持っていました。しかし長女に対して今さらながら「赤ちゃんのころからもっとたくさんのおもちゃを買ってあげるべきだったな……」と後悔しています。私がそういった考えに至った理由についてをお話しします。

 

続きを読む

おもちゃはいらない考えになったきっかけ

私が「おもちゃはあまりいらないのでは」と考えさせられたきっかけは、友人宅に遊びに行った際、あふれかえった使い切れないおもちゃの山を見たときでした。

 

当時、やっとの思いで手にした新築一戸建てに住み始めたばかりで、「家をクリーンな状態にしたい」と考えており、また、断捨離にも興味があったので「できる限り物がない状態にして、必要最小限の暮らしがしたい」との考えもありました。

 

おもちゃが少ないことで感じ始めた支障

そういった自身の環境プラス、もともと自分にあった考えを実行すべく、長女にはおもちゃをほとんど与えていませんでした。しかし、その支障を感じ始めたのが、長女が1歳半健診のときに「積み木を3つ積み上げることができるか?」という課題をこなせなかったことです。

 

当時、自宅に積み木はなかったので、長女が積み木を積み上げられないことは自然なことだったと思います。保健師さんからは「積み木ができないのも、この月齢ではよくあること」とひと言あっただけで、特にフォロー健診などもありませんでした。

 

当時の私も、これは長女の性格的な問題で「集中力があまりないのかな?」程度にしか思っておらず、まさかおもちゃが足りないことでそのような結果につながっているとはあまり考えていませんでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 子どもにおもちゃがいらない、なんて考え方の人もいるんですね…驚きました。

    2020/10/14 13:54
 
 

人気記事ランキング

ママネタに関するキーワード

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)